偏差値の上がらない予備校生!体育の教科書を何回読んでますか?

あなたの行っている予備校のテキストは完璧になっていますか?

 

少し考えてみましょう

 

学校で習ったはずの英文法、数学の問題が解けていない受験生が予備校にいったとします。

 

その生徒は予備校のテキストだけを完全に身につけることはできるのでしょうか?

 

「学校のテキストは完璧になっていないけど、予備校のテキストは完璧!」という人はあまりいません。

 

学校で学んだものを復習できていないのに、予備校のテキストだけをしっかりと復習し、

そこに載っている問題や知識を自分のものとし、完璧な一冊にすることは出来るのでしょうか?

 

授業を受ける意味は何でしょうか?

その内容がわからないから、解けないから、授業を受けます。

でも授業の後テキストの内容が自力で解けるようにはなっていないのです。

テキストを解けない生徒が、授業を受け、また解けていないのである。

 

これはなんででしょうか?

 

それは理解しただけで止まっているからです。

 

いくら授業を受けても問題が解けるようにならないのは、自分で解いた経験がないからです。

体育で喩えるなら、授業を受けるのは体育の教科書を読むことに似ています。

体育の教科書を読んで

「ああ、サッカーでパスをする時はボールのこの位置を蹴ればいいんだ。」

「ハードル走のときはハードルとハードルの間はX歩走ってから飛ぶんだ。」

そういうことは理解できます。

 

でも実際教科書を読んだだけでは、サッカーでまっすぐにボールを蹴ることも、ハードルを上手に飛ぶことも出来ません。

 

ボールはあさっての方向に飛んでしまい、ハードル走ではハードルを倒してしまいます。

 

勉強も同じです。

 

授業を受けて

「ああ!こうやって解けばいいんだ」と理解しても偏差値は上がりません。

 

こうやって解けばいいんだってわかったら、自分で解いてみることが何より重要なのです。

 

そして、自力で解けるようになって初めて偏差値があがるのです。

したがって、一回学校で授業を受けてまた予備校で授業を受けることは

違う種類の体育の教科書を2回読んでいるのと同じです。

 

英文法を身に付けられなかった学校の授業。

早慶英文法の予備校の授業を受けることに意味はありません。

授業を受けた、集中した、予習した、何回解いたというのは問題ではないんです。

 

結果として、そのテキストが完璧になっていなければ
授業を受けた意味はなかったと言って良いです。

テキストを完璧にして、テキストの問題を自分で解けるようになるまでやり込みましょう。

そうすれば、類題も解けるようになり偏差値もあがります。

体育の教科書を何回も読むのはやめましょう。
まずはボールを蹴ってみましょう。
それがサッカー上達の秘訣です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>