2011年09月03日のつぶやきのまとめ4

Q.なぜ武田塾は受験生の最後の砦のような塾なんですか? A.武田塾の方法で伸びなかったら、もう打つ手がないんじゃないかと思う方が多いからです。教科別に個別に講師を付け、これだけ手厚く指導しても成績が伸びない場合、他の塾に行っても伸びる可能性はかなり低いとみなさん思うようです。

Q.高校時の部活は何ですか? A.合唱部でした。ちなみに副部長でした。

Q.現役時代の勉強法で失敗したことは? A.授業を受けっぱなしにしてしまいました。高校1年生から3年生まで予備校に通いましたが、成績は学年ビリでした。たくさんの学費を無駄にしてしまいました。参考書のほうが効率的だということにもっと早く気づきたかったです。

Q.大学生で塾を作ろうと思ったのはなぜ? A.予備校の仕組みが間違っていると思ったので、それを変えたかったからです。予備校の先生になって内部から変えることも考えましたが、予備校で働いたら自分も生徒にたくさん講座をとらせざるを得なくなると思い、自分でゼロから作ろうと思いました。

Q.予備校のどこが間違っていると思いましたか? A.たくさん授業を受ければ受けるほど、成績が下がるのが間違っていると思います。合格する生徒はタダで通う元からできる生徒で、費用を負担する普通の生徒は合格する可能性が低いという部分も間違っていると思いました。

Q.どう変えたかったのですか? A.授業料をとるのが間違っているのではなく、とればとるほど成績が下がる可能性が高いものをとり、利益を出している部分が間違っていると思いました。そのため、通えば通うほど伸びるかたちの塾が必要だと考えました。

Q.なぜ授業をとればとるほど成績が下がる可能性が高いのですか? A.成績が低い原因は、授業内容がしっかり復習できていないからです。そんな生徒に対して、さらに多くの授業を受講させた場合、また消化不良を起こします。授業をとらせるのではなく、復習をしっかりできている可能指導が必要です。

Q.将来の夢は? A.総理大臣になり、適切な政策を大胆に実行し、この国をいい方向に変えたいです。教育改革、規制改革、行財政改革を実行し、日本のおかしな部分を変え、より幸せだと思える日本をつくり、世界をよりいい方向に導くことのできる日本にしたいです。

Q.適切な政策とは? A.日本は破たん寸前の状態で、そのツケが若者に回され、将来重税として重くのしかかるのは目に見えています。増大する社会保障費、国際競争力の低下、少子高齢化による就労人口の減少に対応するため、日本は既存の枠組みを大胆に変える必要があると考えます。

Q.枠組みを大胆に変えるとは? A.社会保障の見直し、所得税・法人税・消費税率の見直し、財政再建、規制撤廃、二重行政の見直し・地方分権・道州制の導入、英語・金融・一般教養を身につけさせること・習熟度別クラスなどの教育改革、環境政策などを実行していきたいです。

俺もまーじ楽しみにしてる。俺の数少ない楽しみはインターンのつぶやきを見て成長を感じることなんだからね!笑 @kumanbachi1201 @ykohiyama

Q.難関大学に合格する生徒の共通点は? A.武田塾の宿題をしっかりこなしてきます。

Q.受験相談にのっていて一番思うことは? A.みんな同じことで悩んでいます。復習のペースがわからない、勉強の方法がわからない、なにをいつまでにどのようにすればいいのかわからないなど、基本的にはみんな同じ悩みです。そばにいる先生は教えてくれないのかな?といつも疑問に思います。

今日も受験相談の生徒さんが3人、武田塾に来てくれます!今日もたくさんアドバイスしちゃおうと思います!いらっしゃる生徒さんは事前になにを相談したいか考えておくと、たくさん聞けていいですよ!><

Q.受験生が陥る一番の悩みは? A.一番質問されるのは、復習の方法です。

Q.学歴についてどう思う? A.なくてもなんとかなることもあるが、ないとものすごく困ることもあるので、あるかないかで言えば、絶対にあったほうがいいもの。または、その人が努力を一定量できるひとなのかを判断するにあたってのわかりやすいものさし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>