【厳選記事!】そのまんま出す!だから逃げられない!

そのまんま出す!だから逃げられない!
武田塾の確認テストは何度も書いているように、そのまんま出題します。そのまんまをまず解けるようにすることが大切だからそのまんまなのですが、他にも理由があります。
もし、宿題の内容の知識を使うものの、そのまんまの出題ではなく、少しひねった応用問題を確認テストで出題したとします。すると、もし正解率が低かった場合に、「勉強はしっかりしてきたが、応用問題だから解けなかった」のか、「勉強していなかったから解けなかったのか」判断できなくなります。そのため、正解率が低かった場合、生徒が「ちゃんと勉強してきたんですけど・・・」と言ったら信じるしかなくなります。つまり、応用問題を出題すると、仮に勉強をさぼっていたとしても、逃げ道を与えることになるのです。だから私たちは「そのまんまの出題」にこだわります。
そのまんますら解けない生徒がたくさんいます。今までの人生で「一冊を完璧に」なんていうことは聞いたことは会っても実践したことはないのです。みなさんの中で、「今までの人生の中でこの一冊は絶対にどこから出題されても大丈夫!」という参考書・テキストはあるでしょうか。ないひとがほとんどだと思います。そのやったこともない「一冊を完璧に」をすべての参考書で実践してもらうため、はじめはなかなかうまくできなかったりします。いままですべてやりっぱなしにしてきたなかで、いきなりやり方を変えるのは難しいことなのです。ですから、そのためにもまずは「そのまんま」出題し、言い訳できない環境を整え、一生懸命身に付ける習慣をつくってもらうのです。
参考書に載っているままの形で、そのまんま出題されて解けない生徒がほとんどです。まずはそこを改めることから全てはじまります。これができるようになったら、勉強のやり方がぐっと改善されたことになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>