NEW 望月 古典文法 講義の実況中継(下)

NEW 望月 古典文法 講義の実況中継(下)NEW 望月 古典文法 講義の実況中継(下)
【出版社名】語学春秋社

【使い方】
この参考書はまず下巻の19~21回の敬語を読む。その上で敬語の一覧表を暗記し、敬語を用いても問題集を解いて省略された主語の読み取りが出来るようになったら残りの部分を読んでいく。基本的に暗記に入る前に読み進める参考書なので、頭に入れることはこの参考書の時点ではあまり考えなくて良い。ただ、ある程度暗記が定着したら識別方法などを再度確認する必要がある。

【テスト方法】
実施しない

【段階】 1

【問題数】3講

【1日の量】3講

【1週間の量】3講

【目標突破日数】2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>