一般試験・センター試験対策|物理の参考書・勉強法

※各教科の勉強法が記載されておりますが、更に詳しく知りたい方、個別に相談したい方は武田塾の無料受験相談にお気軽にお問い合わせ下さい。

物理ってどんな教科?

計算問題が多く、数学と似て理系的な教科であるのが物理。基礎の難易度が高いため、テキストの解説を読んでも内容がちんぷんかんぷんになってしまい、基礎段階での挫折してしまうケースが多い。

 

最初の段階では物理は理解できない教科であることを諦観して、物理が解らないことを割り切ってそれでも問題を解けるようにすることが最重要になってくる。

 

物理の問題を解くにあたり、なぜそうなるかは理解できなくて不安を感じても、問題集をこなし、パターンで解答していく訓練をすることが必要。物理の理解が進んではじめて、なぜそうなるのかが後々解るようになってくる。

 

つまり物理を理解することは解答することよりも難しい。しかし、基礎さえ全て頭に叩き込んでしまえば、満点も狙える科目。是非、得意科目にしよう。


物理の勉強法

①理解するための講義用の参考書と問題集はセットで使おう
問題を解くために、途中の式が解らない時など講義用の参考書で調べながら勉強する。最悪の場合でも、問題集の内容だけ頭に叩き込むことができればいい。講義用の参考書は理解のおまけ程度にしかならないケースもある。セットで使うことができればベスト。

 

②読まなくてもダメ、読みすぎてもダメ
講義用の参考書は解説が詳しいために、解説を読んで理解した気になって、自分で問題を解く訓練を疎かにする人が多い。あくまでも問題を解くことの補助としてテキストを使う。
しかし、問題集だけを使用し、ただの暗記になってしまうのもよくない。一通り講義用の参考書は目を通し、理解をできる部分は読み進めていこう。

 

③物理は理解が難しい!
物理が解らないことを割り切ってそれでも問題を解けるようにすることが最重要。物理の問題を解くにあたり、なぜそうなるかは理解できなくても、多くの問題集をこなしていくことで、パターンで覚えて回答していく訓練をし続けることがなによりも必要な作業である。

 

★問題集の勉強法
①まずは解けるようにしよう
問題集はまず解けるようにすることが大前提。数式などパターンが決まっていることの暗記もかねて「習うより慣れろ」の精神で挑み続けることが大切。

 

②数学は事前学習が望ましい
物理はベクトルや微積など、数学知識の下地を使って解いていくために、物理の基礎として数学ができることが望ましい。数学の知識がなくてもできないことはないが、あったほうが理解は早い。かかる時間としては、数学のほうが圧倒的なので、先に数学の基礎を固めてから物理の学習を開始することをすすめる。

 

③問題文の読み方を鍛えよう
物理の難しい問題は基礎の組み合わせで出来ている。そのため問題文を読み解く力、ヒントを見つける力が必要になってくる。解法だけ覚えても解き方が思いつかないでは×。
どうしてその解法になるのか、それを導き出すための問題文を整理する力が求められる。

 

④最初はつらい!折れずにやりきろう!
物理の挫折率は基礎の段階がほとんどである。自分には理解できないと思って諦めてしまう人が多いが、基礎の問題集を最後まで解いていくことで解るようになる。

 

⑤計算スピードと正確さを鍛えよう
物理は計算して解く問題なので、極めると高得点が期待できる科目である。一通りの問題をこなした後は、確実に点数を取るために時間内に解き終わること、そしてケアレスミスをしないことが大切になってくる。

 

⑥他教科とのバランスをうまくとって学習しよう
数学の勉強時間との兼ね合い、バランスが大切になってくる。基本的に物理はメイン科目ではないため、何点取らないといけないか見極めて物理にどれだけ力を注ぐかを決める。

 


使用する参考書と大まかな使い方

初学者レベル

①橋元の 物理をはじめからていねいに 力学編 / 熱・波動・電磁気編
2冊セットになっていて、物理の全範囲は掲載されていない、基礎範囲中心の「理屈を理解する」ためのテキスト。ある程度問題を解けるようになってから「こういう理解をしてほしい」という目安になるために、問題を解きながら一度目を通しておいて欲しい参考書。

 

②物理教室
辞書的に使う参考書。問題を解くためのサポート。最初の段階でこのテキストを読んでも逆に詳し過ぎて理解できないだろうことが予想される。問題集の難易度が上がってきて最終レベルに到達したときにやっと使いこなせるようになる講義用参考書である。

 

③やまぐち健一の わくわく物理探検隊 NEO  力学・熱力学・波動編 / 電磁気・原子編
今市販されている物理の参考書の中では非常に解りやすい。イラストが多いため、文字ではなくイメージで理解が出来る点が物理が苦手な受験生にとって非常に役立つ、物理を考える下地になるテキスト。

 


日大レベル
日大レベルとMARCHレベルはほぼ一緒にやっていくことになる。物理の全範囲を一通りやっていくことが一番難しいので、まず分野ごとに仕上げていくことで、どうしたら物理の問題が解けるようになるのか、その感覚を早めに掴んでおくことが重要になってくる。

 

①物理のエッセンス 力学・波動 四訂版 / 熱・電磁気・原子

2冊セットで小問集合の問題集。解き方のパターンが一通り出てくる。物理の解き方を網羅するには最適なテキストだが、反面解説はあまり詳しくない。問題を解けるようにすることを割り切れればスピーディに物理の基礎を習得することができる問題集になっている。
最も基本となること、感覚的な理解の部分と、試験問題を解くための考え方の流れが身につく参考書。

 

