教科別の大学受験 勉強法 まとめ

最適な勉強法と学習の三段階

勉強には3つの段階があると武田塾では考えています。
この「勉強の三段階」についての説明をしていきたいと思います。
単純に授業を受けるということと、きちんと覚えて問題が解けるということとは全く違うことであるということは理解できると思います。
今まで受けた授業の内容を完璧に覚えているとしたら、もっと成績が上がっていると思いませんか?
ここで重要なことは、どうやって完璧な一冊を作り出すかということになります。
最適な勉強法を考えた場合、その方法は「理解・再構築・記憶」という「学習の三段階」というものを理解する必要があるのです。
偏差値を上げるためには授業だけ、問題を解くだけ、復習をするだけでは足りないのが現実です。
この三段階全てに配慮した勉強が必要なのです。
このページでは、これらの三段階と教科別の勉強法と必要な参考書すべてを公開しちゃいます!

●最適な勉強法と学習の三段階 TOPICS

1.偏差値70台に乗せる大学受験の勉強法とは?

ドイツの心理学者であるエビングハウスが発表した「忘却曲線」という言葉をご存知でしょうか?
この忘却曲線とは人間の記憶は時間が経過するにつれて指数関数的に減少していくことを示す
「長期記憶の忘却」
を意味しています。

「あの問題の解き方忘れてしまった!」ということが日々の受験勉強の中であるかもしれませんが、その忘れてしまうことにもレベルがあるのです。それは、
・知識を記憶する時にきちんと覚えこんでいないという「記銘段階での失敗」
・知識自体は覚えているが、うまく思い出すことができない。何らかのきっかけを与えると思い出すことができる「想起段階での失敗」
・知識を思い出すことができない「保持段階での失敗」
の3つが挙げられます。

このような忘却曲線によって説明される「時間と記憶との関係」と、心理学的に分類される「忘却の仕組み」から効果的な勉強法とは何かを突き詰めて以下の方法論に至りました。

勉強においてある事象を正確に把握し(理解)
その把握した情報を自分の頭で組み立てて覚えこむ(再構築)
きちんと覚えこんでも時間の経過とともに著しく減少していく記憶を理解した時に近い状態に保つため、
想起段階での失敗による忘却(再構築可能な忘却)状態にある知識を何度も何度も復習することで覚えこむ(記憶)

より効率的・成績が上がるような勉強法は、このような一連の作業により長期的な記憶が得られることで生まれると考えています。このような方法で確実に1冊の参考書を完璧にしていくことで得られる知識こそ本当の学力であると考えます。

次に、3つの段階を具体的な例を用いて説明していきたいと思います。

詳細はこちら→


2.合格する過去問の勉強法

大学受験の過去問はよく重要と言われますが、それはどうしてでしょうか?

それは、志望大学の問題を事前に知ることで、自分が合格できそうか・できない問題はどんなジャンルのどんな内容かなどをきちんと把握するためにやります。
過去問を解いて、なにがわからないのか知ったとき、それを直す期間(=修正期間)があなたの合格力を飛躍させます。
では合格への過去問の勉強法の手順を7ステップに分けて解説します。

①制限時間内で全力で解く。
②制限時間内で終わらなかった場合、時間を延長して解く。
③解いた直後に、わからなかった文章、単語、表現、部分(パラグラフ)、自信のなかった設問などに印をつける。
④解答解説を読み、○×つけをする。
⑤間違えた部分を中心に、理解する。
⑥内容を全て、自分のものにするために再構築、記憶をしよう。
⑦設問の意図、解けなかった部分、自分の得意不得意を考えて、もっとも効率的な戦略を考える。
⑧これを次の年に生かす。他の大学にいかす。志望校の決定にいかす。
詳細はこちら→

3.2014年度 教科別 大学受験の勉強法・参考書

英語の勉強法
志望校にうかるための正しい英語の勉強法や参考書の使い方について、一から丁寧に書いています。
「単語ってどう覚えればいいの?」「長文の参考書はどうや手って復習したらいいの?」など、英語の基礎の基礎から勉強法を伝えていこうと思います。
英語の参考書と勉強法へ→

数学の勉強法
大学受験では、数学は時間が掛かり、成績も伸びない!地頭勝負!とよく言われます。
武田塾としてもこれは間違っていないと考えていますが、理系の学問に興味があるなど、そういう人は努力次第で逆転合格が可能です。
入試問題の数学の難易度は様々ですが、自分の志望校の出題レベルを知り、具体的な勉強方法にもとづいてしっかり参考書や問題集を勉強して、志望校に合格してほしいと思います。
数学の参考書と勉強法へ→

現代文の勉強法
現代文で最も大切なことは「解答は根拠を持って答える」です。
断言できるような解答を書くには、常に“根拠”に意識することですが、ではどうしたら“断言”できるような解答を書くことが出来るのでしょうか。
現代文の参考書や問題集の勉強法について参考にしてください。
現代文の参考書と勉強法へ→

