【厳選記事!】独学のデメリットを補う②

③理解力がない人は進みにくい。
→わかりやすい参考書をさらに教えてわかりやすくしてしまう!
参考書を自分で進めていると、わからないことがでてくることがあります。また、理解力のない生徒にとっては、自分で参考書を読み、進めること事態が難しいケースが多いです。進学校の生徒はある程度の基礎力と読解力、元の頭の良さがあるために「参考書を進める」ことになんの抵抗も感じないのですが、進学校以外の生徒は、自分で参考書を進めるのは難しいときがあります。だからと言って、独学が難しいから予備校に行ってもペースは遅いし、できる生徒しかうからないカリキュラムですから、なんとか参考書を進めるしかありません。
そのため、武田塾が参考書を用いて、その参考書の内容を解説します。わかりやすい参考書をさらにわかりやすく解説することによって、ものすごい早さで進むことが出来ます。

④モチベーションを維持しにくい。
→個別指導でなおかつ少人数の塾だから親身の指導!
独学や宅浪だと、モチベーションが維持できなくなることが多いです。人と話すことが少なくなって落ち込んだり、自分のペースで勉強できるためにそれでどんどんペースが乱れていってしまうこともあります。しかし、武田塾はそうなる可能性は低いです。一緒にがんばっている仲間もいることももちろんですが、個別指導のために毎回の授業で講師とコミュニケーションをとるので、モチベーションは常に保たれます。
予備校の授業は一方的で、授業中に自分が参加している感じはしません。あくまでも受身の授業です。個別指導というのは講師と常に対話形式で行われるため、わからない部分や困っていることなどをどんどん伝えることができますし、その解答をすぐその場で得られることが出来ます。

以上のように、武田塾では独学のメリットを全て活かし、デメリットはすべて補えます。
結果として、以下のような結果がもたらされます。

①参考書で進めるため、ペースがめちゃくちゃ早い。
②理解しやすい順番で学べる。
③わからないところは全て教えてしまうのでつまづくことがない。
④宿題や確認テストを行うので、やりっぱなしになることが防ぎ、絶対に身につく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>