青山学院大学|文系学部共通 世界史参考書・大学受験対策


【青山学院大学文系学部共通 基本】

■ 対策
■ 基本ルート
■ 法学部へ行きたい方
■ 経済学部へ行きたい方
■ 国際政治学部へ行きたい方
■ 総合文化政策学部へ行きたい方
■ 文学部へ行きたい方
■ 社会情報学部へ行きたい方
■ 経営学部へ行きたい方
■ 教育人間科学部へ行きたい方
■ 地球社会共生部へ行きたい方


 

青山学院大学|文系学部共通 世界史対策

coming soon…

青山学院大学|文系学部共通 世界史基本ルート

青山学院大学文系学部共通の世界史の基本ルートです。
こちらの参考書を完璧にすると、青山学院大学文系学部合格レベルに到達することができます!

 

問題集 青木裕司の トークで攻略 世界史B Vol.2
問題集 これならわかる! ナビゲーター 世界史B(1)~(4)
講義 青木裕司の トークで攻略 世界史B Vol.1
講義 青木裕司の トークで攻略 世界史B Vol.2
講義 これならわかる! ナビゲーター 世界史B(1)~(4)
講義 流れがわかる 各国別・地域別 世界史Bの整理
問題集 青木裕司の トークで攻略 世界史B Vol.1
問題集 マーク式 基礎問題集(31) 世界史B[正誤問題] 五訂版
問題集 ビジュアル世界史問題集
問題集 センター試験過去問世界史 本試
問題集 オンリーワン 世界史完成ゼミ 古代・中世・近代編
問題集 オンリーワン 世界史完成ゼミ 近現代・戦後編
年号 元祖世界史の年代暗記法
文化史 タテヨコ総整理 世界史×文化史 集中講義12 新装版
論述 判る!解ける!書ける! 世界史論述

青山学院大学|文系学部共通 世界史分野別ルート

青山学院大学文系学部共通の<世界史>の分野別ルートです。 基本ルートが終了したら、あなたの志望学部に対応する分野別参考書に取り組みましょう!

法学部へ行きたい方


法学部世界史の基本情報
試験時間60分 配点:100/350

大問の構成(2014年度参考)
筆記
大問3題

傾向
解答個数は40〜50個で推移しています。
出題内容は西洋史が2題、東洋史が1題となることが多いです。受験生が疎かにしがちな第二次世界大戦後の国際関係や経済をとう問題が頻出するため、何度は全体的に高めです。
ん記述式もあるため、書いて覚える作業も重視したいです。特に中国史では漢字を間違えたり忘れたりすることが致命傷になります。易しいと思う漢字でも疎かにせず練習しておくことが大切です。

経済学部へ行きたい方


経済学部世界史の基本情報
試験時間60分 配点:100/350

大問の構成(2014年度参考)
筆記
大問3題

傾向
解答個数は50個選択法と記述法が中心で、例年選択法が過半数を占めています。
出題内容は西洋史の比重が高くなっています。イギリス、フランス、ドイツ、ロシアといったヨーロッパ主要国が中心との出題となっているのが特徴です。
難易度は教科書レベルの標準問題がほとんどとなっているため、基本的な問題を落とさないことが最重要です。

国際政治経済学部へ行きたい方


国際政治学部世界史の基本情報
試験時間60分 配点:100/350

大問の構成(2014年度参考)
筆記
大問3題

傾向
解答個数は40〜50個で推移しています。
出題内容は西洋史が2題、東洋史が1題となることが多いです。受験生が疎かにしがちな第二次世界大戦後の国際関係や経済をとう問題が頻出するため、何度は全体的に高めです。
ん記述式もあるため、書いて覚える作業も重視したいです。特に中国史では漢字を間違えたり忘れたりすることが致命傷になります。易しいと思う漢字でも疎かにせず練習しておくことが大切です。

総合文化政策学部へ行きたい方


総合文化政策学部世界史の基本情報
試験時間60分 配点:100/350

大問の構成(2014年度参考)
筆記
大問3題

傾向
マークシート方式と、記述方式の併用で、選択問題が過半数を占めています。なお13,14年度は文学部2/14実施の入試と共通問題でした。
出題内容は西洋史が2題、東洋史が1題となることが多いです。西洋史は比較的狭い地域や国家が取り上げられるところに特徴があり、東洋史は中国と同時代の東南アジア史や仏教、儒教関係史、モンゴル時代の朝鮮や東南アジアなど幅広い地域の関係を問われることが多い。
難易度は教科書レベルの標準的な問題がほとんどであり、基本問題の取りこぼしが致命傷になります。
特に現代史では点差がつきやすいため、対策をしておきましょう。

文学部へ行きたい方


文学部世界史の基本情報
試験時間60分 配点:100/350

大問の構成(2014年度参考)
筆記
大問3題

傾向
マークシート方式と、記述方式の併用で、選択問題が過半数を占めています。なお13,14年度は総合文化政策学部の入試と共通問題でした。
出題内容は西洋史が2題、東洋史が1題となることが多いです。西洋史は比較的狭い地域や国家が取り上げられるところに特徴があり、東洋史は中国と同時代の東南アジア史や仏教、儒教関係史、モンゴル時代の朝鮮や東南アジアなど幅広い地域の関係を問われることが多い。
難易度は教科書レベルの標準的な問題がほとんどであり、基本問題の取りこぼしが致命傷になります。
特に現代史では点差がつきやすいため、対策をしておきましょう。

社会情報学部へ行きたい方


社会情報学部世界史の基本情報
試験時間60分 配点:100/350

大問の構成(2014年度参考)
筆記
大問3題

傾向
マークシート方式と、記述方式の併用で、選択問題が過半数を占めています。なお13,14年度は文学部2/14実施の入試と共通問題でした。
出題内容は西洋史が2題、東洋史が1題となることが多いです。西洋史は比較的狭い地域や国家が取り上げられるところに特徴があり、東洋史は中国と同時代の東南アジア史や仏教、儒教関係史、モンゴル時代の朝鮮や東南アジアなど幅広い地域の関係を問われることが多い。
難易度は教科書レベルの標準的な問題がほとんどであり、基本問題の取りこぼしが致命傷になります。
特に現代史では点差がつきやすいため、対策をしておきましょう。

経営学部へ行きたい方


経営学部世界史の基本情報
試験時間60分 配点:100/350

大問の構成(2014年度参考)
筆記
coming soon…

傾向
coming soon…

教育人間科学部へ行きたい方


教育人間科学部世界史の基本情報
試験時間60分 配点:100/350

大問の構成(2014年度参考)
筆記
coming soon…

傾向
coming soon…

地球社会共生学部へ行きたい方


地球社会共生学部世界史の基本情報
試験時間60分 配点:100/350

大問の構成(2014年度参考)
筆記
coming soon…

傾向
coming soon…

逆転合格.com トップページへ