ポレポレ英文読解プロセス50|英語


早慶レベルの構文解釈はこれ1冊やれば大丈夫。しかし英文が難しいため、偏差値60程度になっていること、基礎的な構文解釈はできること(つまり文法事項のアウトプットはだいたいできること)が条件で取り組んでほしい。これをやった生徒の評判は上々。「自分はポレポレのおかげで早慶の英文が読めるようになった」「ポレポレのおかげで難しい英文もかたまりで捉えて処理する力がつきました」などという声を聞く。自分自身も受験生の時にやりましたが、非常にいい参考書だなーと思う。武田塾でも生徒に薦めているし、それで慶應とか合格している。
ほぼ見開きで解説が完結するようになっており、難関大学で難しい英文でつまずくであろう部分が網羅され、なぜそのような捉え方をし、その訳になるのかそのプロセスも丁寧に書かれている。この本からうまい訳しかた、まとまりとしてとらえる力、無生物主語構文、抽象名詞構文などの知識を吸収すると英語がまた違って見えてくる。早慶レベルの英文に突入する前に読んでおくといい参考書。特に抽象名詞構文はよく大切だ大切だといわれるが、この本と永田先生の英語の神髄という参考書ぐらいでしかがっつり学べないんじゃないかと思う。抽象名詞構文、無生物主語構文がうまく捉えられるかは非常に大切なポイントなので、なにかしらで身に付けてほしいと思うこと。そういった点でも優れた参考書だと思う。
(余談ですが、訳を見て「こんなうまい訳にできないよ!!」って絶叫したくなる人もいるかもしれませんが、ちょっと詳しく英語を勉強すると、西先生がこのように訳したのはこういう理由があるからだなっていうことがよくわかる。受験生から「ここまで書けなければいけないですか?無理じゃないですか?」とよく聞かれるが、無理ではない。ちゃんと勉強するとその訳になる理由があることが理解できる。受験生にとっては次元の違う訳だと思い、無理だと思うことはやめて欲しいと思う。しかしここまでうまい訳が書けなくても十分合格点になるということは事実だと思う。)

教科
英語

出版社名
代々木ライブラリー

使い方
難関大向けの英文解釈の参考書。この内容が完璧になれば大抵の大学では困らない。

テスト方法
解いてきた例題の中からランダムで出題。直訳と構文をふれるかをテスト。

ポレポレ英文読解プロセス50
問題数 50文
1日の量 3文
1週間の量 12文
目標突破日数 35日