ナビゲーター一カ月で終わるってホント?

【名前】
あゆむ

【学年】
高校3年生

【志望大学】
第一志望→明治大学
第二志望→立教大学
第三志望→中央大学

【出身校のレベル】
全校約320人中
東大→0人
早稲田→3人
慶応→1人
明治→5人

【予備校】
通ってません

【模試情報】
進研模試のセンター試験早期対策模試(マーク)
国語→60,7
英語→47,6
世界史→57,5

【今まで学習した参考書】
英語→ターゲット1900(途中)、よく分かる英文法問題集(途中)

現代文→特に勉強してません

古文→望月の実況中継上、ステップアップノート(途中)、ゴロ565

世界史→ナビゲーター世界史B(途中)

【1日の勉強時間】
3時間~5時間

【相談したいこと】
ナビゲーターの進め方について
ブログの参考書院で、ナビゲーターは1ヵ月あれば4巻終わると言っていましたが、
どのように進めればよいのでしょうか?
ぜひ伝授してください!!
お願いします!!

武田塾はブログで知りました。
とても良いことが書いてあるので、参考にさせていただいてます!
実は参考書の進め方も武田塾の基本ルートを参考にしてます♪
できることなら武田塾に通いたいのですが、経済的な面もあるので通えません(泣)

今後も拝見させていただきます♪

【お返事】

参考書院を見てくれたんですね。たしかに、慶應大仏が武田塾に通っていた時、ナビゲーター世界史の3巻を1週間で仕上げ、テストをしたら全問正解だったときがあります。
ですから、その時の気合を出せば、1週間で1巻終わりますから、1か月で4巻終わります。

ちなみに余談ですが、うちの教務主任の中森は受験生の時、4巻を1週間で終えていたような気がします。本気を出せば中森なら1日でできるかもしれませんね。
さて、中森は特殊だとしても、慶應大仏は、こう言ってはなんですが、凡人です(笑)。(中森の特殊能力に関しては「予備校に行っている人は読まないでください」参照。)

慶應大仏は努力の男なので、特殊能力があるわけでもなく、ただひたすらナビゲーターに集中し、教科別勉強方法に書かれている英単語の覚え方を応用した「一冊を完璧にする方法」を愚直にやっただけだと思います。
また、やはり私が直接管理していたんですが、そのとき、「終わらなかったらどうする?」的なプレッシャーをかなりかけたと思います。また、ゲーム感覚でほかの生徒とも勝負させました。いまさら宿題を出し、まさかのいまさら連絡帳をつけ、宿題をしっかり覚えているかテストがあると人間頑張れるものです。
方法はただ「一冊を完璧に」しただけ。それだけなんです。

武田塾の生徒は高校3年間でまったく何も身につかなかった生徒にも関わらず、1か月で単語2000語、熟語1000語、文法事項1000個の合計4000個の知識を覚えたりします。「俺の三年間はなんだったんだろう」という生徒がたくさんいます。

ホントに勉強というのはやり方一つ、環境一つで劇的に変わります。
みんなは勉強方法を間違えているだけなんです。では、正しい勉強方法というのは何か、そんな1か月で4000個覚えたり、ナビゲーターが4巻終わるような方法ってどんな方法なんだっていわれるんですけど、まじ当たり前のことを当たり前にしっかりやることなんです。
まずは1章を完璧に、その次に5章完璧にとだんだん広げていってください。すべてはそこから始まります。
このメールはブログでも紹介するので、慶應大仏もきっとアドバイスをコメント欄にしたり、アメーバブログの方できっと何か書いてくれると思います。そちらも参考にしてくださいね。
もう6月なのによくわかる英文法が途中なのは遅いですよ!早めに終わらせてくださいね。
明治に受かったら、お茶の水で会いましょう。では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>