日本史|通史・文化史の参考書・勉強法

※各教科の勉強法が記載されておりますが、更に詳しく知りたい方、個別に相談したい方は武田塾の無料受験相談にお気軽にお問い合わせ下さい。

通史・文化史の日本史勉強法

①センターレベルの基礎をできるだけ早く仕上げよう
日本史は狭く深く学ぶのがコツ。基礎段階は世界史より簡単に網羅できる。センター試験に出題されるレベまでは、薄い参考書でさっさと基礎を終わらせ手応えを得るのがポイント。

②忘れる前提で覚えよう
日本史は古代~近代史まで走り切るように網羅する勉強法が必要、多い用語が勉強しても抜け落ちやすい。忘れてもいいように復習の回数を稼いで雑に毎週何十回も学びなおす。
問題は2秒以内に答えられなかったら×、一瞬で回答できるようにスピード感を鍛える。

③周りの文章もしっかり読もう
単語や用語だけ覚えるのではなく、関連ある用語などもセットで勉強することが重要。

④まとめて覚えよう
例えば「藤原氏」など、誰が何をしたのかを纏めて覚えておくことで選択問題で正答できる。

⑤講義用参考書は詳しい
基礎は薄い穴埋め形式のテキストで学ぶ。講義用参考書は詳しく書かれているために、基礎段階で細かく丁寧に学び過ぎて時間の無駄。講義用参考書は理解のヒントとして使用する。

⑥難関大に向けてどう覚えるか
単純に用語の数が増えるのと、設問の聞かれ方が難しくなる。気にしないといけないポイントが変わり、文化史や貨幣の歴史など過去問に挑むことで知識の整理が必要になる。問題に挑み続けてその上でインプットに戻る、そして最後は教科書を極めることが必要になる。

⑦同じ教材のやり込みが重要
自分が復習の時に使う日本史テキストを1つ決めておいて、足りない用語や情報が出てきたら常に戻って書き加えることがポイント。一冊のテキストの繰り返しが最重要。

⑧文化史は絵や写真も見ておこう
日本史の文化史は記憶に残りづらく覚えにくい。覚えるにはまとめて整理する。判断の材料として写真と一緒に覚えて記憶に残す。文化史を学ぶには文化具体的に学ぶことがポイント。

⑨紛らわしいものの差を意識して覚えよう
忘れたことは覚えているけど、なぜ間違えたのか、どう間違えたのかが覚えられないという現象を突破するために、ゴロ合わせなどを使って区別するポイントを意識するようにする。

⑩流れを覚えるという意識
日本史が出来ない人ほど「流れ」を覚えるという。一番大切なのは用語を覚えることであり、用語を覚えていない人間に流れが理解できる訳がない。あくまで基礎は問題集を解く。

勉強がうまくいかない場合の日本史勉強法チェック

1.覚えるのに時間をかけすぎて回数がこなせていないのではないか
丁寧に1回は遅いだけ、スピーディーに何回も復習することが必要になってくる。
兎と亀なら兎のように走り抜け、同じところをハムスターのようにクルクル復習する。

2.講義用の参考書を読んでいるか
最終的には講義用の参考書に書いていることを理解できていないといけない。
覚えることは問題集で覚え、講義用の参考書は読んでおく程度に留めておいた方が、勉強が捗りやすい。

3.間違えにくい覚え方ができているか
問題集をこなしながら効率的な日本史勉強法を覚えていくことができる。よく間違える単語や用語をセットで覚えて、特徴や時代を区別し、まぎらわしいものを判別することができるか。
覚えて確認して整理するという流れを解いていく中で覚えていく。