一般試験・センター試験対策|日本史の参考書・勉強法

※各教科の勉強法が記載されておりますが、更に詳しく知りたい方、個別に相談したい方は武田塾の無料受験相談にお気軽にお問い合わせ下さい。

日本史の勉強法と参考書について

まず日本史の勉強法概論としては、一つの用語から様々なことを思い出せるようにつなげること。
狭くて深い科目と言われる日本史は、一つの用語に対して様々な方向から見たり、複数の事柄を関連付けて理解できるかがポイントです。

また、日本史の勉強法では、教科書や講義の参考書のように軸が重要なので、自分向けのオリジナルな日本史参考書を作り上げていくようにしましょう。

日本史は同じ大学でも学部によって対策が異なるので、一つの学部の過去問で満足せずに、志望校の問題は一通り解いていくような日本史勉強法を意識してください。

日本史の勉強法に関する基本ルートは、まず第一段階(日大 合格レベル)としては、基礎レベルの知識をまず完璧にし、その上でセンター試験の日本史過去問で入れた知識を使いこなせるようにすること。
第二段階(MARCH・早慶非看板 合格レベル)では、難関大学に向けて本格的に知識を入れ直し、一冊の日本史問題集を徹底的に仕上げていき、同時に史料問題の対策も実施。
第三段階(東大・早慶 合格レベル)では、志望校に向けた分野別の対策となるので、志望校にあった過去問を見たうえで、日本史参考書参考書を解いた勉強法となります。

武田塾の日本史 勉強法と参考書ルートを進めて、一冊ずつ完璧にして、日本史受験対策を万全にしましょう。

 
1.通史・文化史2.問題演習3.史料・年号4.論述レベル別の学習概要TOPに戻る


<その一 日本史の通史・文化史>

通史・文化史の詳しい勉強法はこちら

使用する日本史勉強法の参考書と大まかな使い方

①金谷の 日本史 「なぜ」と「流れ」がわかる本(4冊)

金谷の 日本史 「なぜ」と「流れ」がわかる本 金谷の 日本史 「なぜ」と「流れ」がわかる本 金谷の 日本史 「なぜ」と「流れ」がわかる本 金谷の 日本史 「なぜ」と「流れ」がわかる本
使い方はこちら [原始・古代史] [中世・近代史] [近現代史] [文化史]

暗記よりは時代背景や出来事の経緯をストーリーとして頭に入れるための教材。
本文に入る前に各章の全体像としての表を収録。その時代の特徴や構造が掴める。本文はメイン講義とテーマ講義で構成。メイン講義では主な「流れ」と「因果関係」がわかる。章末には確認問題を収録し、用語をチェックしながら因果関係を確認できる。

 
②30日完成 スピードマスター 日本史問題集 日本史B

30日完成 スピードマスター 日本史問題集 日本史B
使い方はこちら

暗記用の教材として「①金谷の 日本史 「なぜ」と「流れ」がわかる本」を読んだ上で使う。
センター試験対策で薄くて、基礎を補うための教材。一つの単元を見開き2ページにまとめ、次の2ページはその単元の用語問題(スピードチェック)。単元は系統的な学習を踏まえた上、時代を広く捉えているものや分野別の流れが理解できるものを多く配置。また地図・図版・図表などを多く取り入れ、日本史学習が多角的かつ総合的に捉えられるように配慮。

 
③NEW 石川 日本史B 講義の実況中継(全部で5冊)

石川 日本史B 講義の実況中継(1) 石川 日本史B 講義の実況中継(2) 石川 日本史B 講義の実況中継(3) 石川 日本史B 講義の実況中継(4) 石川 日本史B 講義の実況中継(5)
使い方はこちら

4冊で通史全範囲、5冊目は文化史、早慶や国立に向けてより詳しい講義用テキスト。
日本史の最前線の講義を活字とCDで再現。暗記の方法を駆使する一方、さまざまな制度や事件の背景を知るために史料を丹念に説明する理解重視の講義。定期テスト、センター試験、私大・二次論述―いずれも知識は万全。歴史の点が線となって見えてくる日本史勉強法の参考書。
 
