【厳選記事!】第7話 テスト方法ってなに?大事なの?

夏 うーん、テスト方法って言われてもよくわかりません。

武 だよね。武田塾では参考書一冊ずつにこのような「テスト方法」というのを決めているんだ。前回も書いたけど、基礎英文解釈の技術100だったら以下の通りだ。

<テスト方法>
問題に書いてあるタイトルなしで、英文を提示され、正確な訳とその設問で学習されることが意図されている解釈のポイントが言えるかどうかでテスト。当然、語句のヒントもなし。

夏 これ、テストされるんですか?

武 そう。夏男くんは下線部和訳は得意かい?

夏 いや、全然ダメです。記述模試とかでは全然できないんですよね。

武 じゃあ、単語、熟語、文法を覚えた上で、下線部和訳の問題を100問解いて、すべての問題を正確に訳せて、さらに「この問題では関係詞のwhatが見抜けるかということと、挿入句を把握し、しっかり主語述語をとらえられるかがポイントの問題です」なんて説明できるような生徒になったらどう思う?

夏 ヤバいっすね。そんなふうになったら偏差値超上がりそうですね!

武 でしょ?そうなってもらうための「テスト方法」なんだ。

夏 え?どゆことですか?

武 基礎英文解釈の技術100を始める前なら、問題を解いても解けない問題も多いかもしれないよね。

夏 はい。半分以上解けないと思います。

武 でも、解けなくても、自分で解答解説を読んで、「理解」して、理解した内容を自分で「再構築」してみてもう一度解いてみて、正解するまでやればいつかはできるようになるよね?

夏 はい。できるようになると思います!

武 でも、訳せるだけだと「訳を覚えただけじゃないか?」って不安にならない?

夏 たしかにそう思います!訳を覚えているだけで、他の問題にいかせないんじゃないかなって思うんですよね。

武 いいことを言うね。そのとおりで構文解釈は「訳せるか?」も重要なんだけど、他の文章にいかせるか?っていうのがすごく重要だよね。そのために「構文のポイントが言えるか?」っていう項目をテストに入れているんだ。その新しい文章を正確に訳す「プロセス」、「構文のポイント」が言えれば、次の新しい文章にいかせるんだ。訳が言えるようになっているだけではないんだってことを先生が把握するために、構文のポイントを生徒に言わせているんだ。

夏 なるほど!じゃあ、丸暗記になったりしてしまうことは防げるわけですね!

武 そういうことなんだ。だからテスト方法とは「その参考書をどういうポイントができるようになっていれば、その参考書で覚えるべきことをきちんと吸収しているかわかるかをどうやって判定するか、の基準」ということなんだ。つまり、このテスト方法を読んで、「あ、こういうことをできるようになればいいのか」ってことを考え、逆算して勉強してもらえばその参考書の最適な勉強方法が分かるんだ。

夏 なるほど!!それはなんかすごいですね!武田塾の勉強方法ってなんか高校の先生とかが言う「勉強方法」とはなんか違いますね!

武 お、それはどの辺で思うんだい?

夏 学校の先生とかは「英文をしっかり写して、自分で解説を書きこんで、しっかりまとめるんだぞ」とか「訳はしっかりノートに書いて、間違った部分を赤で書き込め」とかですよね。なんか勉強方法といえば勉強方法なんですけど、目的がよくわからないというか、ひたすらそれをやり続ければいいのか、なんなのかよくわからないんですよね。でも、武田塾の勉強方法は「訳せて、ポイントが言えるようになる」っていうのが目的だから、写しても、写さなくても、何しても言えるようになればOKってことで、なんか現実的というか、わかりやすいというか・・・。

武 そうだね。そう言ってくれると嬉しいな。ぶっちゃけ、写したって写さなくたって、解いたって解かなかったって、全部の問題の「訳・構文のポイント」が言えれば何の問題もないんだ。重要なのは解き方ではなく、その参考書を終える状況というのは結果としてどうなっていることなのかというのをイメージしてやってもらいたいだよね。

夏 そしてそのテストで90%以上できれば、次の参考書に進んでいいんですよね?

武 そのとおり。それぞれの参考書にはテスト方法とその方法でどのくらいの正解率を出せばいいかっていうのが書かれているからそのとおりにやってもらえば参考書のやり方、次に進んでいいのかで迷うことはなくなると思うよ。

夏 なんかテスト方法の項目ってすごい重要なんですね。

武 うん。そうなんだ。

夏 でも、なんか夏の話からずいぶんずれてきたと思うんですけど・・・

武 いやいや、夏だからといって特別な勉強方法があるわけじゃない。結局夏男くんを逆転合格させるには勉強方法の基本から伝えないといけないんだ。一冊を完璧にする方法、参考書をどう仕上げていくか、どんな参考書をやるべきかとか、そういう基本がなってないから今の偏差値なんだろ?

夏 はい・・・。

武 だから、夏だからって言ったって、こういう話をするしかないんだよ。で、この話から伝えたいことがあったのわかる?何からこの話になったか覚えてるかな?

夏 え・・・?なんで構文解釈の話になったんだっけ・・・?

明日に続きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>