古文の勉強法
古文の難しさは、本文を読んでも内容がよくわからないという点が非常に大きいです。
また、古文が解けないと思っている人は非常に多いのですが、訳せなければ読めないと思っている人が非常に多いのが問題です。
苦手な人が多い古文も、勉強法のコツをつかめば劇的に成績をあげることも可能なので、古文の参考書と勉強法でしっかり学んでください。
古文の参考書と勉強法へ→

漢文の勉強法
漢文は、やり方次第で1ヶ月程度で終えることも可能です。
詳細ページでは、漢字の意味、文法問題の選択肢、注釈や選択肢などについて書いています。
漢文があるので志望校をあきらめるなどと考えずに、しっかりと漢文の参考書や問題集で勉強法対策しましょう。
古文の参考書と勉強法へ→

世界史の勉強法
世界史で伸び悩む人の多くは、通史に時間をかけるあまり、やってるそばから前の範囲を忘れていくというケースです。
また、世界史の対策は同じ大学でも学部によって大きく対策が異なります。
詳細ページで世界史の参考書や使い方、勉強法をよく学び、世界史の大学受験対策を万全にしましょう。
世界史の参考書と勉強法へ→

日本史の勉強法
日本史の勉強法概論としては、一つの用語から様々なことを思い出せるようにつなげること。
また、教科書や講義の参考書のように軸が重要なので、自分向けのオリジナルな日本史参考書を作り上げていくことも大切です。
詳細ページの日本史の参考書や大まかな使い方をよく読んで、志望校の問題は一通り解いていくような日本史勉強法を意識してください。
日本史の参考書と勉強法へ→

地理の勉強法
地理を選択できる大学も限られてきますので、しっかり調べた上で受験勉強を始めましょう。
他の科目と比べてその場で考えることが多く、また年々データが変わるデータ集や地図帳の併用は非常に重要なので、地理の参考書の使い方や勉強方法をしっかり調べた上で大学受験勉強を始めましょう。
地理の参考書と勉強法へ→

地学の勉強法
全科目の中でも特に参考書が少ない地学。
範囲が狭いから簡単なんて言われていますが、センター試験や二次試験で地学を受ける人はいるため、センター試験対策は極めて重要です。
地学選択のメリットとデメリット、参考書や勉強方法を詳細ページでまとめています。
地学の参考書と勉強法へ→

倫理・政治経済の勉強法
大学入試センター試験において、倫理・政治経済の試験は、2012年度より始まりました。
基本的には倫理と政治経済の対策をして望めば良いわけですが、実質2012年度以前の大学受験生の2倍の労力がかかるので負担は重くなったと言えます。
政治経済は、歴史と比べると覚える事柄も少なく一見早く終わるように見えますが、実際に問題を解く際になると、用語についての理解も求められ、難易度が一気に上がります。時事問題も一定の割合出るのでやる必要があります。
倫理は以前、理系受験生の社会選択の穴場として利用されてきましたが、現在倫理・政治経済となり、利用できる大学は少なくなって来ています。
それぞれの参考書や使い方、勉強法について、対策を書いていきます。
倫理・政治経済の参考書と勉強法へ→

現代社会の勉強法
現代社会は、勉強量も少なく、一度も勉強したことがない人でも点数を取れてしまう場合も多い科目ですが、8割以上の高得点を狙い場合は急激に学習量が増えます。
出題内容がある程度最新の情報を把握していないと解けない問題もありますので、具体的な勉強法でしっかり対策してください。
現代社会の参考書と勉強法へ→

化学の勉強法
化学は暗記する事が多いため、物理や数学よりは生物に近い理系科目といえ、問題演習を積むことは必須です。
基礎知識の定着は非常に時間がかかるので、参考書だけでなく、資料集で確認するクセをつけましょう。
化学の参考書と勉強法へ→

物理の勉強法
物理はかなり難易度の高いイメージがある科目ですが、勉強方法さえ間違えなければ、満点も狙える科目です。
まずは解ける問題を増やして、是非、得意科目にしましょう。
物理の参考書と勉強法へ→

生物の勉強法
生物は暗記で乗りきれると言われ、文系受験生にも選択される教科ですが、暗記だけの科目ではありません。
実験考察の問題を解く場合には、知識以上に考え方やその場での情報収集能力が問われます。
理系でも選択に悩む所だと思うので、生物の参考書情報や勉強法をよく学んで対策をしましょう。
生物の参考書と勉強法へ→

奇跡の逆転合格カリキュラム

2014年(新課程) 公開!

新課程と旧課程の変更点
数学 / 物理 / 化学 / 生物
カリキュラム_2014_408_150