浪人生へ。

私は浪人しました。

 

ですから、浪人に関することはついつい熱く語ってしまいます。

 

浪人は辛いですよね。

 

私も非常に辛かったです。

 

しかし、大きなものを得られたと思います。

 

だから浪人生のひと、がんばってください。

 

 

 

 

2. Posted by よっしー    June 06, 2006 07:56

自分は今年から浪人してるのですが、よく浪人はのびないと言われます。自分は今偏差値は65くらいで、センターは英語国語世界史各八割程度です。来年はセンター九割五分で慶応が目標です。浪人へのアドバイスなどお願いします!

 

 

>>よっしーさん

 

浪人生へのアドバイスですね。

 

わかりました。

 

私も浪人したので非常に熱く語りたいところです。

 

浪人が伸びないという理由はいろいろあります。

 

そこを書かせていただきたいと思います。

 

 

まず、授業だけでは成績が伸びないと何度も繰り返してきましたが、浪人生は午前中から3時ぐらいまで、もしくは下手をすると夕方まで授業がないでしょうか。

 

 

それが伸びない原因のひとつです。

 

 

授業を聞いているだけでは成績は伸びません。

 

 

伸びるなら大手予備校に通う生徒、全員いい大学に受かります。

 

 

しかし、実際に合格しているのはお金を払わずに通っている生徒さんばかり。

 

 

前にも申し上げましたが、私の友人の東大生の中で、予備校に授業料を払っていて合格したという友人はひとりもいません。

 

 

予備校とはそういうところです。

 

 

授業だけでは成績が伸びないにもかかわらず、授業をとらせまくる予備校。

 

 

そして自習時間がなくなります。

 

 

授業を受けるだけでなく、そのテキストを全問正解にするとき、授業内容を組み立てるときに成績は上がります。

 

 

その時間を確保せずに、授業を1日に4つ受け

 

 

「今日は6時間も勉強したわ~疲れたわ~」

 

 

と、思ってませんか?

 

 

もしくは、そんな浪人生、まわりにいませんか?

 

 

喫煙所でぐだぐだ、そういう会話をしている集団を見たことありませんか?

 

 

自習時間が命です。

 

 

全問正解にする、自分で解く、自分で組み立てる、ノート・テキストを暗記する

 

 

そういう時間に成績が伸びるにもかかわらず、授業ばかり受ける。

 

 

だから伸びないんです。

 

 

そのような、授業だけで満足するような勉強をせず、このブログに書かれている方法でやれば必ず成績は伸びます。

 

 

こんなことを言って申し訳ないのですが、私たちの方法をやって、成績が伸びなかった生徒はいません。

 

現在のところ、全員上がっています。

 

 

しかし、考えてみれば当たり前ですよね。

 

 

ある参考書1冊を丸暗記して、どこをだされても平気にして、偏差値が変わらないはずないと思いませんか?

 

 

やってることは非常に古典的で地味ですが、×をつけながら何度も繰り返して、1冊ずつ完璧にして上がらないはずがありません。

 

 

しかし、浪人生は授業を聞くだけで勉強を終わりにしようとします。

 

 

1年間の勉強の割合を比で表すと

 

 

 

 

予習2

 

授業6

 

復習2

 

 

 

 

ぐらいのものなのではないでしょうか。

 

 

みなさんの比率はどうなっているでしょうか。

 

 

授業で成績を上げたいなら、復習に全力を注ぐべきです。

 

テキストの問題、テキストの内容を覚えれば偏差値は上がります。

 

いきなり覚えようとしても難しい。

 

だから授業があるのです。

 

授業を受けた後に、完璧に復習し、先生が言っていたことをすべて自分でも言えるようにすれば偏差値は上がります。

 

 

しかし、多くの生徒は予習に時間をとりすぎたり、授業を受けるだけで満足してしまいます。

 

 

だから伸びないのです。

 

 

間違いありません。

 

 

まだまだ浪人生の気をつけるべき点はまだまだあるのですが、なかなかここでは文章では語りつくせない部分もあります。

 

また、機会があれば書こうと思います。

 

今日はこのぐらいでお許しください。

 

武田

 

受験ランキング

 

↑今日は何位でしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>