【厳選記事!】復習の方法がわからない!忘れるのを防ぐテクニック編 その1

【共通】復習の方法がわからない!忘れるのを防ぐテクニック編 その1

忘れるのを防ぐテクニック編 その1です。まずお勧めするのは

1、 見るだけ復習

です。
これはみなさんもやっていることかもしれませんが、そのやり方、そしてなぜ効果があるまではわからない人も多いと思いますので詳しく書いていきたいと思います。

まず、忘却曲線において、完全忘却まで記憶のレベルが下がってしまうと勉強時間の無駄が生じることについては何度も書いています。そのため、とりあえず頭の中に「ああ、そういうものがあったな」という風にするだけでも意味があるのです。だから、勉強時間をそこまで割かなくても、前の範囲をかるく目を通すだけでも、完全忘却は防げるため、効果はあるのです。

どんな状況でやるべきで、具体的なやり方、タイミングについて書きます。
たとえば

月曜日  1-10 進む A
火曜日 11-20 進む B
水曜日 21-30 進む C
木曜日 31-40 進む D
金曜日  1-40 復習 A~D
土曜日  1-40 復習 A~D
日曜日  1-40の確認(テストの日もしくは調整日)

というように進んでいったとき、火曜~木曜日は絶対にその範囲しか勉強してはならないのかと言ったらそうではありません。火曜日に軽く月曜日の範囲を見ておく、木曜日の勉強を始める前に軽く月曜から水曜に進めた範囲を確認してから行ってもまったく問題ありません。その少しの心がけが完全忘却を防ぎ、定着率を高めます。

また、できることなら目を通すという軽い勉強だとしても、まんべんなくではなく、覚えるべきものを重点的に勉強し、効率を上げたいところです。その方法については次回書きますね。

見るだけの復習は、完全忘却を防ぐために、今日の勉強の範囲ではなくても、簡単に目を通しておく「メンテナンス」の勉強です。他の教科でもなんでも使えます。しかしあくまでも「メンテナンス」であり、いきなり目を通すだけでは何も覚えないことを忘れないでくださいね。覚えるときは徹底的に時間を割き、覚えるまでやること、全問正解になるまでやることが重要です。一度定着率を100%にし、そのグラフを下げないように維持する勉強方法なのです。そこだけは気を付けてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>