【厳選記事!】そのまんまをクリアしたら応用問題!

そのまんまをクリアしたら応用問題!
そのまんま出題を1年間続けるわけではありません。だんだんと勉強のやり方がわかってきて、確認テストの正解率も高い割合をキープし続けている生徒は、もうそのまんま確認する必要はないと判断します。そういう段階から、応用問題を出題します。
参考書に掲載されている問題の知識を使えば解けるはずの入試問題を解かせたり、参考書の細かい部分に掲載されている知識を問うたり、それは様々です。しかし、そのまんまのレベルをクリアしてから、この段階に進むとより偏差値が伸びます。
確認テストのシステムを採用している塾・予備校も少数ながらあります。しかし、多くの予備校や塾ではいきなりこの段階からのテストなのです。大部分の生徒は「そのまんま」すら解けません。にもかかわらず、応用問題をいきなり出題し、「勉強不足である。」「努力が足りない」と判断されてしまうのです。それはあまりにも酷なことです。そのまんまを「身に付ける方法」を身に付けることからはじめないと無理なのです。やはり予備校はできる生徒のことしか考えてないなと実感する側面であると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>