1100で平気?武田塾生は今何してる?

【相談メール】
【名前】
なおき
【学年】

高校  3年生

【志望大学】
第一志望 山口大学教育学部技術教育課程
第二志望 関西大学総合情報学部
第三志望 立命館大学経済学部

【出身校のレベル】
地元国立に毎年学年の四分の一が進学
学年    90人 、
現役浪人合わせてで東大    0人  早稲田   1人  慶應   1人  明治    0人
西日本の高校の人は京大    0人  同志社  0 人  立命館 0 人  関西学院  0人

【予備校情報、講座名】
東進にかよっていましたが、DVD学習が好きになれずやめました。
【模試成績】
最近の模試の結果を書いてください。

第  1回     全国センター模試(  5月  ?日実施)
国語58.7
英語53.2
数学59。2
化学80.2
政経48.7
第  1回     全国記述模試(  6月  ?日実施)
数学52.3
英語44.2
国語52.1

【今まで学習した参考書・テキスト】
英語 システム英単語 センター熟語750
数学 チャート式(黄色)
国語 システム現代文
化学 はじめからていねいに 重要問題集
政治経済 なし

【一日の勉強時間】
平日3時間
休日6時間

【★相談したいことを1つだけどうぞ★】
悩みの題名→参考書の進行についての不安

悩みの詳細→
参考書の進行でシステム英単語と熟語をある程度終えたので文法をやり夏やすみに文法、解釈をある程度やっていこうと思っています。文法は標準問題1100を使うつもりなのですがこれは適切ですか?
あと武田塾の生徒さんはどのくらいまでおわっているのか知りたいです。
あと毎年武田塾に夏休む後に入って、くる人たちはどのくらいから受験前にはどのくらいの学力をつけてこられるんですか

【お返事できないかもしれませんが、他に悩みがあればどうぞ!】
1、勉強をやるさえのやる気の出し方

【武田の受験相談所を何でいつ頃知りましたか?】
5月ごろ

【武田塾に通ってみたいと思いますか?】
近くなら通いたいです
【武田にメッセージなどがあればどうぞ!】
逆転合格頑張りたいです。
アドバイスお願いします。
【ブログに取り上げられた時のために受験生にメッセージなどがあればどうぞ!】
皆様に勉強をがんばろう、

【お返事】
はじめまして、なおきくん。早速お返事していきますね。

参考書は1100でも大丈夫です。基礎からしっかり網羅してある参考書です。
主な文法の参考書の特徴は

標準問題1100→基礎からしっかりと標準レベルまで。
ネクステージ→問題数は英文法と語法で750問で少なめだが、最低限のことを網羅してあり標準レベルまで到達。
英文法語法問題1000→文法と語法だけで1000問なので、標準よりもやや上まで到達できる。

こういうかんじなので、特に問題はないでしょう。
武田塾の生徒は入学時期にもよりますが、だいたいの生徒が今では基本ルートの第五段階目にいます。

第五段階 MARACH演習
やっておきたい英語長文500(河合)、出る出た英語長文30選(河合)、ハイパートレーニングレベル3(桐原)、ファイナル英文法問題集標準編(桐原)、MARCH過去問

このあたり、もしくはこの前後をしている生徒が多いです。そのため、なおきくんは数カ月分遅れていますから、危機感を持って勉強を進めてくださいね。
ちなみに夏以降に入ってくる生徒はほとんど偏差値50なく、単語、熟語、文法ができていない生徒が来きます。
むしろ、順調に伸びている生徒が2学期に新しい塾に駆け込んでくることはないですよね。うちの塾はできない生徒の駆け込み寺的な存在なので、できる生徒は来ません。
できる生徒ならこのブログだけで勉強できると思いますし、予備校にタダで通えますので、まず武田塾には来ないのですね。
「ひとりでは勉強できない」
「勉強のやり方が分からない」
「一生懸命やっているのに伸びない」
という生徒が来ます。そこから受験前にどれだけの力が付くかですが、それは生徒一人一人の努力次第なので、一概には言えません。
9月、10月に入塾して早稲田に受かる生徒もいれば、1学期からいても宿題をやってこない生徒はうかりません。
私たちは「なにをどのようにいつまでにやるか」を示し、さらに「それをほんとうにしっかりとやっているのか?」を管理するまでで、あとは本人の努力次第です。
しかし、努力以外のすべての環境は整えます。「あとはやるだけ」という環境まで個別で見て整えますので、あとはやるかどうかの世界になります。
だから武田塾に入ったら絶対受かる、絶対伸びる、ここまで伸びるということではないんですね。私たちは環境を整えるまでです。でも、いままでひとりでやっていたり、予備校で身につけることが各自に任されている環境にいたのなら、武田塾の環境はかなり楽になると思いますよ。
楽になるというのは「なにをするのかが明確になり、実感を感じやすくなる」ということで、宿題をこなすのは大変なので「武田塾なら楽してうかる!」ということではないのですが。笑

さて、勉強をやる際のやる気の出し方ですが、これはかなり重要ですよね。最近こういう質問も多いので、近々、大物の武田塾講師をブログで紹介しますので、彼に連載で語ってもらおうと思っています。
ブログにいままでで登場したことのある講師なのですが、かなりいいことを言うので、楽しみにしていてくださいね。

相談内容には関係ありませんが、平日の勉強時間の3時間が短いように思えます。これでは足りないので、工夫して時間を確保してください。勉強時間はいわば生命線です。気を付けてくださいね。
それでは勉強頑張ってください。一冊を完璧にしてください。では。

武田

人気blogランキングへ
1日1回合格クリック!
ランキングバナー

受験相談したい方はこちらまで!

武田塾の資料請求・体験授業申し込み・直接の受験相談は こちら

武田塾姉妹ブログもCHECK!!

予備校なんて要らない―大手予備校の真実―

タケスタブログ~ Takeda Studio公式ブログ ~

悩んでいる方はsos@aver.jpまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>