④大学受験 日本史Bノート

大学受験 日本史Bノート
使い方はこちら

暗記用の教材として「③NEW 石川 日本史B 講義の実況中継」を読んだ上で使う。早慶向け。
『全国大学入試問題正解』過去10年分を分析し、全てを網羅した全37テーマに加え、センター試験でも出題されるテーマ史を4テーマ掲載。過去の実際の入試問題から「到達度チェック」ができる。「実戦演習」は書き込んで整理した知識をその場で確認。用語には「標準」「難関」のレベルを表示、学習進度・志望大学のレベルに合わせた効率の良い学習が可能。注意したい用語には、「出題大学」も掲載。図表・写真なども豊富に収録しより多角的な学習ができるよう工夫されている。日常学習からセンター試験、難関大入試まで対応可能。

 
⑤30日完成 スピードマスター 日本文化史問題集 日本史B

30日完成 スピードマスター 日本文化史問題集 日本史B
使い方はこちら

文化史に特化したテキストで頻繁に勉強しておかないと紛らわしい上にすぐ忘れてしまう。
写真や図版を約200点紹介、視覚的なアプローチにより文化史を中心にした日本史を学習。各時代の文化史を構造的に理解するだけでなく、8つのテーマで日本の歴史を系統的に概観。

 
通史・文化史の詳しい勉強法はこちら
 
1.通史・文化史2.問題演習3.史料・年号4.論述レベル別の学習概要TOPに戻る


<その二 日本史の問題演習>

問題演習の詳しいやり方はこちら

使用する参考書と大まかな使い方

①センター試験過去問

センター試験過去問
使い方はこちら

スピードマスターが終わって最低限の用語を覚えたらすぐに入るテキスト。紛らわしい物の年号と起った順番さえ覚えていれば大概解けるレベル。過去問で8割以上とれるように。
「赤本」。正誤問題の極意を伝授。誤文を見つけるコツがわかる。センター試験の過去問題集。詳しい傾向分析や先輩受験生の攻略アドバイスなど、豊富なコンテンツで過去問演習をサポート。使いやすい別冊問題編。臨場感たっぷりのマークシート解答用紙つき。

 
②実力をつける日本史100題

実力をつける日本史100題
使い方はこちら

MARCH、早慶レベルはこの一冊で網羅できる、滅茶苦茶詳しくて量が多い問題集。問題よりも解説の方が詳しい。詳し過ぎるので解説にのめり込むと時間がムダ。やり過ぎ注意。
標準レベル・頻出テーマの問題を解くことで、日本史の流れと重要事項の体系的な理解を図る。時代別75題、テーマ史20題、論述5題を収録。本書を仕上げた後は、個々の知識がスッキリつながる。 解答編では最初に解答・配点を示し、次に解答に至る過程を示しながら、各設問の内容を丁寧に解説。問題編は見開きですべての問題が確認できる配点と目標時間を掲載。解説では重要箇所に下線を引いて論述対策にも備える。理解を助ける地図や表も豊富。論述問題には要素ごとの配点も明示。

 
③日本史B 正誤問題集 最新版

日本史B 正誤問題集 最新版
使い方はこちら

早稲田、慶応で使う正誤問題(文章の間違えている数を答える)など形式の難易度が高い。分野別テキスト。早稲田の社会学部志望の人はやっておいた方がいい。時間に余裕があれば。
種類やしくみ、さらに問題文のどの部分をチェックすればよいかなどをまとめている。2部で構成。第I部は通史、第II部は部門史となっている。さらに問題毎に難易度を表示。

 
問題演習の詳しいやり方はこちら
 
1.通史・文化史2.問題演習3.史料・年号4.論述レベル別の学習概要TOPに戻る


<その三 日本史の史料・年号>

史料・年号はどうして覚えるのかこちらを読んでみよう

使用する参考書と大まかな使い方

①日本史史料 一問一答 完全版

日本史史料 一問一答 完全版
使い方はこちら

史料の数が多いが、★の数で重要度が表されている。★★★、★★はよく出題される。
過去20年分の大学入試データを徹底分析し、頻出するすべての史料問題を収録。史料の出題頻度を分析し、センターから難関大まで★印でレベル分け。史料で問われる部分を赤字(太字)にし、よく出る設問を完全収録。すべての史料にルビ・通釈(現代語訳)・解説を付記。

