早稲田の政経受かる?

【名前】カルボナーラ

【学年】1浪

【志望校】早稲田 政経

【出身校レベル】
現浪合わせて
関学27 早稲田2
同志社10

【予備校】河合塾
早慶文系コース

【模試結果】
第1回全統マーク模試
英語→60.5
国語→50.5
世界史→50.6

【参考書、テキスト】
英語→単語王、ネクステ
国語→ゴロ565、マドンナ古文
世界史→詳説世界史B、用語集

【1日の勉強時間】
平日→4~6時間
休日→8時間

【相談したいこと】

武田先生こんにちは。
早稲田の政治経済学部についてです。私は現役の頃、最後に受けた12月の模試で英語も世界史も偏差値40でした。1浪を決意したとき、この1年は死にもの狂いで勉強し将来の夢なども考え第一志望は早稲田の政経!と決めました。これは甘く見すぎていたでしょうか?それから塾の先生に相談に行ったところ「政経は早稲田の学部の中でも別格やからなぁ」と言われ、赤本を見たのですが予想以上の覚える量やらに圧倒され、こんな勉強の仕方で受かるんかなとか、あれもこれも覚えなあかんしどうしよう!などと考えてばかりで不安になって勉強に身が入らなくなってしまいます。死にもの狂いで勉強する!と言ったことも実行できず、勉強できる時間も約半年しか残っていません。今から着実にやっていったとして早稲田の政治経済学部に受かることは出来るのでしょうか?是非お返事お願いします。

【武田の受験相談を何でいつ頃知りましたか】
4月頃に受験のサイトを色々見ていて偶然見つけました。

【武田塾に通ってみたいと思いますか】
通いたいです!

【お返事】

カルボナーラさんこんにちは。早速お返事していきますね。
まず気になったのが「死に物狂いで勉強する」と言っても

【1日の勉強時間】
平日→4~6時間
休日→8時間

なんですよね。この勉強時間はいたって普通の勉強時間ですから、他の受験生に差をつけられるとは思いません。
いたって普通の浪人生なので、効率のいい勉強法を取ったとしても、この勉強時間では合格は厳しいでしょう。
でも、勉強しようと思ってもできない気持ちは痛いほどわかります。私もそういう受験生だったので。

次に、カルボナーラさんは「効率のいい勉強方法をしても厳しい状況」にあるわけですが、さらに追い打ちをかける要で申し訳ありませんが、効率のいい勉強法を取っているとは思えません。このメールを見るだけで私にはわかります。
その根拠は、社会の偏差値の低さです。基本的に、世界史なんて覚えるだけの教科です。最も努力が反映されやすい教科です。
偏差値70から80に上げるのは難しいですが、ちゃんとやればすぐに偏差値60~70にはなる教科です。
浪人しているにもかかわらず、社会の偏差値が50程度というのは明らかに「暗記方法を確立していない」「習ったものを身につけるというすべを知らない」「上手なアウトプット法を知らない」という状況が手にとるようにわかります。

さらに、「死に物狂いで頑張る!」と思っても「なかなかできない」し、「赤本を見たら超難しい!」と思っても「こんな膨大な量をどうすればいいの!」って思ってしまうところも、ホントに典型的な、悩んでしまっている受験生だと思います。
でも、私はその気持ちは痛いほどよくわかります。私もそういう受験生でしたし、まったく同じことを悩んだことがあります。

では、具体的なアドバイスに移ります。
勉強時間と勉強法に問題があるわけですから、その2つをクリアする方法を考えます。

1、勉強時間について
人間、「どうしてもやろう」と思ってもできないものです。でも、小学校の時を思い出してください。毎日学校から帰って、連絡帳を見て、今日の宿題を確認し、ドリルをやり、翌日に提出し、先生に怒られないようにしていましたよね。このように、小学校の時は毎日「何をどのようにいつまでにやるか」ということが指定され、その通りにやっていたらいろんなものが身に着いたのです。でも、高校や予備校ではそこまでみてくれませんから、何をいつまでにやるか指定されていませんから、自分なりにやるしかないんです。が、受験生が「自分が早稲田の政経に受かるためには今日はどの勉強をどこまでやればいい」なんてことわかりませんよね。だから私は毎日、誰かに宿題を出してもらい、計画を示してもらい、管理されるしかないのでは?と思います。

2、勉強法について
カルボナーラさんは一冊を完璧にする方法も確立していないし、授業を受け、それを身につける方法もわかっていないと思いますし、これから何をいつまでにやればいいということもわかっていないと思いますし、予備校の予習・復習で手いっぱいになっており、手いっぱいで間に合っていればいいですが、きっと予備校のテキストに参考書まで手を出し、どれも完璧になっていない状況だと思います。第一、偏差値総合50程度の生徒に早慶コースの授業はレベルが合わないはずです。さらに、何度もブログに書いていますが、授業を受けても偏差値は上がりません。上がるなら、高校3年間の授業と予備校の授業で偏差値は上がっているはずです。でも、総合で50程度。このまま授業を受け続けても、合格は厳しいでしょう。
本当に受かりたいなら、徹底的に無駄を省くことです。授業を受けるのは遅すぎるし、みんなと差をつけられないし、予習復習に時間がかかりすぎます。英文法の授業を毎週受けるより、ネクステを完璧にしたほうが早いです。すべての教科、すべての分野についてそう言えます。まだ英文解釈などは受ける価値はあると思いますが、それも単語・熟語・文法を完璧にした上でないと意味はないし、参考書でも十分代用できると思います。
みんなと同じ授業を受けていても偏差値は上がりにくいです。全国に河合塾の早慶文系コースの授業を何人が同じペースで受けているかを想像してみればわかるとおもいます。全国の同じクラスの人を、もっと上のクラスの人、自分で参考書をバリバリやっている人に追いつき、追いこさなければ偏差値は上がらないのです。そう考えれば、今の勉強法を見直さなければいけないのがわかるでしょう。

「着実にやったら受かりますか?」という質問でしたが、おそらくカルボナーラさんが考えている「着実」な方法では合格は不可能でしょう。
予備校の授業をしっかり受け、予習復習をきちんとし、参考書もやり…みたいな勉強では普通すぎます。みんなそうやっています。
そして勉強時間も普通すぎます。さらに進学校というわけでもない。これで偏差値が上がり、うかれば、早稲田の政経の定員が何人なっても足りないでしょう。

「劇的」に勉強方法を変えなければ合格は厳しいでしょう。
その方法はすべてこのブログに書いてあります。読んでもわからなければいつでも武田塾に受験相談に来てください。
なぜ武田塾は偏差値36.9の生徒が7月から武田塾に入っても逆転できるか、その秘密の「特訓」を教えます。
厳しいことを言ってごめんなさいね。本当に受かってほしいんです。私も本当に受かりたくて、高校1年生から予備校に行き、誰よりも授業を受けました。でも、どうやったら受かるか見えず、苦しみ、結局浪人し、それでも見えませんでした。本当に困って、どうしようかと思いました。
私は本当に受かりたいという人に、本当に伸びる方法を伝えたいと思っています。
努力しているのに伸びない、非効率的な方法で勉強しているなんて悲しすぎます。そういうことが起きないことを祈っています。
あとは自分で考えてみてくださいね。それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>