進学校の生徒を差し置いて早慶に合格するために必要な3箇条

 

相談メール

 

相談内容


【元から頭のいい人には勝てないの?】

自分に最良の教材を選んで毎日10時間くらい勉強してるのに、現役の進学校に負けるとはどういうこと??
確かに自分は非進学校だが同じ人間のはず・・・
具体的にどう違うか説明できますか?

 

お返事

メッセージありがとうございます。一度受験相談に来たことがある生徒さんですよね。

こんな質問をするなんてかなり伸び悩んでいるんですね。しかもなにか不公平さを感じているようですね。

ずばり言いますが、進学校の生徒、仮に開成高校の生徒だとすれば、中学受験の時から勉強をし、授業の内容も異なるわけです。
小学校4年生から中学受験をして、そこから開成中学、開成高校の授業を受けていれば、9年間かなりの勉強量をこなしていることになります。

対して、まったく勉強をしてこなかった中学受験をしないで公立中学にすすみ、普通の公立高校に進んで、浪人してから勉強したとしたら、9年間で離された勉強量を1年間で逆転せねばなりません。
そう考えれば、かなり難しいことだということがわかります。

たしかに9年間、受験に直結する勉強をしているわけではありませんが、間接的・直接的にいきることはかなりあります。
たとえば中学受験の算数は数学の基礎となりますし、中学受験の地理の分野や歴史の分野は大学受験の基礎となるものです。

そういった勉強を幼いころからやっていたひとたちを相手にせねばならないのが、東大京大早慶医学部なわけですから、それは簡単にその人たちは負けるはずがありません。

では、そういう生徒さんたちにどう勝てばいいのか。

そういった生徒さんに勝つためには、勉強を「早く」「無駄なく」「完璧に」身につけていかないといけないわけです。

10時間勉強しても、その内容はどうですか?効率のいいものですか?

参考書を何冊もやっていたり、予備校の集団授業のような非効率的なことをやって、無駄をつくっていませんか?

そしてなにより、手をつけた参考書を完璧にしていますか?

そういった点をもう一度見つめ直す必要があるでしょう。
また、簡単に偏差値は上がるものではなく、耐えて耐えて耐えたうえで上がるものです。
進学校の生徒は小学校の時から勉強しているわけです。簡単に抜けるわけがありません。

むしろ、最後の一年だけやれば誰でもうかるならみんな中学受験なんかしないわけです。

浪人して早稲田を狙おう、東大を目指そうというのは自由ですが、その難しさ、厳しさは知ってもらいたいと思います。

そう簡単に行けるものではありません。

武田塾の生徒で逆転合格を果たした生徒は相当な努力をしていました。時には悔し涙も流していました。
世の中の不公平さを嘆き、元の頭のせいにするならそこまでの人間だということです。努力でカバーしてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>