【厳選記事!】復習の方法がわからない!忘れるのを防ぐテクニック編 その2 の続き(4)

さて、数日間にわたり3人の生徒の方法をボッコボコにしてしまいました。みなさんも「あ、自分この方法やっているかも・・・」って心が痛んだのでは?と思っています。さて、簡単に3人の方法のダメだった部分をおさらいし、それから正しい復習方法を考えていきましょう。

Aくん→見るだけでは覚えない。全部勉強することは効率が悪い。
Bくん→蛍光ペンを引くだけでは覚えない。どれが忘れているか判断基準があいまい。
Cさん→全部、できるようになるまでやるのは効率が悪い。忘れているものだけを完璧にすべき。

3人のダメな部分は簡単に書くとこんな感じです。
では、正しい復習方法というのはどういうものか?というと

1、 忘れているものだけを勉強。(全部やみくもに勉強しない!)
2、 完全にできるようになるまで勉強する。(見るだけ、蛍光ペンを引くだけ、書くだけではなく!)

この2点が重要です。では、この2点を気をつけるようにするために、「×をつける」という方法が重要になってくるのです。「×をうまく使いこなす」ことによってこの復習のもっとも重要な二点を抑えることができるのです。

さて、今日はちょっと忙しかったので更新が遅れてしまいましたし、大したことを書けませんでした。ごめんなさい。
今から受験相談の返信や、武田塾に個別相談に申し込まれている方との日程調整をして、他の社長としての仕事をこなし、まだ余裕があれば続きを書きますね。

それまでどんな方法が正しい復習方法なのか、自分の方法は合っているのかなど、よーく考えておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>