一般試験・センター試験対策|生物の参考書・勉強法

※各教科の勉強法が記載されておりますが、更に詳しく知りたい方、個別に相談したい方は武田塾の無料受験相談にお気軽にお問い合わせ下さい。

<生物 レベル別 学習概要>

第一段階<日大 合格レベル>
まず生物の基本知識を覚えます。
講義用の生物の参考書を同時に使い、読んだうえで覚えていくようにしてください。
覚える際には、用語だけに目を向けず、図もしっかり見ること。
生物の基礎知識が終わったら、遺伝の生物の参考書を一冊こなし、その上で基礎レベルの問題演習をこなして、一通り問題を解けるようにしてください。
 
第二段階<MARCH 合格レベル>
生物に関する入試の標準的な難易度の問題を一通り解いていきます。
この段階に入ってすぐの状態では、かなりきつい問題も入っているので、何週かこなして完璧に解けるようにしてください。
この段階で終了する場合には、実験考察用の生物参考書・問題集を一冊こなしておいてください。
次の段階に進む人は、より難しい生物の参考書で、同じく実験考察の対策をしてください。
 
第三段階<最難関医学部 合格レベル>
旧帝大や難関の医学部を目指す人向けの段階。
生物はその場で考えたり、資料を読み取る力が必要なので、難しい生物の参考書や問題に触れ、考える訓練と考え方の習得をしていくこと。
いきなり答えを見たりはせず、一問ごとに時間をかけて出来る限り考えながら解いてください。

生物 参考書まとめ

『生物考える実験問題50選』(駿台文庫)

生物考える実験問題50選

使い方はこちら

この参考書は難関大学等の医学部で実験考察問題が出題される人向けの教材である。
実験考察問題は、その場で考える力がかなり要求されるので、「なぜそうなるのか」等を考える練習をする必要がある。
そのため、この参考書は現時点では自力で解けなくても構わないので、考えられるだけ考え、解説を読んだ上で、「どういう所から考えていけば良いのか」「どういう部分がヒントになるのか」「この情報から得られることは何か」といったことを考える訓練をしよう。
答えの丸暗記のような自分で考えないでやるようなことは決してないようにしよう。
この参考書に入っている時点で、知識はかなりあると思うので、知識よりも考え方に主眼を置いて対策していこう。
また、この参考書と同時に進めて欲しい問題集が「お医者さんになろう医学部への生物」である。
こちらは医学部の問題に特化しており、実験考察問題だけでなく、様々な難問が含まれている問題集なので「考える実験問題」で実験考察問題を鍛え、「お医者さんになろう」で様々な問題に強くなって生物を完成させるようにしよう。

 

『お医者さんになろう 医学部の生物』(駿台)

『お医者さんになろう 医学部の生物』(駿台)

使い方はこちら

この参考書は、生物の学習がMARCHレベルまで完成し、最難関医学部への受験に挑戦する受験生向けの生物参考書である。
本問題集は標準レベルの生物の知識のアウトプットというよりは、医学部などで出題される大学受験生物の最難関レベルの問題が載っている。
かなり細かい知識を求めてくる問題が多く生物の基礎や標準レベルが完成していないと、この問題集に取り組むのは難しい。
構成は問題編と講義編に分けられており、問題演習をおこないその後、講義編で問題の解説や問題のテーマに関する周辺知識の講義を読み込むという流れで学習を進めていってもらいたい。
間違えた問題は必ず原因追究し、自分の弱点を講義編で再度確認し、その都度潰していこう。
全ての医学部に必須というわけではないが、国立や上位私立の志望者はやっておくとよい。
難しい問題に対する考え方も解説が詳しいため学びやすい。生物を得点源にするためにはおススメの一冊である。

 

『田部の生物基礎をはじめからていねいに』(ナガセ)

『田部の生物基礎をはじめからていねいに』(ナガセ)

使い方はこちら

この参考書は大学受験における生物を一から学習していきたい生物初心者に適した生物の参考書である。
生物を勉強したことが無い受験生や、生物が苦手で得点が取れないという受験生にはぜひ取り組んでもらいたい。
本書は第1部~第4部までで構成されており、その中で各テーマに分かれて講義が進められていく。講義の特徴は文字だけではなく、図表などを用いて解説しており、生物があまり好きではない受験生も理解がしやすい。
また、講義はかなり丁寧に詳しく書かれており、生物が苦手な受験生も無理なく読める。
講義の後は確認テストが設けられており、講義でインプットした内容を実際の問題で使えるかを確認してもらいたい。
参考書レベルは生物基礎の最低限の内容を一通り扱ているので、この参考書で基礎を固めたら、次の問題集・参考書に進み、まずはセンター試験レベル・日大レベルまで生物の学力アップを図り、徐々にレベルを上げていこう。

 

『生物の必修整理ノート』(文英堂)

『生物の必修整理ノート』(文英堂)

使い方はこちら

この生物の参考書は、「生物の基礎必修整理ノート」を一通り仕上げた受験生に取り組んでもらいたい。
旧課程における生物Ⅱにあたる新課程の発展内容。
センター試験の生物や日大レベルの生物にもう少しで達するレベルの生物参考書と言えるだろう。
本参考書の構成は基本的には「生物の基礎必修整理ノート」と同じであるが、理系用の全範囲が掲載されているので、内容が深くなり、細かいテーマや語句が多く出題されるようになっている。
必修整理ノートを仕上げた後は、実戦練習に入り、基礎~標準程度の問題をまずはこなしていこう。
遺伝問題で自信がない人は、「大森徹の生物 遺伝問題の解法 新装改訂版」を追加でやっておくとよい。
用語の暗記だけでなく、図にも目を通し難関大にも対応できる理解をつけておこう。

 

