理解のポイント〜武器を揃える〜

勉強の第一段階として、「理解」があることはわかってもらえたとおもいますが、どんな教材から理解し、
どこまでやればいいのかわからないと思います。
そこで、この章では「武器を揃える」ということの説明をします。
簡単に言うと、志望校の難易度にあわせて、必要な知識を参考書で揃えることです。

単語を2000個でも効果が違う

有名な英単語帳として、ターゲットとシステム英単語の2冊があります。
この2冊は頻度順で並んでいる単語帳で、はじめのほうの番号は簡単なもので、

最後までの約2000語を覚えると早慶の問題まで十分対応できると言われています。

そんな2冊の参考書について勉強した2人の生徒がいるとします。

A君はターゲットを最後の単語まで、約2000語覚えました。
B君はターゲットの前半半分とシステム英単語の前半半分で、計約2000語を覚えました。

同じ2000語でも、この2人に大きな違いが生じることをみなさんはわかるでしょうか?

A君は早慶の問題に十分対応できるだけの単語力をつけたことになりますが、
B君はセンターレベルの英単語を二重にそろえてしまい、早慶レベルの難しい英単語まで揃っていないのです。

A君とB君どっちが効率的か

A君は早慶レベルの英単語を1冊やって揃えました。
B君はセンターレベルの英単語を二重にやりました。
仮に、A君もB君もセンターレベルの問題をやったとしたら、B君の方がわからない英単語の数が少ないでしょう。

しかし、A君よりも二倍の勉強時間がかかった割には、たいした実力の差はないでしょう。

つまり、同じレベルの参考書を2周してもそこまで意味がないのです。

1レベル1冊という発想を他教科に応用する

英単語帳は1冊でいいということは皆さんにわかっていただけたと思いますが、これを全ての教科に応用してみましょう。
英単語帳は早慶レベルまでで一冊。
英熟語も一冊やればほぼ揃います。
英文法の問題も知識としては一冊で揃います。

一番顕著なのは数学です。

数学は難しいレベルの問題になれば、難しい解法や知識が問われてきます。
そのため、難しい入試問題が出されるところを受けるには、難しいレベルの参考書が必要になります。
教科書だけでは早慶の数学の問題は解けないのです。

その具体的な例をA君とB君の例でまた考えて見ましょう⇓

数学版、A君とB君

同じ英単語2000語でも、異なるレベルの英単語を覚えなければ非効率的であるということを書きました。
数学でも同じことが言えます。
A君もB君も数学の参考書を2冊完璧にしました。
しかし、完璧にした参考書が異なります。

A君は青チャートを完璧にした後、赤チャートを完璧にしました。
B君は青チャートを完璧にした後、チェック&リピートを完璧にしました。

どれも有名な参考書で、二人とも2冊を完璧にしました。
そのため学力の差はないように思えるかもしれません。

しかし、そうではありません。

A君の方が効率的な勉強方法で、B君が非効率的な勉強方法です。
その理由は英単語と同じです。
青チャートとチェック&リピートはレベルが同じ問題が多いのです。
そのため、早慶までの解法は揃わないのです。
青チャートと赤チャートをやれば、レベルはかぶりません。

詳しくは数学の勉強方法のところに書いてありますが、

青チャートは第二~第三段階、チェクリピは第二~第三段階、赤チャートは第四~第五段階です。

青チャートとチェクリピをしても大部分が同じレベルの問題で重複し、無駄が多いのです。
が、青チャートと赤チャートの組み合わせだと重複もなく、到達点もこの組み合わせの方が高くなります。
参考書を2冊終わらせる時間でも、到達のレベルでもA君とB君は変わってきます。

知識を揃える = 武器を揃える


何冊数学の参考書を解いたとしても、同じレベルの参考書を解いていては難しいレベルの志望校の問題は解けません。
簡単な単語をいくつ覚えても難しい長文が読めないのと同じ原理です。

そのため、自分の志望校のレベルを知り、そのレベルの問題まで知識を揃えることが大切になります。
入試問題が解けない理由は、そのレベルまでの知識を知らないからです。
自分が持っていないからです。

そのレベルまで知識をもっていないのに、いくら考えても答が出るはずがありません。
1レベル1冊ずつ完璧にしていくことによって、志望校の問題を解くための知識を揃えるのです。

これを私たちは入試問題を敵となぞらえ、
その強さに応じたレベルの武器(知識)を揃えないと入試と戦えないという意味で、「武器を揃える」と呼んでいます。

現状把握⇒志望校の問題研究⇒必要な武器の判明⇒学習計画表完成

この「武器を揃える」という発想がどう役に立つのかをお話します。

まず、ある生徒が東大に行きたいと思ったとします。
第一にすべきことは、現在の偏差値、実力を知ることです。

今までやってきた勉強からそこまで揃えてきた武器を把握するのです。
次に、東大の問題の難易度や傾向を調べ、東大の問題が解けるようになる、合格点を取れるようになるまでにはどこまでのレベルの参考書がいるかを考えます。

現状のレベルと志望校の問題のレベルの差が必要な参考書の数を教えてくれます。
ここまでわかれば、自分が入試までに何をすべきかが判明することでしょう。

あとはその生徒の毎日の勉強時間などからペースを割り出せば学習計画表が完成します。

各教科でのレベル分けと使い方

以上のことから、このブログは以下のような使い方で進んでいってほしいと思います。

  1. 自分のレベルにあっているところを各教科の段階の説明から見つける。
  2. その段階の参考書からスタートし、自分の志望校の段階まで進み、武器を揃える。
  3. 過去問演習に入り、揃えた武器のアウトプットをする。
  4. 弱点分野を見つけ補完する。

「武器を揃える」のまとめ

簡単に言えば、

必要なレベルまで参考書を順々に下から終わらせていくことによって、志望校の問題を解くための知識をそろえるということなのです。
しかし、多くの生徒はいきなり難しいレベルの参考書に手を出しレベルをとばしたり、
同一のレベル・分野の参考書をたくさんやってしまっていたり、一冊も完璧にしていなかったりで成績が上がっていません。
みなさんはそういうことのないようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>