やさしくわかりやすい古典文法|古漢文

本参考書は古典文法の基礎知識から問題を扱っており、初学者でも古典文法の演習がしやすくなっている参考書である。見開きページ上段に、文法事項を端的にまとめてあるので覚えるポイントがわかりやすくなっている。下段には各項目に対応したチェック問題で問題演習が出来るようになっている。

本参考書はチェック問題の前にときかたが書いてあるのでそこで解答の方法を理解しながら暗記していき、数単元ごとにある確認テストでは自分で解答を導けるようになる必要がある。練習問題は基礎の問題ばかりなので、「望月の古典文法の実況中継」を併用し、何度も解き完璧に暗記することを目標としよう。

古典文法の問題集の中でも非常にやさしい参考書である。古文の入門として、本参考書を仕上げ、その後は問題演習も兼ねて「古文解釈はじめの一歩」や「古文上達 基礎編」に進んでほしい。この段階をもっと手厚くやりたい受験生は「ステップアップノート30 古典文法基礎ドリル」に変更してやっておくとよい。

教科
古漢文

出版社名
文英堂

使い方
こちらは文法の問題集になる。
講義用の参考書である「望月古典文法講義の実況中継」と併用しよう。
望月の実況中継の方が圧倒的に詳しいので、まずはこの教材の方を全問正解できるようにしよう。
この参考書は文法の問題集の中では非常に難易度が易しめなので最低限の基礎を押さえる教材だと考えよう。
この教材の後、古文の解釈をやった後に「古文上達基礎編」があり、
そちらでも文法問題の対策をするので、まずはこの教材で最低限の文法を押さえよう。
同時並行で単語や古文常識、助動詞、敬語の一覧表の暗記などもやっていくので、
それほど負担を掛けずに早めに終わらせるようにしよう。

テスト方法
解いてきた問題からランダムで出題し、解答の根拠を全て答える。答えられない場合は、仮に正解できていても不正解とする。

やさしくわかりやすい古典文法
問題数 32テーマ
1日の量 3テーマ
1週間の量 12テーマ
目標突破日数 28日

古文の参考書・勉強法→