数学|センター試験対策・勉強法

※各教科の勉強法が記載されておりますが、更に詳しく知りたい方、個別に相談したい方は武田塾の無料受験相談にお気軽にお問い合わせ下さい。

センター試験のための数学 勉強法・参考書

「一般試験へ向けた数学の勉強はしているけど、センター試験へ向けて何をすればいいの?」 こんな悩みをよく聞きます。最終目標は、一般試験で志望校に合格すること。 でもセンター利用で狙える大学は狙っておきたい・・・。
そんなあなたのために、 今からセンター試験で点数をとるために必要な参考書・勉強法を書いていこうと思います。正しい勉強法で、一般試験もセンター試験もモノにしてしまおう!

 

●数学のセンター試験 心得 TOPICS

 
●センター試験 数学の参考書一覧

 
センター試験対策その他の科目はこちらから!

★さらに詳しい数学の勉強法・参考書情報はこちらから!

センター試験 数学の心得・勉強法

1. センター試験で数学6割突破するための勉強法

センター試験の壁~数学6割の壁~

 

数学の場合、点数が取れない理由というのはある程度はっきりしています。
1.公式などの基礎知識を覚えていない
2.知識はあるが解くのが遅い、ミスが多い
3.極端に苦手な分野がある
4.過去問や実戦問題集などセンター向けの演習をこなしていない。
 
などが考えられます。
1に当てはまる人はまず覚える以外にありません。
センターでは公式レベルの知識は覚えていて当然、早く解けて当然にしていなければ問題外です。
 
2の場合、センターの演習量が足りていないというのもあるのですが、何よりも反復練習が足りていない可能性が高いです。
センター数学の高得点のカギは「解ける問題をどれだけ短い時間で解けるか」ということに尽きます。
各大問の前半の部分はさほど分岐はありません。
大抵同じ形式で聞かれたことのある問題ばかりです。
だから、しっかり解き方を覚えていればかなり早い時間で終えることができます。
時間制限にかなり無茶がある教科である以上、どこで削るかというのは大きな課題です。
また、早く解けても計算ミスやケアレスミスをするようではだめです。
ミスを減らすにはミスしたことをしっかり覚えておき、繰り返さないようにすることが大事です。
間違えた経験を本番までに活かせるようにできるかが課題ですね。
 
3つめです。
これは当てはまる人が多いのではないかと思います。
特に確率や数列、ベクトルなどは苦手な人が多いです。
苦手な分野がある時点でセンター数学ではかなり不利です。
なぜかといえば確実に毎年出るからです。
普段取れてる範囲でも本番で解けなくなる可能性はあります。
そんなときに確実に落とす部分があればそれだけでアウトです。
仮に完答ができなくても各大問で8割は稼げるようにしておきましょう。
 
4つ目は記述式の解き方に慣れてしまっていてセンター用の省略した解き方ができていない、決まった分野が出るセンターの形式に慣れていないなどが考えられます。
要は準備不足ですね。
ただ、これだけが原因の場合は慣れれば取れるようになるのでしっかり練習をしておきましょう。
 
4つの要素を一言でいえば「当たり前のことをちゃんとこなせていない」ということに尽きます。
なんとなくしかこなせていなければセンターでは点数は取れません。
これは反復練習で磨かれるものです。
現時点で上に当てはまることがある人はすぐに解決しましょう。

2. センター試験で数学8割突破するための勉強法

センター試験の壁~数学8割の壁~

数学の場合、8割を取るには満点を取れる実力が無いと難しいです。
満点を取れる人がミスをしたり時間が無くなったりで取れる点数です。
逆に言えば、現時点で8割が取れていれば満点まではそれほど遠くないとも言えます。
 
6割が取れている人であれば各大問の前半部分と1つの大問が最後まで取れるといった程度だと思います。
ここから点数を上げるためには大問を完答する必要があります。
そのためにはどうすればいいのでしょうか?
 
