【厳選記事!】第18話 身につくとは?

夏 つまり、「わかる」ばかりやっていた勉強を切り替えるべきなんですね。

武 その通り。別に夏男くんだって勉強してこなかったわけじゃないよね。毎日授業を受け、それなりに参考書を解き、問題集を解き、模試を受け・・・と、いろいろ勉強してきたと思わない?

夏 はい。それなりにしてきました。

武 そう。でも、成績が伸びてないんだよね?

夏 そうです。特に何も身についてないというか、身についた実感がわかないんです。

武 そうだろうね。それはすべて「わかる」勉強だらけだっからなんだよ。「やってみる」「できる」の段階を徹底的にすることが成績を伸ばす。その部分が足りなかった。勉強の一段階目しかやってこなかったのさ。

夏 でも、問題も解いたし、復習もそれなりにしましたよ。

武 夏男くんも世の中の受験生も「何かを身につける」とか「偏差値を上げる」とか「知識をつける」とはなにかを理解してないよね。勉強すればいいってもんじゃない。じゃあ、問題を出すよ。次のうちで、もっとも「英文法が身についている」という状態を表すのはどれだと思う?

1、 英文法の授業を全範囲で受講した。
2、 英文法の問題集を全範囲解いた。
3、 英文法の参考書を全範囲読んだ。
4、 英文法の問題集を繰り返し解いた。
5、 高校で英文法の授業を受け、予備校で英文法の授業を受け、夏期講習で英文法の講座を受講した。
6、 英文法の問題集を一問も間違えないようにした。
7、 英文法の予備校のテキストを一問も間違えないようにした。

夏 6と7ですかね・・?

武 そうだよね。だって、間違えないということは知識があるから間違えないっていう可能性が高いよね。

夏 でも丸暗記している可能性はないですか?

武 いや、そんなこと考えていたらキリがないよ。じゃあ、授業を受けただけの方がいいかい?

夏 授業を受けたほうが本質が理解できて、いいんじゃないですか?

武 本質の理解ね。笑 授業を受けただけで英文法の問題集が間違えなくなる授業があれば自分も取りたいよ。結局、絶対に復習はしないといけない。予備校の授業を受けたって、自分で復習し、わからない部分がないかって言ったら結局出てきて、チューターとか先生に聞くんだから、結局自分でわからない部分を解決するんだったら、わかる部分はどんどん自分でやるべき。「本質のため」とかわけのわからない抽象的なことではなく、「覚えたか覚えてないか」「同じ問題が解けるのか解けないのか」「その参考書が完璧なのか?」っていうのが最も重要なこと。何かを身につけるってことはつまりそういうことなんだよ。授業を受けたって、参考書を解いたって、それは通過点に過ぎない。最も重要なのは完璧にしたかどうか。わかるかな?

夏 さすがにこれだけ言われればわかりました。でも、ゾッとしますね。僕もなんか伸びないなって思ったから武田さんに相談に来ましたけど、わかるってことばっかりやって、なんとなく勉強して、なにも身についてないのに、勉強しているっちゃしているので、自分の勉強が間違っていたなんて気づかないですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>