 
②元祖 日本史の年代暗記法

元祖 日本史の年代暗記法
使い方はこちら

ゴロ合わせによる年代暗記の定番。『全国大学入試問題』より出題頻度が高く、学習上重要な年代のみを精選。詳細な解説はもちろん各年代の関連事項の小年表「前後の流れ」やテーマ史をまとめた「まとめて確認! 」も収録。入試実戦対応型の年代暗記法。

 
暗記したのにうまくいかない?
こちらで勉強法を確認しよう

 
1.通史・文化史2.問題演習3.史料・年号4.論述レベル別の学習概要TOPに戻る


<その四 日本史の論述>

論述の基本とはなんだろう?
こちらを読んでおこう

使用する参考書と大まかな使い方

①日本史講義 時代の特徴と展開

日本史講義 時代の特徴と展開
使い方はこちら

論述に入る前の切り口、考え方、書き方のポイントを学ぶための一冊。主に東大受験の本。歴史を論述する態度とはどのようなものか、学究的な姿勢が伺える。本編は左ページと右ページが独立した文章という特殊な構成で、まず左ページ原稿があって、右ページはそれに補足する形で書かれている。左右のページを比べてみると「補足」になっている。別の整理の仕方を提示する場合もある。考え方を多角的に見る・読むことが出来る模範的な内容。

 
②“考える” 日本史論述

“考える” 日本史論述
使い方はこちら

論述の基本的な優しい教材。まずこれでとりあえず論述を書けるようにしていく。
受験生がぜひとも経験しておくべき代表的な過去問を題材に、論述問題への具体的なアプローチを示し、その考え方、答案作成に至る過程を明示。

 
③日本史 論述研究 -実戦と分析-

日本史 論述研究 -実戦と分析-
使い方はこちら

主に国公立大学を受験するための難しい、文字数も長く、史料の読み解きも必要になる。
入試に於ける「論述問題」を、実戦的に「読み解く」ことを通し、重要テーマとなる「各論」を押さえつつ、古代から現代に至る「日本史」を分析し、その「通史」的理解を獲得することを目的につくられた参考書。各問題は、「設問」「解説」「解答例」「採点基準」で構成。

 
論述がうまくいかない人はこちらを読んでみよう
 
1.通史・文化史2.問題演習3.史料・年号4.論述レベル別の学習概要TOPに戻る


<レベル別の学習概要>

日大レベル

薄いインプットの参考書とセンター試験対策、志望校の過去問題を解いておく。これは短期間で終わる。「①金谷の 日本史 「なぜ」と「流れ」がわかる本(4冊)」「②30日完成 スピードマスター 日本史問題集 日本史B」、「センター試験過去問題集」、「②元祖 日本史の年代暗記法」を完璧にしていく。

MARCHレベル

時間がある人はMARCHと早慶レベルの用語をセットで学んでいき、センター試験対策をする。時間がない人は、センター試験対策の後、MARCHの過去問題をクリアする。しかし、その場合は日本史で点は稼げない。正誤問題と論述は出ても基礎レベルしか問われない。

早慶レベル

知らない用語が出てくる上に、史料対策も必要となってくる。早稲田などは大学に所縁のある人物が出題されたりと、過去問題集から出題傾向を学ぶ必要が出てくる。論述と正誤問題の難易度が上がるために、ここは徹底的に対策しておく必要がある。

東大レベル

記述、論述の徹底的な練習が必要になる。教科書を極めて知識を完成させることが大切。問題集をクリアした後に、インプットの教科書に戻って知識・理解を深める、完成させる必要がある。過去問題のやり込みが一番重要になってくる。

