【大好評】第2回「こなせ宿題、守れペース、掴め逆転合格!!」

こんにちは。

逆転カリキュラムコースの飯塚です。
前回の英語の内容はいかがでしたか?

早くも2回目ということで、今回は国語についてです。
国語はおそらくもっとも勉強方法が分かりづらい教科だと思います。

では
はじまり、はじまり~~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
武男:こんにちは~♪
   今日は国語について聞きにきました。

中森:そっか、今日は国語かあ。国語が3つの科目に分けることが出来るのは知って
   るよね?

武男:え・・・・と、現代文と古典ですか??

中森:うん、そう。現代文、古文、漢文だね。

武男:じゃあ、まずは現代文から聞いていいですか?
   現代文はこの時期だと、どれくらいまで進んでればいいんですか?

中森:そうだね、早慶を目指してるのなら、現代文は三段階まで終わってないとまず   いね。

武男:三段階は何をする段階なんですか?

中森:三段階ではセンターレベルの問題を解く段階だよ。

武男:この段階で注意しなくちゃいけないことってなんなんですか?

中森:三段階というか、現代文全般にに言えることなんだけど、
   現代文は基本的には読解をひたすらやることになるんだ。
   だから少なくても一日一題ずつは解くことを早めに習慣付けようb
   できれば、評論と小説を一日一題ずつ、合計二題解くといいねb

武男:はい、習慣付けられるように頑張ります。
   じゃあ、古文はどうですか?

中森:こちらも三段階が終わってるのが理想だね。
   三段階では一・二段階の内に覚えた基礎を使っての問題演習に入るんだ。

武男:なるほど、なるほど!古文の注意点ってなんなんですか?

中森:そうだね~、じゃあ逆に聞くけど、問題を解く時必死になって全訳しようとか
   思ってない?

武男:え、そりゃあ~全訳しようとするに決まってるじゃないですか!

中森:やっぱり~>< そんなことしてたらダメだよ!

武男:え?なんでですか?
   全訳しなくちゃ問題解けないじゃないですか。

中森:全訳をわざわざ時間を掛けてやる必要なんてないんだ。
   選択肢を見れば話の内容を把握ができるだろ?

武男:あ、確かに・・・

中森:問題に正解出来れば良いんだからその程度でいいんだよ!

武男:・・・分かりました!

中森:だから頑張って全訳しないこと!
   これが意外と重要になるんだ!

武男:はい!!気をつけます!
   あ、まだあと漢文が残ってるのか~><
   なんか国語って以外に勉強すること多いんですね・・・。

中森:あぁ~。漢文は、あまり時間のかかる教科じゃないので現時点ではまだ勉強を
   始めていなくても焦る必要はないよ。漢文を日本語で読むときには、結局は古
   文を読む事になるだろ?

武男:あ、そうですね・・・

中森:だから必ず古文の基礎が終わってから勉強を始めるようしよう!

武男:なるほど!今日はありがとうございましたm(_ _)m
   次は数学について教えてください。

中森:はいはい。またいつでもおいで!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ということで次回の「国語」の更新も8月頃になります。

それまでに現代文は、六段階を終えて古文は六段階に突入
漢文は、四段階が終わってると良いですね。

段階はブログのTOPページで確認するか、逆転カリキュラムコースを購入して確認してください!
とにかく国語は毎日同じ事の繰り返しでつまらないと思いますが、さぼらず毎日やることが大切です。
一気に焦ってたくさん問題を解いても無駄ですからね!
コツコツ試験日まで頑張りましょう!

来週の更新は「数学」になります。

飯塚

「自分だけの個別カリキュラム」を申し込んで逆転合格したい人は
「個別カリキュラム購入希望」とお問い合わせ欄に記入し
takeda.ca@gmail.comまでご連絡ください。

悩んでいる方、問い合わせなどもtakeda.ca@gmail.comまで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>