【厳選記事!】模試の復習方法 その3

3、覚えるべき知識は「○×に持ち込めるように」工夫せよ!

模試で間違えた部分を「しまった!」と思ったとしても、それだけで覚えるかはわかりません。
そして単語帳を何周も何周もしなければ覚えられないように、模試で間違えた知識も何度も覚えなければ覚えることはできません。
かといって、単語帳のように模試の解答解説を何周も何周もするのは大変です。
そのため、間違えた単語を別紙にまとめるのと同じ要領で、なにか紙やカードなどに間違えた知識をまとめましょう。
その際、間違えた知識とその内容が片方を隠して言えるようにするのが大切です。
単語のスペルと訳をカードの表と裏にすることや、紙で隠せるようにルーズリーフの右と左に分けて書くなど、
「この知識を覚えたか確認できる」ようにまとめるのがポイントです。
そのことを私は「○×に持ち込めるように」と言っています。
そうでないと、あとで覚えたか覚えてないかが確認できず、なんとなく眺めて終わってしまうことが多いのです。
間違えた知識は、カードでもルーズリーフでもいいので「○×に持ち込めるように」工夫しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>