朝ごはんでしっかりエナジーチャージ!おすすめ4選【正答率を上げよう】

朝ごはんを食べるとテストの正答率が高くなる傾向

文部科学省の調査では、

朝ごはんを食べる習慣があるほどテストの正答率が高いということも明らかになりました。

脳のエネルギー減であるブドウ糖を補給して、朝はすっきり目覚めましょう!

今回は、勉強に効果的で簡単に用意できる朝ごはんをご紹介します。

 

手軽で定番の「バナナ」

バナナはビタミンとミネラルを含み、手軽にエナジーチャージできる食材です。

代謝促進や抗酸化作用など多くの免疫力が含まれており、

風邪予防にも効果的です。

これからの寒くなる季節にもぴったりですね。

また、バナナには脳のエネルギー源であるブドウ糖も含まれており、

脳の働きが活性化され効率的な勉強ができるようになります。

 

ストレスを減らす「ライスミルク」

ライスミルクは、豆乳やアーモンドミルクのように牛乳の代替品として親しまれている飲料です。

玄米を原料としており、そこに含まれるGABAというアミノ酸が脳の興奮を抑え、

ストレスを減らしてくれます。

GABAはトップアスリートや教育現場でも用いられているのですよ。

ストレスを減らすことで勉強に集中し、リラックスして取り組むことができます。

また、ライスミルクもブドウ糖を含んでおり、脳の働きが活性化されます。

 

記憶力を高める「納豆」

なんと納豆には記憶力を高める物質が含まれており、

人間の記憶や認知の機能をささえています。

また、たんぱく質やビタミンが含まれているので手軽なエナジーチャージにもぴったり。

疲れも減らしてくれるので、長時間の勉強にももってこいの食材です。

納豆がこんなにすごい食材だったなんて、驚きですね。

 

イチロー選手も毎朝食べていた!集中力をあげる「カレー」

カレーは栄養価が高く、意外にも朝ごはんに向いています。

また、スパイスには漢方のように体に良いものがたくさん含まれており、

免疫機能や新陳代謝を向上させます。

また、カレーを食べると脳内の血流が増えるので集中力や計算力が上がります。

イチロー選手は現在カレーを食べていないそうですが

メジャーへ移籍してから長年、朝ごはんにカレーを食べていたそうですよ。

 

最後に

正答率を上げる!エナジーチャージできる朝ごはん4選、いかがでしたか。

ポイントは、炭水化物だけでなくたんぱく質やビタミンを摂取することです。

勉強に効果的な朝ごはんを選んでくださいね。

しっかりエナジーチャージして、いい一日のスタートを切りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>