学習院の英語

昨日は湘南台に用事があっていってきました。
湘南台はSFC受験者なら知ってますよね。
SFC生はみんな湘南台の周りに一人暮らしをしていて、みんな自由に生きている感じですごくたのしそうです。
SFC志望者がんばれ!

ということで、今日は学習院の英語についてです。笑

■相談■

学習院の英語ってどんなかんじですか?

■お返事■
学習院の英語は一言で言って「基本的な問題」といえます。
MARCHのなかでも難しい問題が出たりしますが、学習院の問題は手が出ない!というような問題は出ません。ある程度はみんな解けそうな感じがします。でも、合格者と不合格者の差がどこかででるはずですよね。

そこはどこかと言ったら「基本的な事項をしっかりと覚えているか?」の一言に尽きるとおもいます。

文法問題も見たことのある知識なんだけど、うろ覚えの人はできません。
英文の内容も和訳も、基本的な内容だけど、しっかりと読めなければできません。

そのため、どの大学もそうなのですが、学習院は特に

「単語、熟語、文法。構文解釈の問題集(テキスト)をしっかりと完璧にする」
「難しい英文には手を出さず、標準的な問題をしっかりと演習する」

ことが大切になります。

さらに具体的に言うと、
1、単語、熟語、文法をしっかり復習する
2、構文解釈(下線部和訳の勉強)をしっかりする。
3、センターレベルを読む
4、日東駒専~明治学院レベルの英文を読む
5、学習院の過去問をやる

という段階を踏めば誰でもできるようになります。
(2以降の段階になっても、1の参考書、テキストはしっかりと復習してくださいね。)

これが学習院対策なのですが、正直、この方法をしっかりやればMARCHもいけますし、その先に早慶があります。

参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>