②良問の風 物理 頻出・標準 入試問題集 改訂版
「①物理のエッセンス」の一つの分野が終わったら、「②良問の風 物理」を使ってその分野の続きの問題を解いていくという使い方をする。大問形式(入試に近い形式)になっている。自力で解くのは難しいが、問題文を読み解く力を鍛えるための問題集として使う。
知識を実戦へとつなぐための問題集。

 


MARCHレベル
日大レベルを突破したら、まずはMARCHレベルの過去問に挑んで、いったんつまることになる。問題集を順当にこなして、自力で考える力を鍛えることができないと躓くことに…MARCHレベルを突破するというのは一通りの物理の基礎を使いこなせるようになった上で、問題から情報を読み取る力を鍛え過去問に挑み、解法を導き出せるようになるということ。

 

③名問の森 物理 力学・熱・波動I / 波動II・電磁気・原子
東大・早慶をレベルを狙う人向け。難関大学に向けて定型問題と有名問題が出題されているが、問題数そのものはそれほど多くないので、プラスアルファで過去問題を解き、問い応力を強化したほうがよい。

 


早慶レベル
入試の有名問題、つまり難問が出揃ってくる。大切なのは「物理で何点取る必要があるのか?」物理を得点源にするのか否かによって、他教科との兼ね合いと残り時間を計算して目標点を定める。過去問題をちゃんとやっておくことの他に、「③と④名門の森 物理」の2冊を完璧にしておくことで合格最低限を突破することができる。

 

④物理 重要問題集 -物理基礎・物理
東大志望の定番問題集。問題が多い問題集なため「見たことがない問題」がないようにこの問題集に挑んでおくことが重要。入試に出てくる殆どのパターンに触れることができる。
解説はこのレベルで戦える実力がある程度あることが前提の内容なので、名問の森などを事前に解いておくとよい。

 


東大レベル
見たことがない問題、その場で頭を使って解法を閃かないといけない問題が出てくる。このレベルにたどり着いた時点では、捨てざるをえない問題も出題される。そういう意味で自分が取れる点数のマックスを取ることに全力を尽くさなければならない。それは残された時間的な問題によって、戦略的に「自分が何点取らなければいけないのか?」を見定め、出来うる限りの問題集をこなし、似たような大学の過去問も完璧にしておくことが大切になってくる。

 


勉強がうまくいかない場合の勉強法チェック
1.講義用参考書を、問題を解かずにひたすら読んでいないか
物理を理解しようとして講義用の参考書を読み込んでも、理解した気分になれるだけで決して問題が解けるようにはならない。数学的なパターン暗記を叩き込むことが大切。数式を口頭(日本語)で言えるようになることも大変重要になってくる。

 

2.解けることよりも理解することを優先していないか
物理が解らないことは、問題に挑まないことの理由にはならない。解らなくても問題に挑み解き続けることでしか物理を理解する道はない。

 

1.理解しようとして止まっていないか
基本的に物理の勉強が捗らないのは、この一言に尽きる。理解できなくても問題を解き続けることが物理を理解するために最重要になってくる。理解できなくても回答の再現をする。

 

2.なぜこの解き方をするのか、それはどこから気づくのかを理解できているか
問題文の読み方を鍛える。回答の丸暗記ではなく、解き方の訓練をすることが問題集をこなしていく目的であり、物理を理解する訓練になる。

 

1.基礎の理解をこだわりすぎるな!まずは解ける問題を増やそう!
物理は理科の中でも、基礎の理解の難易度が高く、問題が解けるようになる前に挫折する人が多い科目です。

解ける問題が増えて理解できる範囲も少なくないので、出てきた順に完璧に理解することにこだわるのではなく、

まず正解できること、その上で可能な限りなぜそうなるかが説明できるようにしていきましょう。

理解を追求するあまり問題が解けなくなるという、根本の部分を後回しにしないようにしてください。

とにかく解ける問題を増やして行くことは重要です。参考書の問題を反復して完璧にしていきましょう。

 

2.途中式は言葉で説明できるように!
先に述べたように解ける問題を増やしていくことは非常に重要ですが、式の意味が全く分からずただ文字や数字を覚えるだけでは力はつきません。
公式や、問題を解く際に使っている式は、言葉でもどういう関係の式なのか言えるようにしておきましょう。
物理は暗記系の教科ではなく理解が必須です。

例題を解くときにも、『今自分は何をやっているんだろう』と常に意識してください。
よくわからないまま先に進むとどこかで必ず詰みます。

 

3.参考書は簡単なものから始めよ
これは物理に限ったことではありませんが、物理に関してはいきなり難しい問題集から入ってしまい挫折することが非常に多いです。

一番やさしい問題集から徐々に一冊ずつ完璧にしていきましょう。

また参考書内で出された例題は必ず自分で解いてください。
解説だけ読んで、“分かった気”になっている状態が一番危険です。
しっかり丁寧に解いていきましょう。

 

4.図を書いてビジュアルで捉えよう
物理の問題はビジュアルで問題を把握することによって、一気に問題が簡単になることがあります。

回路の問題であれば回路図を、力学の問題であれば力のベクトルがきちんと書くことが出来るか等が

勝負の分かれ目になってきます。

 

5.解法は複数パターン知っておこう!

物理はひとつの問題に対して、何パターンも解法があります。
類似問題を解く時には『こういうアプローチでは解けないのかな?』といろいろ試してみることが重要です。
解法パターンをいくつも知っていると応用がききます。

さらに、一つの解法パターンを忘れてしまったとしても別の解法で解くことが出来ると
大きなアドバンテージになります。

 

一般試験・センター試験対策その他の科目はこちらから!
センター試験対策期間限定公開中!
物理|センター試験対策・勉強法
物理基礎|センター試験対策・勉強法
カリキュラム_2014_408_150

これだけでは不安、もっと詳しい話が聞きたい!という方は直接お問い合わせください!
「資料請求はこちら」バナー2