英単語・英熟語|大学受験のための英語 勉強法・参考書

※各教科の勉強法が記載されておりますが、更に詳しく知りたい方、個別に相談したい方は武田塾の無料受験相談にお気軽にお問い合わせ下さい。

<その一 英単語・英熟語>

使用する英語の参考書と大まかな勉強法

①高校入試 でる順ターゲット 中学 英単語 1800 [三訂版]

1~3章を使用。中学レベルの英語から学習を開始する人のみ使用する。
4、5章は、システム英単語Basicにも記載されている単語も多いため、やならない。
(システム英単語Basicに記載されていない単語は、大学受験の英語勉強法における重要単語の位置づけではないため、先に進むことで勉強効率が上がるだろう。)

②システム英単語 Basic [改訂新版]

基礎単語のチェックと1~3章を使用。2、3、4章はシステム英単語の1、2、5章と同じ内容。
英語の基本ルートの前段階の高校入門から始める人のみ使用する。
システム英単語 Basicの3章までが終わったらシステム英単語に切り替えて、システム英単語の3章から学習を開始する。
切り替え以降は、前の範囲の復習もシステム英単語で行ってしまってよい。

③システム英単語 [改訂新版]

1~2章は日大レベル、3章がMARCHレベル、4章は早慶レベル、5章は多義語。
2章までが終わった時点で、熟語にいったん切り替える(④参照)。
熟語が終わるまでは1~2章の復習を行う。熟語が終わったら3章以降も覚えはじめ、MARCHレベル終了までに5章まですべて終わらせる。
ただし、志望校が日大レベルの場合は2章まで、MARCHレベルの人は1~3章と5章をこなせばよい。

④速読英熟語

熟語を覚える際は長文を使用しないでもよい。
熟語の一覧ページにはピンク色で熟語、青色で構文が載っているが、暗記をするのは熟語だけでよい。(構文は、英文解釈の技術70で学習する。)
システム英単語の1~2章が終わったら開始し、長文に入る前までには確実に終えておきたい。これは、日大レベルまでの単語を覚えたら、同じく日大レベルまでの熟語を覚えることで、この後の日大レベルの長文問題にスムーズに入れるようになるためである。
なお本書は、熟語の暗記としての用途だけでなく、後に構文の練習やシャドーイングにも使用する。この参考書が完成していることが基礎終了の大きな目安となる。

⑤話題別英単語 リンガメタリカ

早慶レベルに入ったら使用する。
単語を覚えることはもちろんだが、長文の価値が非常に高い。
自分の学部に関連があるテーマは確実に読んでおき、余裕があればシャドーイングも行っておく。
特に早慶志望は非常に使えるので確実にやっておきたい。

単語・熟語の勉強がうまくいかない場合の大学受験 英語 勉強法チェック

①暗記の勉強法は間違っていないか

最も多い原因であり、最初にチェックを行う。
具体的には単語帳や暗記に使っているノートを確認する。
×がついていない、復習日に復習ができていない、初めてやった時の×と復習日の×の区別がつかないなど見れば一目瞭然のミスをしている可能性が非常に高い。
単語のやり方が実践できていない場合、他の英語参考書も同様にやり方を間違っている可能性が高いので、必ず覚え方を定着させること。

英単語の

②回数はしっかりこなせているか

単語のテスト回数は1回完璧にし、当日何度か確認するだけでも1日で10~15周程度はやっておきたい。
覚えられていない受験生は、根本的にやっている回数が少ない場合が非常に多い。
そもそも単語の暗記は覚えやすく抜けやすいので、定着するまでは何十、何百と繰り返す必要がある。
単語の暗記を1回正解しただけで復習しないでも乗り切れるとは決して思わないように気を付ける。

③1~2秒で答えられているか

単語は悩んで答えを出しているようでは使える知識ではない。
一瞬で答えられなければだめということを徹底する。
悩んでいる時間が長すぎて、回数をこなせていないということはよくあるので、単語に時間がかかりすぎるという人はまず1秒で答えるという勉強法を徹底させるとよい。

④書いたり、発音したりをすべての単語にやっていないか

単語が覚えられない場合の対処法として、単語を発音したり書いて覚えるという手段は有効だが、それを重視するあまりに書かなくても覚えている単語を書いてしまい、結局覚えたいものは覚えられていないといった勉強法もよく見られる。
これらの手段はあくまで覚えられない単語に使用するべきであって、すべての単語にやってしまうと非常に時間がかかる。
発音したり、書いたりしなくても覚えられるものに関しては極力やらずにおくこと。

⑤復習日をしっかりやっているか

武田塾の一週間の勉強計画・勉強法は「4日進んで2日戻る」。
英語の勉強法がうまくいっていない場合、復習の2日を軽視している場合が非常に多い。
6日で4日分を終わらせていたり、前日に詰め込んで学習しているような場合、抜けが早いうえにそもそもの完成度が低い。
ペース通りにやり方を守って学習をしていれば、3回は全問正解に仕上げているはず。
ギリギリで間に合わせただけの人とは雲泥の差がつく。
確認テストの結果では、一時的に見た目上同じ正解率になるが、1カ月もすると圧倒的な差がつく可能性が高い。
受験勉強を開始したばかりの生徒は復習をちゃんと行えているかを必ず確認しておこう。

⑥8割を目標にしていないか

武田塾の確認テストは8割を超えれば先に進むことができるが、8割とればいいというわけではない。
本来は満点を取れてクリアで、どんなに低くても8割を切ってはいけないということで設定されている。
つまり8割は完成度としては低いものだと言えるが、それにもかかわらず8割を超えればいいと思っている人は少なくない。
英単語・熟語は覚えやすい分、抜けやすい分野のため、覚えたと思っても1時間もすれば忘れていても不思議ではない。
8割を目標では翌日には5割以下になることも十分あり得る。
宿題は100%になって初めてやったことになるという意識をもっておこう。