具体的な過去問の解き方

この記事では具体的にどうやって過去問を解けば成績があがるのか、と書いていきたいと思います。

過去問は大事なことは自分でなにがわかっていないかを知るためにやります。

なにがわからないのか知ったとき、それを直す期間(=修正期間)があなたの合格力を飛躍させます。

この“修正期間”に関しては【現役生はなんで直前期に成績が上がるの?“直前期神話”の正体】という記事を読んでみてください。

 

では成績をあげる過去問の解き方の手順を書いていきます。 分けると7ステップに分かれます。

 

 

このステップを踏むことがものすごく重要です。 各ステップの説明をしていきます。

①制限時間内で全力で解く。

・どこから手をつけたほうが得点率が高いかをこだわりましょう。

簡単な設問から取り掛かりましょう。難しい部分は時間をかけても正解しないかもしれないですが、簡単な部分は時間をかけただけきちんと点数になるんものなので、簡単なものからとるべきです。

⇒Q.残り時間わずかで、記述問題と記号問題が残った。得点配分は同じ。難易度も同じ。さあ、どっちを解く?

A.記述問題を解くべきです。理由は、記述問題を空白にして、記号問題しか終わらなかったら、点数が記述のほうは入らない。しかし、記述を書いて、記号を5秒で選んだら点数が入るからです。こういう視点はかなり重要です。

つまり、どう時間配分をすればもっとも正解を多く解答できるかをこだわり、それを検証していく。こういう視点を持って過去問に挑むことがあなたの合格力を飛躍させます。

②制限時間内で終わらなかった場合、時間を延長して解く。

・緊張感は同じで、10~30分延長しよう。

得点には含めないようにしましょう。制限時間内で答えた回答とは別に書き記してください。

・これをする意図は、どの設問の正解率が高いかを検証し、どこの設問から手をつけるべきかを知るためです。

③解いた直後に、わからなかった文章、単語、表現、部分(パラグラフ)、自信のなかった設問などに印をつける。

・重点的に復習する部分を明確にするためです。

・自信を持って正解した問題に時間を使わないようにしましょう。

④解答解説を読み、○×つけをする。

⑤間違えた部分を中心に、理解する。

【長文・会話問題の場合】

・ある程度内容を理解しているときに、いきなり解答解説を読んでもいいですが、 あまり本文を理解していないうちに解説を読むと処理能力を超えて意味わからなくなることが多いです。(本文が理解できていないのに、その設問の解説を理解するのは二重に難しいから。)そのため、本文がある程度理解できたなら、いきなり解説から読み、本文がわからなかった場合は、全訳を読んだり、わからない部分を読めるようにして、本文をある程度理解した状態(通読して内容がわかる程度)までしてから解説を読みましょう。

・設問が問う問題の意図、プロセスを感じましょう。同じ問題、同じ文章は出ません。 しかし、解答を導き出すプロセスは同じことが大いにありえます。

どうして間違えたのか、どうやれば答が出せたのか、作成者はどういうことを聞いてきたのか、なにで間違えさせようとしてきたのかを考えてみましょう。

間違えた問題は必ず解き直し、解答のプロセスを再現しましょう。

同じ問題で解きなおして、答をだせなければ、新しい問題で高得点が叩きだせる見込みはありません。

・長文の参考書の復習をするときと同じように、わからなかった「文」「単語」「イディオム」「パラグラフ」「背景知識・一般的な語句」のそれぞれのレベルで全問正解にしましょう。

わからなかった部分には印をつけて、必ず復習できる形に持ち込めるようにしましょう。

そして復習を欠かせないようにしましょう。 チェックしたら、本文をはじめから通読して、大意がつかめるかやってみましょう。

このときに英語の処理能力が上がり、成績が一番伸びます。 (本文がわからなかった場合、このプロセスを終えてから解説を読みましょう)

【文法問題の場合】

自信のない部分と×だった部分の解説を読み、知らなかった知識を吸収しましょう。解きっぱなしにならないように、その日のうちに1回できるようにして、また日を改めて文法の設問を解くか、別紙に知識部分だけでもまとめておきましょう。 (文法の暗記事項はまとめられるが、設問を写さないといけなくなることもあるかもしれないので、日をあけて間違えた問題だけを解くことが効果的です。)

⑥内容を全て、自分のものにするために再構築、記憶をしよう。

・⑤でも書きましたが、一度解けるようにしましょう。復習できる形に持ち込んで、学習すべき事項をしっかりと絞りましょう。 ただ漫然と見つめたりしないでください。(見るだけで覚えられる人はそれだけでOKです!)

⑦設問の意図、解けなかった部分、自分の得意不得意を考えて、もっとも効率的な戦略を考える。

【弱点分野を見つけて、そこを埋める!】

単語が足りない、構文力がない、会話表現を知らない、時間が足りない、文法が弱い、英作文がヤバイなど。

自分が最も得点を失う原因を考えて、その部分の参考書を増やすことや、復習する、授業で習うなどしてそういった部分を潰してください。

【正解率の高い設問、低い設問、これから解けるようになりそうな設問、かわらなそうな設問を考えて、もっとも効率的な設問の解く順番を考えよう】

なんとなく解けたとしても、それはそれで才能のうちだったりしますので、正解率の高い設問から解くようにしてください。

難しいものは、残り時間でがっつり解くのが重要。でも、そこの得点配分があまりにも高ければ要検討。判断基準は「どこに時間をかけることが一番点数が高くなるのか?」ということ。 同じ設問の中でも、「並び替え問題が以上に時間がかかって、しかもいつも間違える」ということであればその設問を飛ばすべきです。大問、小問ごとにもっともいい時間配分を考えよう。 今後伸びそうな分野を見つけたら、そこの対策の優先順位をあげよう。

【ゆっくりやれば解けたのか?ゆっくりやっても解けなかったのかを検証せよ!!】

これはものすごく重要です。武田塾では「志望校の出題レベルまでの武器(=知識)を揃えて、演習に入る」と書いていますが、それができていない場合があります。

どういうことかというと、ゆっくり解いても解けない、解説を見ても「あー!こうやるのか!」と思えない場合、明らかに参考書なりテキストなりの知識が足りていないということがある、ということです。

もちろん全ての問題で自分のレベルにあっていなければならないというわけではないが、解説を見て理解できなかったり、今まで学んだレベルのものでなければ、まだ揃える武器があるということであるから、演習しても意味が無いということになりかねません。

過去問はアウトプットの練習にもかかわらず、インプットされていないという状態は一番危険な状態です。

頭に入っている知識が十分揃っていても、入試の設問どおり取り出せるかどうかはわかりません。

しかし、頭に入っている知識が足りないのであれば、100%でてくるわけはないのですよね?

あなたはそういう状態になっていないかこの段階で考えてください。

⑧これを次の年に生かす。他の大学にいかす。志望校の決定にいかす。

・出題傾向・設問の種類は同じ大学学部で同じものが続いている可能性があります。そのため、解いた年で培った反省を他の年度にいかして、高得点をとれるようにしましょう。

・こうやって解いていると、「自分は英作文はどうやってもできないようだ」「下線部和訳は完璧だけど、内容一致はどうしても間違えるみたいだ」「自分には多義語が足りない!」などと得意不得意がわかってきたりします。もちろん、第一志望にあわせてこの得意不得意を調整していくわけですが、その得意不得意から志望校の決定もできるわけです。「早慶いければどこでもいい!」という生徒なら、得意な問題しか出ない学部を受験すればいいのです。

このようにしかるべきステップを踏んで合格へのさらなる一歩を踏み出しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>