日本史|論述の参考書・勉強法

※各教科の勉強法が記載されておりますが、更に詳しく知りたい方、個別に相談したい方は武田塾の無料受験相談にお気軽にお問い合わせ下さい。

論述の日本史勉強法

①論述の基本
学校によって出題の仕方は違うが、自分で説明しないといけない。苦し紛れに書いたらすぐばれる。字数に合わせて繋がりを意識して書いていかないといけない。ここで教科書が重要になってくる。

②文字数に合わせた解答を書こう
出題字数が100~400字では全然違う。この字数で書くべきことは何か重要度を理解する。

③書き直しは重要
新しい問題に挑み続けるよりも、一冊の問題集の回答を修正し続ける(ブラッシュアップ)ことが重要。完璧な回答に仕上げる、書き直しし直すことで気にするポイントが解るようになる。いかに工夫して解りやすい表現にするか回答の向上が必要になる。

勉強がうまくいかない場合の日本史勉強法チェック

1.解答を覚えようとしていないか
回答の丸暗記をしても、同じテーマでの出題はない。自分で書けるようにならないと意味がない。

2.採点の基準を理解しているか
苦し紛れに書いた論述はばれる。また文字数が足りていないと採点すらしてもらえない。
自己満足で論述を書いてはいけない。文字も綺麗に、読みやすくする必要がある。

3.志望校に合わせた字数で練習ができているか
過去問に合わせて調整する必要がある。100~400字と出題文字数に開きがある。