『生物基礎の必修整理ノート』(文英堂)

『生物基礎の必修整理ノート』(文英堂)

使い方はこちら

大学受験における、生物の学習を始める受験生向けの生物参考書であり、要点を穴埋めしていくという形式で生物の各テーマの重要語句を覚え、理解を深めていく。
本参考書は第1編から第3編に分けられており、その中でさらにテーマごとに各章に分けられている。
参考書のレベルは、生物の基礎の基礎くらいのレベルであるので、基礎固めに活用して、さらに難しい生物の参考書に進もう。
センター試験で生物基礎だけを受験する場合には、本参考書を仕上げたうえで実戦演習の問題集をこなしていこう。

 

『田部眞哉の生物 生物II 合格33講 パワーアップ版』(学習研究社)
『田部眞哉の生物 生物I 合格39講 パワーアップ版』(学習研究社)

『田部眞哉の生物 生物II 合格33講 パワーアップ版』(学習研究社) 『田部眞哉の生物 生物I 合格39講 パワーアップ版』(学習研究社)

使い方はこちら [33講] [39講]

生物の参考書の中でも、非常に詳しく記述されている講義用の参考書であり、最初にこの教材を使用するのは難しいと思うので、まずは基礎的な参考書を終わらせよう。
もしこの教材を最初に使用するのであれば、問題集と併用し、わからない部分があればこの教材で調べる、最低限の用語を覚えるという使い方で、問題集の正答率を上げることを優先しよう。
それ以降、過去問に入る段階になっても、わからない部分は基本的にこの教材で調べよう。
最終的に、この教材に記述されている知識をきちんと習得できれば、入試に必要な知識は全て揃うので、問題集をこなしながら、この教材に記述されている知識も完成させるという気持ちで仕上げよう。
 

『理系標準問題集 生物 三訂版』(駿台)

理系標準問題集 生物

使い方はこちら

この生物の参考書はA問題とB問題に分かれている。
A問題は大体日東駒専レベルの問題で、B問題はMARCHや理科大レベルの問題まで網羅しており、この参考書を仕上げれば大抵の生物の入試問題で困ることはなくなるだろう。
また、解説も非常に詳しい問題集なので、実験考察についての考え方や、問題の正誤だけでなく解説も理解すること。

 

『大森徹の生物 遺伝問題の解法(改訂版)』(旺文社)

大森徹の生物 遺伝問題の解法(改訂版)

使い方はこちら

生物の参考書の中でも、遺伝問題に特化した教材。
知識整理の基本的な生物参考書を使った場合、遺伝問題は計算が多い分野になるので、どうしても対策が不足してしまうケースが多い。
そのため、遺伝問題に特化した本問題集を追加でやることで、よく理解していない部分や、演習が足りない部分を補強しよう。
最後の章だけ過去問等が中心に出題されて難易度が高いので、その章以外は基本的に基礎の時点でやってしまってもかまわず、STAGE6のみ、ある程度他の問題集が進んでから仕上げるようにしよう。
使用するタイミングとしては、基礎の知識を一通り入れ終わった後、仕上げとして遺伝問題だけを対策するように使おう。

 

生物の参考書と勉強法

今回は生物に関する勉強方法を書いていきます。

生物は暗記で乗りきれる!とよく言われるので文系受験生にも選択される教科ですね。

理系でも選択に悩む所だと思うので、そういう『理科はなにを選択したらいいの?』というところから勉強法まで書いていきます。

 

1.暗記の際は周辺情報にも目を向けよう!
生物を覚える際に、ただ用語を覚えているだけでは実際の入試には使いづらいです。
その用語自体の説明や図などにも目を配り、一つの用語に様々な知識をつけるようにしていきましょう。
生物は社会の科目ではないです。
文系受験生は社会の科目と同じ気分で勉強すると危険です。
 
2.暗記だけの科目と思うな!
生物で難問といわれる問題は、実験考察問題の場合がほとんどです。
実験考察の問題を解く場合には、知識以上に考え方やその場での情報収集能力が問われるため、

難しい問題集の暗記にはしらないように注意してください。
生物に関しては難しい問題集の暗記をしても意味が無いので、なるべくたくさんの新しい問題にチャレンジしていきましょう。
 

3.問題演習を積んだら穴を埋めていこう
生物の問題がある程度答えられるようになってきたら、残りの知識を補完していきましょう。
生物は理系科目といっても、知識がかなり重要になってくるので暗記を徹底してください。
 
4.覚えにくいものは英単語のように覚えよう!
英単語の覚え方の記事でも書きましたが、まず自分に合った暗記方法を確立することが先決です。

  • 声に出す
  • 読む
  • 書く
  • ゴロで覚える
  • 連想で覚える

など様々な暗記方法があります。
万人に受ける暗記法はないので、自分にあったものを見つけ出して見てください。
 

5.生物か、物理か
理科を2科目使用する場合、物理と生物のどちらを使うかを悩む人は非常に多いです。
得意、不得意というのがはっきり分かれている場合にはいいのですが、

どちらを選ぶかわからない場合のために簡単な判断基準を教えます。

  • 物理→時間がかかる、極めれば高得点が狙える、基礎の難易度が高い
  • 生物→時間はそれほどかからない、点数は早い段階で安定するがそれ以降あまり伸びない

つまり、できるだけ短い時間で確実に高得点を取りたいのであれば生物、

時間をかけても高得点を狙いに行きたいのであれば物理といった選択です。

 

一般試験・センター試験対策その他の科目はこちらから!
センター試験対策期間限定公開中!
生物|センター試験対策・勉強法
生物基礎|センター試験対策・勉強法
カリキュラム_2014_408_150

これだけでは不安、もっと詳しい話が聞きたい!という方は直接お問い合わせください!
「資料請求はこちら」バナー2