一般試験・センター試験対策|現代社会の参考書・勉強法

※各教科の勉強法が記載されておりますが、更に詳しく知りたい方、個別に相談したい方は武田塾の無料受験相談にお気軽にお問い合わせ下さい。

大学受験のための現代社会 勉強法・参考書

●全体的な現代社会の勉強法 TOPICS

  1. 高得点は取りづらい科目!
  2. ニュースや新聞にも目を通しておこう!
  3. 間違った解答解説に注意!?
  4. センターのリード文に惑わされるな!

一般試験・センター試験対策その他の科目はこちらから!

センター試験対策期間限定公開中!
現代社会|センター試験対策・勉強法

現代社会の勉強法について

今回は現代社会の勉強方法を書いていきます。

そもそも現代社会ってなにって人が多いと思います。
現代社会のセンター出題範囲は例年、政治・経済分野60~70点、環境分野20点、青年期10~20点、となっています。
問題は、基本知識問題考える問題時事問題の3つがあります。

では具体的な勉強法を書いていきます。

[error dark=”true”]1.高得点は取りづらい科目![/error]

現代社会は、社会の中では勉強量も少なく、一度も勉強したことがない人でも点数を取れてしまう場合が多い科目です。

しかし、8割以上の高得点を狙いに行くと急激に学習量が増えるため、

最低限の勉強量でそれなりに点数を取りたい人には向いていますが、時間をかけても確実に点数を取りたい人には向かない科目です。

時間の無い国立志望の理系受験生には現代社会を選択をおすすめします。

[error dark=”true”]2.ニュースや新聞にも目を通しておこう![/error] 出題内容がある程度最新の情報を把握していないと解けない問題があります。

また、その情報を知っているだけではなく、かみ砕いて理解しているかが重要なので、

新聞やテレビに目を通し、そのテーマにちゃんと触れる機会を作っておきましょう。

時事問題に対応できるように常日頃からニュースに目を光らせておく必要があります。

[error dark=”true”]3.間違った解答解説に注意!?[/error] 現代社会は法律の改正や時事問題があるので、その時点では正しかったもの、

つまり参考書出版時では正しかったものが現在は誤っている場合があります。

せっかく問題集をやって覚えた知識が間違えてるなんて悲惨ですので、確認作業は怠らないようにしましょう。

[error dark=”true”]4.センターのリード文に惑わされるな![/error]

センターではやたらとリード文が長いです。

しかし、センター試験は時間が短いです。60分の試験でおよそ40問出題されます。

1問に平均で1分30秒しかかけることができません。

リード文はさっと読み流して時間短縮を図りましょう!

一般試験・センター試験対策その他の科目はこちらから!
センター試験対策期間限定公開中!
現代社会|センター試験対策・勉強法
カリキュラム_2014_408_150

これだけでは不安、もっと詳しい話が聞きたい!という方は直接お問い合わせください!
「資料請求はこちら」バナー2