【厳選記事!】模試の復習方法 その1

模試の復習方法は難しいですよね。
教科によっても異なりますし、レベルによっても異なるのですが、書けるだけ書いていきますね。

1、正解率は60%を超えているか?超えていなければ復習はまだでいい!
模試は「アウトプットの場」です。英単語帳を一冊完璧にしたとしても、掲載されている単語がいざ長文中に出てくるとわからなかったりしますよね。
「ちゃんと今までつけた知識がアウトプットできるのか?」が重要です。そのため、得点が60%を超えていれば「ある程度アウトプットできて、アウトプットできなかった部分を中心に復習をしよう!」ということになりますが、
60%未満でしたら「アウトプットできなかったというより、圧倒的にインプットが足りない!」という状況だと思うのです。
そのため、模試の復習は本当に簡単に済ませ、早いところ自分の課題を進めたほうが成績の上昇につながると思います。
ネクステージを極めれば、模試の文法問題が10問出て、6問以上は正解すると思います。その場合は、解けなかった4問を確認し、「あーこれはネクステでやったよ!」とか「問題にはなってないけど、右側の部分にまとまってたやつだ!しまった!」なんてことができて効果的です。
ネクステが中途半端にやっていて、模試の文法問題が半分も当たっていない状況でしたら復習したところで「こんな知識があるんだー」
というぐらいにしか思えず、しかも模試では体系的に吸収することは難しいため、そんな生徒は模試の復習なんかより、一刻も早くネクステージを極めたほうがいいわけです。
ネクステージを極めたうえで、改めて問題を見るほうが効果的だと思います。

これは英語や文法問題だけでなく、すべての教科に言えると思います。

数学も計算ミスや、知っている知識がアウトプットできずに60%とれなければ模試の復習の意味もありますが、軸となる参考書がそのレベルまで完成しておらず、インプット不足によって、模試の問題の解答解説を見ても「こんなのあるんだ~」としか思えないのであれば、体系的に網羅している1対1なり、標準問題精講なり、センター短期攻略なりの問題集を全問正解にすることが先決です。

あるレベルまで知識を網羅系参考書(軸となる参考書)によってインプット→模試や過去問演習でアウトプット!

というのが勉強の基本的な流れですから、インプットが弱いなら模試の復習よりも優先順位は高いです。

「模試の復習は大切だ!」とよく言われますが、全員が全員、すべきものではないと私は思います。気を付けてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>