 
1.通史・文化史2.問題演習3.史料・年号4.論述レベル別の学習概要TOPに戻る

日本史の勉強法について

日本史の勉強方法について書いていきます。

日本史はとにかく覚えるが勝ちです。
しかし、日本史の覚える量は膨大で、どの用語を覚えればいいのかわからなくなってしまったりするものです。

また日本史は漢字が多く、覚えられない上に書けないという状況が生まれてくるので大変です。

そんな日本史を効率よく勉強するための方法を書いていきます。

1.詳しさを間違えるな!
一般的に日本史は、狭くて深い科目だといわれますが、ここで言う「深さ」とは単純に誰も知らない用語を覚えるということではありません。

基本的には、一つの用語に対して様々な方向から見たり、いくつかの事柄を関連付けて理解できているかが重要です。

たまに『こんな難しい単語知ってるんだぜ!』という人がいますが、マニアックな単語を覚えることにあまり意味はありません。

受験生なら誰もが知っている用語をすべて網羅することが重要です。

また例えば“荘園”という単語ひとつとっても、『これは何の荘園なんだろう』『この荘園の特徴は?』ということを頭に入れておくことにより、

その単語の時代背景にも詳しくなることができます。

一問一答をたくさん覚えるのではなく、一つの用語から様々なことを思い出せるようにつなげていきましょう。
そうすることで論述問題にも対応できる日本史脳が出来上がっていきます。

2.テキストに新しい発見は書き込もう!
社会全般で言えることですが、日本史では教科書や講義の参考書のように軸となるものが非常に重要です。

一つの参考書に新たな発見を書き足し、自分だけの参考書を作り上げていくようにしてください。

自分だけの参考書を作ることによって『この本を見れば、安心』というものを作っておきましょう。

 

例えば、一つの参考書に付箋で“図表の◯◯ページ参照”と書いてあるものを貼り付けることによって、過去の気付きを未来に共有することができます。

気付きは時間が経つと忘れてしまうことがあるので、きちんと書き込んでおきましょう。

3. 志望校の研究は怠るな!
日本史の対策は同じ大学でも学部によって大きく対策が異なります。

特に早稲田、慶応ではその傾向は顕著です。

例えば、論述問題が中心なのに、一問一答問題集ばかりやっていたら志望校へ遠まわりになってしまいます。

まだなにも知識のない状態で志望校の入試問題を解く事は出来ませんが、どういう問題が出るのかという傾向と対策は頭に入れておきましょう。

また一つの学部の過去問をやっただけで傾向を知った気にはならず、志望校の問題はすべて一通り解いて確認してください。

4. 覚え方は自分に合ったもので!
世界史でもっとも多い質問は『日本史の用語覚えられないんですけどどうやって覚えた方がいいですか?』です。

しかし、これは個人差があるもので一概にこれがいいと言えるものではありません。

覚え方は基本的には英単語の覚え方と同じで大丈夫です。

声に出す、何回も書く、ゴロで覚える、連想で覚えるなど。

いろいろ試してみましょう。その中で自分に一番あった暗記方法を見つけて実践していきましょう。

5. 近代以降は学校に合わせるな!
先にも書きましたが、陥りがちなパターンとして直前期まで入試の範囲が終わっていないということがあります。

一般的な高校では日本史や世界史などの歴史科目の範囲が終わるのは、12月のような入試直前期です。

これでは全く過去問も解けませんし、演習の時間も十分にとることができません。

さらに泣きっ面に蜂ですが、大学入試では最も近代以降が頻出します。(明治大学や慶應大学の一部の学部では、近代以降以外出題しないと明記しています)

ほとんど入試ではでない古代の分野から学校がじっくり解説します。

これは教育課程上仕方のないことですが、受験生にとってこれは仕方のないことでは済まされません。

現役生だとしても歴史は授業に先行して参考書で勉強しましょう。

他の受験生を追い抜くチャンスがあります。

6.論述問題は添削してもらうべし!
論述問題が中心の大学の受験生は、添削指導を受けることをおすすめします。

自分では論述問題の採点をすることは難しいので、身近に添削指導をしてくれる人がいると心強いです。

学校の先生を積極的に利用していきましょう。

また、論述対策としては無駄に何問も解き続けるよりも良問を丁寧に完答出来るようになるまで仕上げる方が伸びます。
論述問題も「一冊を完璧に」しましょう!

一般試験・センター試験対策その他の科目はこちらから!
センター試験対策期間限定公開中!
日本史|センター試験対策・勉強法
カリキュラム_2014_408_150

これだけでは不安、もっと詳しい話が聞きたい!という方は直接お問い合わせください!
「資料請求はこちら」バナー2