山岡の地理B教室 PART Ⅰ

【出版社名】東進ブックス/ナガセ

【使い方】
この参考書では地理の基本部分を理解していく。
使い方としては、本文を読んだ上でテキスト部分の赤字を覚えるのが基本だが、問題自体が非常に少ないので、その用語を覚えただけではあまり意味はない。
知識の習得は今後の参考書がメインとなるので、この参考書では地理でどんなことをやっていくのかを学習しておく

【テスト方法】
解いてきた範囲からランダムで出題

【段階】 1

【問題数】7講

【1日の量】1講

【1週間の量】6講

【目標突破日数】11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>