中央大学|文系学部共通 数学参考書・大学受験対策


【中央大学文系学部共通 英語基本】

■ 対策
■ 基本ルート

【中央大学文系学部共通 英語分野別】

■ 法学部法律学科へ行きたい方
■ 法学部国際企業関係法・政治学科へ行きたい方
■ 経済学部へ行きたい方
■ 商学部へ行きたい方
■ 文学部へ行きたい方


中央大学文系学部共通 基本ルート

中央大学文系学部共通の<数学>の基本ルートです。
こちらの参考書を完璧にすると、中央大学文系学部合格レベルに到達することができます!

 

講義 初めから始める 数学Ⅰ 改訂1
講義 初めから始める 数学A 改訂1
講義 初めから始める 数学Ⅱ改訂1  
講義 初めから始める 数学B 改訂1
問題集 基礎問題精講ⅠA 例題
問題集 基礎問題精講ⅡB 例題
問題集 数学Ⅰ・A 標準問題精講 改訂版
問題集 数学Ⅱ・B 標準問題精講 改訂版

<数学>中央大学文系学部共通 分野別ルート

中央大学文系学部共通の<数学>の分野別ルートです。
基本ルートが終了したら、あなたの志望学部に対応する分野別参考書に取り組みましょう!


法学部法律学科へ行きたい方


法学部法律学科数学の基本情報
試験時間筆記60分、配点:4教科型…100/450点
            3教科型…100/350点

大問の構成
COMING SOON
傾向
例年3題で、すべて記述式である。問題と解答用紙は別であり、解答欄のスペースは必ずしも十分でないため、簡潔に要領よく思考過程を伝えることができるような記述が要求される。また、計算力を要する内容が目立つ。例年図示問題が1題必ず出題される。時間的余裕はないとみられる。
出題範囲は「数学ⅠAⅡB(数列・ベクトル)」である。出題内容は教科書のみでは対応できないものも多い。各問題は1分野の内容にとどまらず、総合的な数学の知識を必要とする問題と少々煩雑な計算力を要する問題で構成され、数学的センスが要求される。関数、微積分法、図形と方程式、三角関数が頻出分野であるが、融合されることも多い。文科系の入試としては高レベルな部類に属するといえよう。

数学の参考書一覧はこちらTOPへ戻る




法学部国際企業関係法・政治学科へ行きたい方


法学部国際企業関係法・政治学科数学の基本情報
試験時間筆記60分、配点:4教科型…国際企業関係法学科:100/500点
政治学科…100/450点
3教科型…国際企業関係法学科:100/400点
政治学科…100/350点

大問の構成
COMING SOON
傾向
例年3題で、すべて記述式である。解答欄のスペースは必ずしも十分でないため、簡潔に要領よく思考過程を伝えることができるような記述が要求される。図示問題がよく出題される。試験時間の割に出題量が多い傾向がある。
出題範囲は「数学ⅠAⅡB(数列・ベクトル)」である。図形的なセンスを求められるものが多い。過去には証明問題も出題されており、今後も注意が必要である。頻出分野は、微積分法、図形と方程式、三角関数、数列である。基本的で標準的な問題が多いが、総合力と計算力が要求され、また内容的にも高度な問題が含まれる場合がある。教科書だけでは問題量が不足する。各自に合った参考書や問題集で学力を高めたい。重要な定理や公式は正しく理解し、臨機応変に使えるように練習しておくこと。

数学の参考書一覧はこちらTOPへ戻る




経済学部へ行きたい方


経済学部数学の基本情報
試験時間筆記60分、配点100/350

大問の構成
COMING SOON

傾向
大問3題で、例年、1題が答えのみを記す小問集合問題、残り2題は解答過程も示す記述問題となっている。記述問題の中には、証明問題、図示問題が出題されることもある。
出題範囲は「数学ⅠAⅡB(数列・ベクトル)」である。経済を題材にした問題が出題されることもあるので注意したい。小問集合の問題で基礎的な内容が、記述式の問題で標準的な内容が問われている。公式や定理を生かす計算力を身につけて、少々長い計算でもミスのないようにしておきたい。正確かつ迅速な計算力の養成が必要である。教科書の章末問題レベルが自力で解けるよう練習を積んでおきたい。年度によっては、証明・図示問題や誘導的設問の長文問題も出題されているので要注意。

数学の参考書一覧はこちらTOPへ戻る




商学部へ行きたい方


商学部数学の基本情報
試験時間筆記60分、配点100/350

大問の構成
COMING SOON
傾向
例年4題の出題で、すべて記述式である。2~4程度の小問に分かれて段階的に問われることが多い。
 出題範囲は「数学ⅠAⅡB(数学・ベクトル)」である。図示・証明問題は頻出である。よく出題される項目は、図形と方程式、確率、微積分法、数列、2次関数などである。数と式、2次関数、三角比、確率、数列、図形と方程式は知識・考え方・計算方法など全分野の基礎となるので、十分に学習しておきたい。標準的な内容・難易度の問題が出題されている。教科書の章末問題程度の問題は確実に解ける学力を身につけることが望まれる。また、普段から記述式の答案作成を意識した十分な練習が必要である。

数学の参考書一覧はこちらTOPへ戻る



文学部へ行きたい方


文学部数学の基本情報
試験時間筆記60分、配点100/350

大問の構成
COMING SOON

傾向
大問3題の出題で、すべて記述式である。証明問題が必ず出題される。問題と解答用紙は別であり、解答欄のスペースは必ずしも十分でないため、簡潔に要領よく思考過程を伝えることができるような記述が要求される。
出題範囲は「数学ⅠAⅡB(数列・ベクトル)」である。頻出分野は、微積分法、数列、図形と方程式、確率である。微積分法を中心に全般的に準備を怠らないことが大切である。教科書レベルの問題をしっかりマスターできていれば十分に対応できる。すべて記述式なので、公式や定理、考え方のポイント、作図の利用など、要点を押さえたコンパクトな答案を作る練習が必要である。また、正確かつ迅速な計算力の養成を心掛けたい。

数学の参考書一覧はこちらTOPへ戻る



逆転合格.com トップページへ