物理の授業についていけない!

【相談メール】 はじめまして。 ブログのほう拝見させてもらいました。 悩みなんですが 物理が伸び悩んでいます。 東進で「やまぐち健一」先生の授業を受けているのですが 応用問題となると 手も足も出なくなります。 今の時期からだと 間に合わなさそうなので ものすごく焦っています。 アドバイスよろしくお願いします。 【お返事】 やまぐち先生の授業を受けているんですか。あの先生、おもしろくて私は大好きですけどね。 書かれている参考書とかひとりだけおかしいですよね。笑 それはさておき、まず、やまぐち先生の授業のテキストに掲載されている問題は完璧にしましたか? そこがまず心配です。また、まだアップはしていませんが、物理の基本ルートは以下のとおりです。  

第一段階
[問題集]大学入試 漆原晃の 物理I・II[力学・熱力学編]が面白いほどわかる本
[問題集]大学入試 漆原晃の 物理I・II[電磁気編]が面白いほどわかる本
[問題集]大学入試 漆原晃の 物理I・II[波動・原子編]が面白いほどわかる本
[問題集]漆原晃の物理 物理I・II 明快解法講座

 

第二段階
[問題集]物理 入試の核心 標準編 100題

 

第三段階
[問題集]漆原晃の物理 物理I・II 応用実践講座

やまぐち先生の授業内容はこのどの段階の授業でしょうか? さらに 1応用問題はそのテキストに掲載されているだけ(授業の解説がない)の問題が理解できない 2テキストに掲載されていない他の問題集などで手がつけられない 3授業で普通の問題の解説なら理解できるが、応用問題の授業内容だと理解できないのか によって対処方法はかわります。 1なら、まずはその応用問題を無視して、標準的な問題を身につけましょう。2も同様です。 3なら授業のレベルがあっていない、その授業内容に無理があるということになります。その場合は間に合う間に合わないなどを考えずに、参考書でやるしかないでしょう。 理解ができないものを続けていてもどうしようもないですからね。 私はやまぐち先生はいい先生だと思います。しかし、予備校のシステム、テキストに無理があったら結局、いい先生でも成績は伸ばすことはできないのです。 先日も基本ルートの参考書の著者で、某有名講師とお食事をしてきたのですが、 「できない生徒とできる生徒がおなじ授業時間なんだからうからせるのは難しい。でも、予備校は大切なお客様だから大切にしてくれと言う。」 「講習講座をとにかくとらせないといけないが、いらない生徒もいるのに、そのあたりが残念だ」 など、かなりぶっちゃげた話をしてくれました。そういう話を聞くと、やはり予備校の先生は熱意をもったいいかたがたくさんおられるなと思います。しかし、テキストの内容や授業の進み方などはどうしても逆転が不可能なシステムです。 疑問に思ったり、自分には合わないと思ったらすぐに参考書に切り替えましょう。間に合わないと思うかもしれませんが、そのまま続けて伸びそうなのですか?実際、その授業で伸びたのですか?よく考えてみてくださいね。 では勉強頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>