重要なのは基礎を完璧にすることです。
どう完璧にするのかというと「公式が何を求めるために使えるのか」と「この問題はどういう手順で解けるのか」ということをしっかりと理解する必要があります。
センターの数学の場合、聞かれることがある程度パターン化されているという話は以前にもしていますが、各大問の最後の問題は暗記だけでは解けない問題もあります。
その場合、何を求めなくてはいけなくて、それはどうやって求められるのかをしっかり理解している必要があります。
使いどころを間違えずに公式を使いこなす。
これがしっかりできればセンターレベルの問題は楽に解けます。
 
ではどのようにしてこれをできるようにするのかというのが問題ですが、やはりセンターの過去問や実戦問題集をやるのがいいです。
ただし、やり方を変えて1日で1つの大問を通しで全部やってください。
今日は1Aの第1問、明日は第2問といった形で大問を通してやると、どういったことが聞かれるのかより分かりやすくなります。
まだあと1週間以上あるので毎日大問を1つずつでもセンターまでに全範囲ができます。
ぜひやってみてください。

3. センター試験と一般入試の違い(数学編)

理系科目はセンター試験と一般入試でかなり大きく違うので、しっかり調べていきましょう。
 

★センター試験と一般入試の違い★
1.センター試験ではⅠAとⅡBの試験を別科目として行う。
2.センター試験では大問ごとに出る範囲が決まっている。
3.一般入試でしか出ない問題がある(小問集合、融合問題、証明問題など)。
4.一般入試は問題数が少ないので、一問の配点が大きい。
 
この辺りが大きく違う点です。
センター試験の数学はかなり難易度が高いです。
大学の一般入試と比較すると、MARCHレベルとほぼ変わりません。
さらに問題数も多く、時間制限も厳しいのでしっかり練習を積まないと時間切れになるでしょう。
 
ただ、理系の場合はⅢCをやらなくて済むという点で非常に楽です。
センター利用の場合は代わりに国語が入ることが多いのですが、ⅢCと比べればかなり楽です。
とはいえ、理系の道に進むのであればⅢCができないと後々大変な目にあいます。ですのでどの道やることになるでしょうが、数学が苦手な人でも受験で合格できる可能性を持てるという点ではセンター利用入試は大きな助けになる人もいると思います。
 
センター試験で点数を取りたい人はセンター向けの問題集を必ずやりましょう。
過去問や実戦問題集でかまいません。
センターしか受けない人はルートの通り短期攻略をやるといいです。
一般入試も考える人は基礎問題精講をオススメします。

使用する数学の参考書と大まかな勉強法

①数学IA基礎問題精講四訂版数学IA基礎問題精講四訂版
例題を一通り解き、できなかった問題の解説を読んで解き直しをする。全ての問題を記述で解けるようにする。わからないことがあれば初めから始める数学を使って確認するように。ただ答えを覚えるだけの意味の無い学習にならないよう、「なぜそうなるのか」をしっかり理解する。

ペース 135題: 1日10題、週40題 ⇒ 21日


②数学IIB基礎問題精講四訂版数学IIB基礎問題精講四訂版
例題を一通り解き、できなかった問題の解説を読んで解き直しをする。全ての問題を記述で解けるようにする。わからないことがあれば初めから始める数学を使って確認するように。ただ答えを覚えるだけの意味の無い学習にならないよう、「なぜそうなるのか」をしっかり理解する。

ペース 167題: 1日10題、40題 ⇒ 26日


③センター試験必勝マニュアル数学1A 2015年受験用―新課程版センター試験必勝マニュアル数学1A 2015年受験用―新課程版
センターの数学に特化した解き方を学習するための参考書。
各問題へのアプローチの仕方も書いてあるので、ただ答えが当たるだけでなく、なぜそうなるかもしっかり意識してやるようにしておく。
ペース 1日1テーマ、週4テーマ


