武田塾のルートって何?

【武田塾のルートとは何か?】

皆さんは、こんな悩みを抱えたことはありませんか?

「参考書って沢山あるけど、どの参考書を使えばいいんだろう……」
「勉強のやる気は凄くあるのに、何から始めたらいいのかわからない!」

そんな皆さんの悩みを解消できるのが、武田塾の「ルート」です!

武田塾の「ルート」とは!
武田塾の教務主任が監修した分野別、レベル別の参考書一覧表です。
なんと、大学受験で使う全ての教科(リスニング、小論文含む)に対応しています!

同じ教科の参考書でも、
インプット(知識入れ込み)中心なのか、アウトプット(演習問題)中心かで
使う順番、使う方法も異なります。
また、その中でも問題のレベルが違うものも多く、
参考書を使う順番を間違えてしまうと、
「解いたはずなのに自分の力になっていない……」
なんてことも……。

勉強は、正しい方法で正しい量を行うのが最大の近道です。
是非武田塾のルートを使って、自分の正しい勉強方法を身につけてくださいね。

では、ここで実際にどのように「ルート」を使えばいいのか
具体例を交えながら紹介していきましょう!

「ルート」では、教科の中でもそれぞれの分野に分かれており、
参考書を進める週数が左に、志望大のレベルが右に書かれています。

英語を例にとると、一週目に書かれているのは
「単語」の「システム英単語」と「文法講義」の「Forest」です。
「講義」と書かれている分野は、インプット中心なので
「文法講義」は文法の知識を取り入れる分野になります。

まずはこの二つの参考書を進めます。

その後、3週目から「熟語」の「速読英熟語」、「文法」の「ネクステージ」も手をつけていく……のように、左の週数を目安にしながら、どんどん参考書を進めていきます。
(※勉強する際に気をつけること、具体的な勉強法は別ページの
大学受験 英語の勉強法・参考書
を参照してください!)

ポイントは、正しい勉強法で参考書を進めることです!
英語だけでなく、他の教科に関しても逆転合格.comに記載しているので
是非参考にしてください!

正しい勉強法で、効率よく自分の力にしていきながら
志望校合格への一歩を踏み出しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>