明治大学|文系学部共通 英語参考書・大学受験対策


【明治大学文系学部共通 英語基本】

■ 対策
■ 基本ルート

【明治大学文系学部共通 英語分野別】

■ 法学部へ行きたい方
■ 商学部へ行きたい方
■ 政治経済部へ行きたい方
■ 文学部へ行きたい方
■ 経営学部へ行きたい方
■ 情報コミュニケーション学部(文系)へ行きたい方
■ 国際日本学部へ行きたい方


<英語>明治大学文系学部共通 対策

1.設問の構成はオーソドックスで、比較的対策しやすい


分野別の対策は会話文程度で、単語・熟語・文法など基本的なことが仕上がっていれば十分勝負になる

MARCHレベルの参考書が仕上がっていれば十分戦える内容ではある。

ただ、オーソドックスな構成=難易度が易しいというわけではなく、全体的な難易度でいえばMARCHレベルの中ではやはり高い。

特別な対策を必要としない分、完成度はしっかりあげておこう。

2.長文の語数が多く、長い文章に慣れていることが必要


長文の数は多くはないが、1つ1つが長いため、長い文章で内容を読みこなすことが必要となる。

読んでいる最中に前の内容を忘れる、読み終えるのに時間がかかりすぎて解き終わらないなど、文章が長くなるゆえの弊害もあるので、過去問で練習をこなし、読み切れるように仕上げておこう。

3.会話問題は、一通り対策をしておくと良い


全ての学部で必須というわけではないが、会話問題の出題が比較的多く、複数学部を受ける受験生であれば、まず解くことになる。

会話は内容をある程度前後から予測する必要があるため、通常の長文と読み方が異なり、また会話表現もあるため、対策をしておくと点数を稼ぎやすい。

難易度が高いというよりは、慣れていないと解きづらい形式なので、一通り対策をしておきたい。

 

明治大学文系学部共通 基本ルート

明治大学文系学部共通の<英語>の基本ルートです。
こちらの参考書を完璧にすると、明治大学文系学部合格レベルに到達することができます!

 

単語 システム英単語[改訂新版]
熟語 速読英熟語 
文法 総合英語 Forest(フォレスト) 6th edition 
文法 Next Stage-ネクステージ- 英文法・語法問題 3rd edition
文法 英文法ファイナル問題集 標準編
構文 入門英文解釈の技術70
構文 速読英熟語(SVOC振り)
長文 英語長文レベル別問題集4
長文 大学入試 英語長文 ハイパートレーニング レベル2 センターレベル編 新装版
長文 やっておきたい英語長文300
長文 毎年出る頻出英語長文
長文 やっておきたい英語長文500
シャドーイング 速読英熟語

明治大学文系学部共通 分野別ルート

明治大学文系学部共通の<英語>の分野別ルートです。
基本ルートが終了したら、あなたの志望学部に対応する分野別参考書に取り組みましょう!


法学部へ行きたい方


法学部英語の基本情報
試験時間90分 配点150/350

大問の構成(2014年度参考)
筆記
1読解問題
2読解問題
3読解問題

傾向
長文読解問題が3題あり、それぞれの大問で長文に加えて設問・選択肢の英文もあるので、読解量はかなりの量になる。800~1000語程度の英文を息切れせず読めるだけの読解力があれば、設問自体は標準的なものが多いので、十分対応できる。
2009年度以降、文法・語彙問題がなくなり、読解問題のみの大問3題構成となっている。
長文問題はいずれも比較的眺めである。長文のテーマは様々で、抽象的なものから具体的なエピソードが並ぶエッセーまで多岐にわたる。語彙力を補強しておきたいところだが、読解問題では語彙力だけでなく前後の文脈をふまえた上で考えることが要求される。
長文読解問題が3題あり、それぞれの大問で長文に加えて設問・選択肢の英文もあるため、英文量はかなりの量になる。800~1000語程度の英文を読めるだけの読解力があれば、設問自体は比較的標準レベルなものが多いので、対応できるはずだ。

英語の参考書一覧はこちらTOPへ戻る




商学部へ行きたい方


商学部英語の基本情報
試験時間80分 配点150/350

大問の構成(2014年度参考)
筆記
1読解問題
2読解問題
3読解問題

傾向
文法・語彙の大問はないが、読解問題の中に文法・語彙問題が含まれている。知識を等設問なのか、文脈で導き出せる設問なのかの判別も必要である。英文の総量が多い上に、難しい単語も多く含まれ、やや読みづらい部分もある。設問については、基本的な語句や文法の理解で正解を導きだせる問題も多いが、文章全体の理解を問う設問もあり、文意をつかむ技術が求められる。