④センター試験必勝マニュアル数学2B 2015年受験用―新課程版センター試験必勝マニュアル数学2B 2015年受験用―新課程版
センター試験必勝マニュアルで学習した内容を実践するための参考書。
役割としてはセンター試験の過去問と変わりないが、必勝マニュアルと同じ説明なので、やったことの確認がしやすくなっている。
完全にマスターすれば満点が狙える力がつくので、完璧にしておきたい。
ペース 1日1テーマ、週4テーマ


⑤センター試験必勝トレーニング数学IAセンター試験必勝トレーニング数学IA
センターの数学に特化した解き方を学習するための参考書。
各問題へのアプローチの仕方も書いてあるので、ただ答えが当たるだけでなく、なぜそうなるかもしっかり意識してやるようにしておく。
ペース 1日1テーマ、週4テーマ


⑥センター試験必勝トレーニング数学IIBセンター試験必勝トレーニング数学IIB
センター試験必勝マニュアルで学習した内容を実践するための参考書。
役割としてはセンター試験の過去問と変わりないが、必勝マニュアルと同じ説明なので、やったことの確認がしやすくなっている。
完全にマスターすれば満点が狙える力がつくので、完璧にしておきたい。
ペース 1日1テーマ、週4テーマ


⑦マーク式総合問題集 数学I・A (河合塾シリーズ)マーク式総合問題集 数学I・A (河合塾シリーズ)
マーク模試の過去問やその改題を集めた問題集。
河合の模試の過去問をまとめた問題集。難易度はセンター試験の標準的な難易度に近いため、過去問が一通り終わったらまず最初に解いておきたい。
使い方はセンター試験の過去問と同じでよいが、過去問の後にやるため、過去問でやったことができているようになっているかを確認しながら解いていこう。
新課程対応になっているため、新課程受験者が使用しても問題ない。
ペース 1日1回分、週4回分


⑧マーク式総合問題集数学2・B (河合塾シリーズ)マーク式総合問題集数学2・B (河合塾シリーズ)
マーク模試の過去問やその改題を集めた問題集。
河合の模試の過去問をまとめた問題集。難易度はセンター試験の標準的な難易度に近いため、過去問が一通り終わったらまず最初に解いておきたい。
使い方はセンター試験の過去問と同じでよいが、過去問の後にやるため、過去問でやったことができているようになっているかを確認しながら解いていこう。
新課程対応になっているため、新課程受験者が使用しても問題ない。
ペース 1日1回分、週4回分


⑨平成27年用 センター試験 実戦模試 (2)数学I・A平成27年用 センター試験 実戦模試 (2)数学I・A
Z会の模試に加え、予想問題が1回分入っている問題集。センター向けの中でも難易度は高めで仕上げに使いたい。
解説もかなり詳しいが、ある程度点数が取れる状態まで仕上げておかないと使いこなせない可能性が高い。
ここまでに時間内で7割程度が取れていない状況であれば、これまでの参考を仕上げたうえで解いたほうがよい。
新課程対応になっているため、新課程受験者が使用しても問題ない。
ペース 1日1回分、週4回分


⑩平成27年用 センター試験 実戦模試 (3)数学II・B成27年用 センター試験 実戦模試 (3)数学II・B
Z会の模試に加え、予想問題が1回分入っている問題集。センター向けの中でも難易度は高めで仕上げに使いたい。
解説もかなり詳しいが、ある程度点数が取れる状態まで仕上げておかないと使いこなせない可能性が高い。
ここまでに時間内で7割程度が取れていない状況であれば、これまでの参考を仕上げたうえで解いたほうがよい。
新課程対応になっているため、新課程受験者が使用しても問題ない。
ペース 1日1回分、週4回分

センター試験対策その他の科目はこちらから!

★さらに詳しい数学の勉強法・参考書情報はこちらから!

カリキュラム_2014_408_150

これだけでは不安、もっと詳しい話が聞きたい!という方は直接お問い合わせください!
「資料請求はこちら」バナー2

資料請求はこちら