【コメントお返事】倫理の参考書、良い物ない?

こんにちは。武田塾教務 田崎です。
ブログのコメントが溜まっているので少しずつ、お返ししていきますね。
どうしてもすぐにお返事が欲しい方は、無料受験相談にお申し込み下さい!

無料で受験に関するお悩みを解決しちゃいましょう!!

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
【お名前】
ぷっか
【コメント】
陰山のセンター倫理のデザイン(マーカーが引いてあるような色付けなど)が自分には合わないのですが、他に代用できる参考書などありますでしょうか

【お返事】
コメント、ありがとうございます!
センター試験 倫理の点数が面白いほどとれる本』はどうでしょうか?

ここでワンポイントアドバイスです!
講義系の参考書にこだわりすぎず、用語を覚えることに専念しましょう。

倫理は哲学・思想を主に扱っていますが、これって様々な解釈が生まれると思いません?
センター試験で答えが割れたり、答えが選択肢に無いという可能性も出てきてしまいますよね。
そのため極端な話、「この人はこの思想!」と決まりきったものを正解にするしかないんです。
1問1答レベルの知識でも何とかなるのがセンター倫理の特徴です。
持っている参考書を見ながらセンター倫理が何点取れるか試しに解いてみて下さい。
9割は軽く取れると思います。本当ですよ。笑。
もしその実証が済んだならあとはその参考書を完璧にするだけです。

注意して欲しい点は、倫理に時間をかけ過ぎないということです。
高得点が安定して短期間で取れるようになるのが倫理の最大の強みですので!

ちなみに私も倫理でしたが、世界史の知識が倫理で使えたり逆もしかりで
勉強して楽しい科目でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>