英語の参考書一覧はこちらTOPへ戻る




政治経済学部へ行きたい方


政治経済学部英語の基本情報
試験時間60分 配点150/350

大問の構成(2014年度参考)
筆記
1読解問題
2読解問題
3読解問題

傾向
1と2の長文読解問題では、評論や随筆が中心で、社会・経済・環境・科学などを扱ったものが多い。英文量はかなり多く、速読の力が要求される。空所補充では、準動詞・時制・受動態など動詞に関連いた問題と、慣用句の前置詞などを問う問題が出題されており、文法力と語彙力が試されている。3は短い読解問題で、空所補充出題されることが多い。内容を問うというよりも文法力を問う問題である。
英文量がかなりあるうえに専門性の高い英文が出題されることもあり、レベルとしてはやや難しい。60分という試験時間を考えると、総合的には難易度が高い。長文読解問題の英文は2題ともかなりの長文で、記述式の英文和訳もレベルが高い。
語彙力・文法力・読解力のアップは当然だが、さらに時間内に問題をすべて解く力も非常に重要となる。

英語の参考書一覧はこちらTOPへ戻る




文学部へ行きたい方


文学部英語の基本情報
試験時間60分 配点150/350

大問の構成(2014年度参考)
筆記
1文法・語彙問題
2文法・語彙問題
3読解問題
4読解問題
5会話文問題

傾向
文法・語彙問題では、動詞句および慣用表現の知識を増やすとともに、多義語の知識の蓄積にも日頃から努める必要がある。また、語形変化・派生語による空所補充が出題されている。これは、文章の食うよに当てはまるように与えられた単語の活用形や派生語を答えるものである。文法の知識、熟語や慣用表現などの語彙力・正確なスペリングの力が必要となる。いずれも標準的なものであるが、記述式での出題なので、正確な知識が必要である。
長文のテーマは、言語・心理・歴史・社会・物語など多岐にわたっている。文章自体は比較的素直で読み取りやすみものが多いが、語彙力や本文の内容を正確に理解する読解力・判断力が要求される。
各設問はどれも標準的だが、試験時間が短いため、どの問題でもあまり考え込まず即答できるくらいの知識および読解力が必要になる。

英語の参考書一覧はこちらTOPへ戻る




経営学部へ行きたい方


経営学部英語の基本情報
試験時間70分 配点100/300

大問の構成(2014年度参考)
筆記
1読解問題
2読解問題
3文法・語彙問題
4会話文問題

傾向
1と2の長文読解は、例年経済的なテーマが扱われることが多い。一部、与えられた語句を用いて英文を完成させる記述問題が1問含まれている。1については、ある程度のスピードで正確に読み進める力が重要である。2は、回答の根拠となる箇所を見つけることができれば、設問自体の難易度は高くない。3の文法・語彙問題は、標準的なものが多く、解答にはそれほど時間はかからないだろう。4の会話文は、例年食う諸前後の流れを把握するのはさほど難しくないが、選択肢の数が食う書の数よりも多いので、出題者側のねらいを見抜く余裕がほしい。

英語の参考書一覧はこちらTOPへ戻る




情報コミュニケーション学部へ行きたい方


情報コミュニケーション学部英語の基本情報
試験時間60分 配点100/300

大問の構成(2014年度参考)
筆記
1読解問題
2読解問題
3会話文問題

傾向
読解問題では、内容説明による内容理解重視の問題と、空所補充や同意表現選択の問題による総合的な英語力重視の問題という出題内容になっている。会話文問題では、結文補充による会話全体の理解をみる問題が中心である。英文は標準的なもので、例年難問・奇問の類も見られず、取り組みやすい出題である。

英語の参考書一覧はこちらTOPへ戻る




国際日本学部へ行きたい方


国際日本学部英語の基本情報
試験時間80分 配点200/450

大問の構成(2014年度参考)
筆記
1読解問題
2読解問題
3文法・語彙問題
4会話文問題
5会話文問題

傾向
読解問題の占める割合が非常に大きい。1と2では、空所補充・同意表現・内容説明・内容真偽・結文補充などが出題されており、内容は空くを問うもののほか、特に語句の意味について問うものが目立つ。5については、口語的表現や決まった言い回しに関わる設問はなく、会話の流れを踏まえて解答しなければならないので、読解問題に近い内容となっている。
読解問題については、非常に長い文章が与えられているが、扱われている語彙や文法は比較的平易で、主題も一般的なので難易度としては標準的。文法・語彙問題や会話文問題についても、基本的な知識を問うものが多い。

英語の参考書一覧はこちらTOPへ戻る


逆転合格.com トップページへ