ビジュアル英文解釈の使い方は?

【相談メール】
ビジュアル英文解釈の具体的な使い方教えてください!

やり方やどの程度までやれば完璧とよべるのか

など教えてください

 

【お返事】
基本的に構文解釈の参考書をやる方法と同じです。訳すことができるか?ポイントが言えるか?この2点が英文解釈参考書の重要点です。
しかしあの参考書は復習がしづらいため、「完璧になったか?」「覚えたか?」を判定するのが難しいです。
そのため、3~5周読んで繰り返すという方法が現実的な選択肢な気がします。
問題などがついていれば「覚えているか?忘れているか?」がはっきりしてやりやすいのですが、そういう英文解釈の参考書ではないので、できるだけポイントを拾おうと努力しつつ、何周も通読するしかないでしょう。
がんばってください。

大学受験の英語の勉強法はこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>