立教大学|文系学部共通 数学参考書・対策


【立教大学文系学部共通 基本】

■ 参考書・対策
■ 基本ルート

【立教大学文系学部共通 分野別】

■ 経済・社会・法・観光・コミュニティ福祉・経営・現代心理学部へ行きたい方


立教大学文系学部共通 基本ルート

立教大学文系共通の<数学>の基本ルートです。
こちらの参考書を完璧にすると、立教大学文系合格レベルに到達することができます!

 

講義 初めから始める 数学Ⅰ 改訂1
講義 初めから始める 数学A 改訂1
講義 初めから始める 数学Ⅱ  
講義 初めから始める 数学B 
問題集 基礎問題精講ⅠA 例題 
問題集基礎問題精講ⅡB  例題 
問題集 数学Ⅰ・A 標準問題精講 改訂版
問題集 数学Ⅱ・B 標準問題精講 改訂版

<数学>立教大学文系学部共通 分野別ルート

立教大学文系学部共通の<数学>の分野別ルートです。
基本ルートが終了したら、あなたの志望学部に対応する分野別参考書に取り組みましょう!


経済・社会・法・観光・コミュニティ福祉・経営・現代心理学部へ行きたい方


立教大学文系数学の基本情報
試験時間:60分、配点:150/420

大問の構成(2014年度参考)
筆記

傾向

証文集合の空所補充形式が1題、記述式が2題、合計3題であった。小問集合は8問の出題が続いている。記述式は3~5の小問に分かれていて、融合形式になっている。時間的余裕はないとみられる。
例年「数学ⅠAⅡB(数列・ベクトル)」からの出題である。微積分法からの出題や図形と方程式の問題が多くみられる。標準問題が中心であるため、教科書の例題、練習問題、章末問題を通して基本的内容は完全に身につけること。図形と方程式、微積分法の応用問題は特に重点的に取り組むとよい。数列・確率の問題についてもやや難しいものに挑戦しよう。また、複雑な計算問題も素早く正確にできる計算力を養うように心がけておく必要がある。
    

逆転合格.com トップページへ