9784578242772
【教科】生物

【出版社名】文英堂

【使い方】基礎知識の確認用の穴埋め形式の参考書。講義用の参考書を併用しながら、必要な知識を定着させていく。あまり解説が詳しい教材ではないので、基本的には用語を覚えること、解けるようになることを重視してください。※1編の1章は非常に量が多いので、2章分と考えてください。

【テスト方法】解いてきた問題からランダムで出題してください。

【段階】 後日、発表

【問題数】10章※

【1日の量】1章

【1週間の量】4章

【目標突破日数】15

【旧版のタイトル】生物IIの必修整理ノート

【旧版との比較】旧課程と新課程で区分が全く変わっている。全範囲をやってしまえば、旧課程とさほど変わるものではないが、基礎だけをやる場合などには注意が必要。

【購入は必要か】旧課程版であれば生物Ⅰ、生物Ⅱの両方、新課程であれば生物基礎、生物の両方をやるのであれば、買いなおす必要はない。片方だけやる場合には、範囲が全く違うので買いなおす必要あり。

生物の参考書・勉強法→

9784578242765
【教科】生物

【出版社名】文英堂

【使い方】 基礎知識の確認用の穴埋め形式の参考書。講義用の参考書を併用しながら、必要な知識を定着させていく。あまり解説が詳しい教材ではないので、基本的には用語を覚えること、解けるようになることを重視してください。

【テスト方法】解いてきた問題からランダムで出題してください。

【段階】 後日、発表

【問題数】6章

【1日の量】1章

【1週間の量】4章

【目標突破日数】9

【旧版のタイトル】生物Ⅰの必修整理ノート

【旧版との比較】旧課程と新課程で区分が全く変わっている。全範囲をやってしまえば、旧課程とさほど変わるものではないが、基礎だけをやる場合などには注意が必要。

【購入は必要か】旧課程版であれば生物Ⅰ、生物Ⅱの両方、新課程であれば生物基礎、生物の両方をやるのであれば、買いなおす必要はない。片方だけやる場合には、範囲が全く違うので買いなおす必要あり。

生物の参考書→

9784010340141
【教科】生物

【出版社名】旺文社

【使い方】 基礎問を一通り解き、できなかった問題の解説を読んで解き直しをする。全ての問題を記述で解けるようにする。わからないことがあれば講義用として使っている参考書を参考にする。ただ答えを覚えるだけの意味の無い学習にならないよう、「なぜそうなるのか」をしっかり理解する。

【テスト方法】“解いてきた問題からランダムで出題。
記述で解答できるようにしてください。”

【段階】 後日、発表

【問題数】98問

【1日の量】6問

【1週間の量】24問

【目標突破日数】26

【旧版のタイトル】生物Ⅰ・Ⅱ基礎問題精講 改訂版

【旧版との比較】章の分け方が変わっているので、問題の出る順番に大きな変更があるが、問題そのものは同じものが多い。解説は見やすくなっている。

【購入は必要か】新課程の人がやるのであれば、買いなおすのもありだが、旧課程の人は分野の分け方の違いがあるので、あえて買いなおす必要はない。

生物のおススメ参考書→

ツイッターで相談を受けました。
ブログでお返事していきます。

<相談>
こんばんは。遺伝の参考書でお勧めはなんですか?遺伝だけです!お返事お願いします。あと、よろしければ、フォローお願いします^^
追加:やり方からていねいに解説してある参考書がいいです^^ お願いします。

<お返事>
こんな参考書どうでしょう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大森徹の生物 遺伝問題の解法(旺文社)
◎ペース
STAGE0~3:1日1STAGE、週4STAGE
STAGE4~6、最終チェック問題:2日で1STAGE、週2STAGE

◎やり方
この参考書では、遺伝分野を基礎からやっていきます。
文章だけでは理解しにくい分野なので、練習問題を通して理解していきましょう。
クリアテストはかなり難易度が高いので、一度で解けなくても解答をしっかり読んで完璧に理解しておきましょう。

◎テスト方法
解いてきた範囲の練習・クリアテストから出題され、正解できるか確認してください。

・・・・・・・・・・・・・・・

是非、書店などで確認してみてくださいね。