日本史|センター試験対策・勉強法

※各教科の勉強法が記載されておりますが、更に詳しく知りたい方、個別に相談したい方は武田塾の無料受験相談にお気軽にお問い合わせ下さい。

センター試験のための日本史 勉強法・参考書

「一般試験へ向けた日本史の勉強はしているけど、センター試験へ向けて何をすればいいの?」 こんな悩みをよく聞きます。 最終目標は、一般試験で志望校に合格すること。 でもセンター利用で狙える大学は狙っておきたい・・・。 そんなあなたのために、 今からセンター試験で点数をとるために必要な参考書・勉強法を書いていこうと思います。 正しい勉強法で、一般試験もセンター試験もモノにしてしまおう!
 
●日本史のセンター試験 心得 TOPICS

 
●センター試験 日本史の参考書一覧

 
センター試験対策その他の科目はこちらから!

★さらに詳しい日本史の勉強法・参考書情報はこちらから!

センター試験 日本史の心得・勉強法

1. センター試験で日本史6割突破するための勉強法

日本史はまず、通史を最低限の量を仕上げ、センター試験の過去問のやりこみに入っていくことが重要です。
日本史は1つの国の話である分、大筋の流れ自体の理解はしやすいですが、その分知識が細かいため、紛らわしいものが多くなります。
そのため、まずは用語を頭に入れ、実際の問題に挑んで問題に出た形で整理しなおす必要があります。
通史を一通り入れてそれなりに演習を積むだけでも6割まではいきます。
ここから、さらに点数を取っていくために年号もやっておきましょう。

2. センター試験で日本史8割突破するための勉強法

日本史のポイントは「キーワードのつながりを意識して覚える」です。
センターの日本史では人物と出来事の正しい組み合わせを選ぶ問題や年代順に並べ替える問題がよく出題されます。
こういった問題に対応するには「ちゃんとした暗記」をする必要があります。
これについては地学・生物の6割の壁にも書いてあるので、興味がある人はそちらも読んでください。

1つ1つの単語を覚えていても、それを関連付けていなければ点数にはなりません。
せっかく覚えた知識が使えないということにならないように覚え方をもう一度見直してみましょう。
日本史で高得点を取るためには正誤問題と年号対策が必須です。
これらはただ答えを覚えて終わりにはせず、正解以外の選択肢もしっかり復習して、知識を完成させていってください。

3. センター試験と一般入試の違い(日本史編)

今回は社会です。
社会の場合も記述や論述が増えるのはもちろんなのですが、大学や学部ごとに大きく傾向が変わるという違いがあります。


文化史がメイン
正誤問題がメイン
地図問題がメイン
大問の選択肢がすべてまとめて出てくる(慶応法)
史料問題がメイン(日本史)
年号問題がメイン
出題される時代が限定される(東京外語大の世界史など)
教科書から明らかに逸脱したレベルが聞かれる(一橋地理)

などなど自分の志望校の傾向をちゃんと調べておかないと大変なことになります。
基礎レベルが終わったらまずは過去問を見てみて、自分が何の学習を重視するのかをしっかり調べた上でさらに学習を進めていきましょう。

使用する日本史の参考書と大まかな勉強法

①30日完成スピードマスター日本史問題集日本史B30日完成スピードマスター日本史問題集日本史B
穴埋め部分のみ。全ての問題が記述できるように。口頭でのテストが基本。自信が無い問題は記述させる。

ペース 30テーマ: 1日2テーマ、週8テーマ ⇒ 22.5日


②センター試験過去問本試センター試験過去問本試
目標は85%から90%くらいに設定し、解いていくのであるが、解きっぱなしにせずに必ず復習の時間を設けて「間違えた問題」「正解したが自信がない問題」はテキスト(石川実況中継や金谷の「なぜ」と「流れ」シリーズなど)に戻って確認し、インプットのやり直しをおこなってもらいたい。常に「各時代のどの部分が得意か?又は不得意か?」を意識して演習・復習に取り組んでもらいたい。

ペース 15題: 1日2題、週7題 ⇒ 35日


③マーク式総合問題集 日本史B 2015年 (河合塾シリーズ)マーク式総合問題集 日本史B 2015年 (河合塾シリーズ)
河合の模試の過去問をまとめた問題集。難易度はセンター試験の標準的な難易度に近いため、過去問が一通り終わったらまず最初に解いておきたい。
使い方はセンター試験の過去問と同じでよいが、過去問の後にやるため、過去問でやったことができているようになっているかを確認しながら解いていこう。
ペース 1日1回分、週4回分


④平成27年用 センター試験 実戦模試 (9)日本史B平成27年用 センター試験 実戦模試 (9)日本史B
Z会の模試に加え、予想問題が1回分入っている問題集。センター向けの中でも難易度は高めで仕上げに使いたい。
解説もかなり詳しいが、ある程度点数が取れる状態まで仕上げておかないと使いこなせない可能性が高い。
基礎知識はきっちり終えたうえで入るようにしよう。
この問題集に入る時点で、点数が7〜8割程度取れていないようであれば、ここまでにやった参考書に戻って仕上げなおしたほうがよい。
ペース 1日1回分、週4回分


⑤元祖日本史の年代暗記法元祖日本史の年代暗記法
右側ページを確認したうえで年号を覚える。関連事項も確認すること。

ペース 194ページ: 1日10ページ、週40ページ ⇒ 30日

センター試験対策その他の科目はこちらから!

★さらに詳しい日本史の勉強法・参考書情報はこちらから!

カリキュラム_2014_408_150

これだけでは不安、もっと詳しい話が聞きたい!という方は直接お問い合わせください!
「資料請求はこちら」バナー2

資料請求はこちら