浪人時代は何を考えてた?

相談メール

では先生(達)は浪人時代毎日どういうことを考えて過ごしていましたか?

予備校に行ったりする中で成績が上がらなかった時など

 

【お返事】

メールありがとうございます。ではまず私が考えていたことを書きますね。

まず、予備校の授業についていけなかったこと、映像の授業だったのでさぼりたい放題で管理がなく、管理されたいと強く思ったこと、勉強をしたいんだけれどもなぜか勉強ができなくて、勉強ができればどれだけ楽かと思ったことなど、かなり苦しい浪人生活を送りました。

自分の夢も「教えることが好きだ」「なにか大きなことがしたい」「政治家になりたい」などとは考えていましたが、こんなE判定の自分にそんなことができるのか、このまま大学なんか行けないんじゃないか、むしろ大学になぜ行くのであろうかって本当に悩みました。

最終的には大学に行かない勇気はなかったので、追い込まれた私はなんとか参考書の勉強方法に切り替えて学習院にうかりましたが、なんで早い段階でこの勉強方法をしなかったのだろう、なぜ予備校は教えてくれなかったのだろうかと非常に疑問でした。

あまりに疑問に思った私は、大学合格直後、若干信じられない、行動に出ます。私の通っていた予備校の校舎責任者に

「なぜひとつのテキストを完璧にさせないのか?そのほうが成績が上がるじゃないか!どんどん先に進ませることに意味があるのか?たとえばみんな英文法の授業を受けているのに、大半の生徒がセンター試験やマーク模試の英文法の問題で半分ぐらい間違える生徒がいる。文法のテキストさえ完璧になればこんなことはまず起きないはずだ。なぜどんどん先に進ませ、たくさんの講座を取らせるんですか?」

と聞きに行ったことがあります。むしろ、詰めよったというのが正しい表現かもしれませんが。笑

すると返ってきた答えは非常にあいまいで、私が納得のいくようなものではありませんでした。

浪人時代はなにか「もやもや」していて、納得できず、なんというか、よくわからない時期でした。今考えれば、何か自分は間違ったことをやっているんじゃないか、正しいことをやって、前に進んでいるという実感がなく、かといってどうしたらいいかわからない、なんともぼ妙な時期を過ごしていました。

やることもないので、とりあえずひたすら予備校の授業をうけるしかないですよね。でもなにか伸びた実感がない。身についた感触がない。でも、授業は面白いし何か最後まででないといけないような気がしてでる。みんなそうしているからする。

そんな時代が浪人時代でした。そういう体験が私の起業、塾設立の原点であり、原動力です。そういう想いを二度と他の生徒にしてほしくないという気持ちからこのブログを書いています。

このメールをくれたあなたは毎日どんなことを考えていますか?納得のいく、充実した毎日を過ごしていますか?

よかったら教えてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>