市川校で思うこと。

今日は市川校にいます。
武田塾は現在、お茶の水本校、お茶の水第二教室、市川校の3つあります。
まだ市川校はできたばかりなので生徒数は少ないですが、その分、より手厚い指導ができています。
今日は午前中に講師の採用面接、午後は武田塾のビラを見てきていただいた保護者様とお話しさせていただきました。保護者様とはお話が盛り上がり(?)、体験授業を再来週にすることになりました。医学部志望ということで、担当は東京医科歯科大学の講師にしようとおもっています。医学部の話などを聞いてモチベーションが上がってくれればいいなと思います。現在、武田塾では東京大学、早稲田大学、東京医科歯科の講師が一番多いです。今日の午前中も東大工学部の方の採用面接をしていました。
渋谷幕張から1浪して東大に行かれた方で、面接の中ではその人の人柄や経歴、指導への情熱などを見るのですが、武田塾のコンセプトを理解し、賛同してくれるかも重要なポイントになります。そのため、私は以下のような会話をしました。

「浪人時代はどこに通われていたんですか?」

と私が聞くと、

「○○に通ってました。」

と、大手予備校の名前を教えてくれました。そこで私は

「もちろん、タダで通ってましたよね?笑」

と聞くと、

「ええ、そうなんです。」

と、なんか照れくさそうに言っていました。

そこで私は

「そうですよね。それだけ進学校でしたら、大手予備校はタダにしてくれますよね。大手予備校は入学試験や高校名でうかりそうな生徒をタダにするじゃないですか。そして微妙に受かりそうな生徒さんを50%引きにしたり、30%引きにしたりしますよね。じゃあ、割り引きがなかった生徒さんはうからなそうな生徒さんなわけじゃないですか。カリキュラムはできる生徒さんに合わせてますし、できない生徒さんは高い授業料を払わされるし、授業についていけないし、そしてうからない…という構造があると実際に予備校で働いて感じたんです。そこをなんとかしたいって私は思ったんです。できない生徒でも、進学校じゃない生徒さんでも逆転できる環境をつくりたいと思ったんです。正直、予備校のカリキュラムは週1のペースで進むので遅いじゃないですか。しかも素晴らしい授業はしてくれても、身につけているかは各自に任されています。授業中に成績は伸びないのに、ひとりで復習をきちんとしていないと伸びないのに、成績を左右する「家庭学習」に予備校はノータッチですよね。そこに切り込んでいき、限られた授業時間の中で、ひとりで勉強している時間をしっかり管理し、教えるだけでなく、身につけるところまでしっかりするのが武田塾なんです。」

ということをお話しし、武田塾のコンセプトを理解していただきました。

予備校ってこんなところなんです。うちの塾には東大生とか医科歯科学生とかたくさんいますが、まだ予備校に学費を払って合格したっていう講師は現れておりません。つまり、合格実績にのっているひとたちははじめからできる進学校のタダで通っている生徒さんなんです。別に予備校に通って伸びたわけではないのです。でも、合格実績に数百人、数千人の実績が書かれている。それに惹かれて入ったら、全然カリキュラムについていけず、授業ばかり受けるだけで成績が伸びず、気づいたら夏になり、センターが来てしまい、直前期になって…となることが本当によくあることなんです。

みんなと同じように予備校に通っているだけで安心してはいけません。予備校でいいクラスだからってそれだけでうぬぼれてはいけません。予備校に通っているひとにききます。5月までで何文長文をならいましたか?文法はどこまで進みましたか?数学は合計何問ならいましたか?社会や理科はどこまで進みましたか?

そこまでの範囲、習わないとできないことですか?
自分で参考書を進めたら同じぐらい時間かかりますか?

勉強は絶対に参考書で進めたほうが早いです。
集団授業には限界があります。みんなとおんなじ方法でうかるなら、クラスメイトみんな合格するはずです。せっかくこのブログに勉強方法が書いてあります。その他大勢から抜け出す方法が書いてあります。授業だけでは伸びないことを肝に銘じておいてくださいね。

できるやつがタダで通って、お金を払っているできない生徒がうからないなんてひどすぎます。

武田塾はできない生徒の見方です。本当に合格したいけど、勉強のやり方が分からない、どうしたらいいかわからないひとの見方です。

成績はやり方で変わります。がんばりましょうね。

人気blogランキングへ
予備校は絶対におかしいよ。1日1回合格クリック!
ランキングバナー

受験相談したい方はこちらまで!

武田塾の資料請求・体験授業申し込み・直接の受験相談は こちら

武田塾姉妹ブログもCHECK!!

予備校なんて要らない―大手予備校の真実―

タケスタブログ~ Takeda Studio公式ブログ ~

悩んでいる方はsos@aver.jpまで。

武田

2 thoughts on “市川校で思うこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>