東京大学 日本史 参考書と対策(文系)

東大 日本史 参考書と対策(概要)

東大入試の社会科科目は、3教科(日本史・世界史・地理)の中から2教科選んで、150分間でその2教科を解答するという受験形式である。
試験科目の中でも日本史は東大に特化している試験の形式を持っている。
難関私立大学と比べて、東大の場合は、知識そのものが詳細なことや難易度の高いことまで要求されるわけではない。
用語の難易度としては、教科書に出てくる用語で受験を突破することができるが、一問一答形式で覚えていれば点数を取れるのかと言われると、そうではない。噛み砕いて説明すると「基礎を難しくするとこうなるのだ」という問題の構成で出題される。
おそらく、よく言われる「歴史の流れ」という部分があるが、歴史の出来事を古い出来事から新しい出来事に順番に並べていく一般的な歴史の勉強の作業は、出来事の背景などを繋ぎ合わせていくものなのだが、その中からある「歴史の流れ」の一部分だけを「ポン」と抜き出されても、自分で「歴史の流れ」を繋ぎ合わせていくことが、どれだけできるかどうかということを試される。
しかも、その「歴史の流れ」を作る用語も史料として与えられて、試験時間内に自分で考え論述しなければならない。
つまり与えられた史料から情報を読み取る能力と、それをまとめる能力と、それ自体を解答にする能力が必要になってくる。知識を試される試験ではなく、前提となる知識を元にその場で考える思考能力を試される試験である。それとプラスアルファで解答をしっかり文字数内で過不足なくまとめきる能力が求められる。
それなので、東大日本史の試験の答案は、解答だけ見ると簡単なことが書かれているケースが多い上に、実際に適切な対策(勉強)を下準備していればそれなりに点数が取れる教科でもある。しかし、ただ知識を頭に入れただけや、ただ論述練習しただけでは点数が取れない。
出される史料は、何種類かあり、歴史的な文章とか、出来事の年号の羅列が書かれていたりする。論述は長い設問で150~200文字。短い設問ならば60文字程度。
試験範囲は古代から明治時代ぐらいまでで、ほぼ現代については問われない。東大対策でもしない限り、古代や中世に関しては論述で勉強をやり込んでいる人は少ないものである。
センター試験や標準的な問題集を終わらせたら、とりあえず早い段階で東大対策に思考を傾けていくことが大切だ。
東大の日本史 参考書ルートは、文科・理科の各ページで紹介しています。
 

基本ルート

第一段階<日大 合格レベル>
問題集 大学受験 日本史Bノート
問題集 センター試験過去問 本試
年号 元祖日本史の年代暗記法
  • 大学受験 日本史Bノート [三訂版]|日本史
  • 元祖日本史の年代暗記法|日本史

 

第二段階<東京大学レベル>
問題集 実力をつける日本史100題 改訂第3版
史料 日本史史料問題一問一答完全版
論述 日本史講義 時代の特徴と展開
論述 “考える” 日本史論述 <改訂版>
論述 日本史論述研究
問題集 東京大学過去問
  • 実力をつける日本史100題 増訂第2版|日本史
  • 日本史史料 一問一答 完全版|日本史

東大 参考書 一覧

日本史の勉強法

東大 日本史の基本情報

COMING SOON!!

過去問以外にやっておいた方がよい分野別対策

COMING SOON!!