センター試験直前対策

今の段階としては、志望校のレベルまで勉強を仕上げる時期。
具体的には9月から年末までの時期は過去問に入る手前で、もし早稲田志望だったら、早稲田対策の参考書を終わらせる。
後は勉強が終わってない科目を追い上げる期間。
例外として分野別対策のテキスト以外はここまでで新しい参考書に手をつけることはない。
年内に参考書は終わらせるものである。
 

さらに直前期は、過去問題のやり込みが一番大切。
もし過去問題をやってみて点数を取れないところがあったらその課題を対策するための時間として使う。
それが受験直前の約1,2か月かけてすること。
ここまでの過去が順調にいっていたら、そんなに計画を立てることはない時期。
気をつけるべきは受験日当日がいつになるのか?併願校や模試もスケジュールも把握する。
 

■1日の勉強計画

・達成基準をしっかり持とう
一週間の勉強計画との違いは、やることが日によって違うから、目標の達成基準は変わってくる。
日によって範囲も違うし、こなさないといけない量も違うのでそれによって達成基準を設けないといけない。
机に向かっただけ、参考書を眺めただけ、問題集を解いただけで終わりにしないように気をつけよう。
 

・1日できなかったらすぐに挫折するような計画を立てない!
大学受験に向けて、達成できない勉強計画を立てないこと、これが非常に重要。
だからといって少ないボリュームでいいという訳ではないが、やれる限界量を見越して終わるような計画をたてないといけない。
 

・自分のペースを把握しよう
その為には自分のペースを把握することが重要だ。
それはあくまでも勉強してみないと解らない。
よく大学受験の勉強計画を立てる時に「1日12時間勉強する」といった目標を掲げる人がいるのだが、し始めは実際にはそんなに勉強できるものではない。
やったとしても講義用の参考書を眺めているだけで、集中力が伴わないような状態は勉強とは言わない。
自分がどの程度のことをできるのかということも大学受験に向けた重要な要素である。
 

・1日ごとに達成の割合と改善点と、改善方法を考えよう
毎日の勉強が予定通り終わった時に、何を確認するべきなのかというと、まずどれだけ出来るようになったのかを確認する。その上で上手くいかなかったことは何なのか?それに対してどういう改善点があるのかを考える。
例えば今日、英単語が終わらなかったなら、覚え方が間違っていなかったか、単語を覚えるのに時間をかけすぎてはいなかったか?では明日は効率よくできるようにこうしようといった具合に毎日の勉強も調整を入れていくものである。
作業化しないように目的意識を持って勉強の計画を立てていくことが大切である。
 
 
武田塾では、直前期のための特別プラン、
「冬だけタケダ」、「かけこみタケダ」を実施しております。
 

■スケジュール例

高1~高3用
※日曜は休校のため、自宅にて自習して頂きます。

時間割
5限 15:00-16:00 個別自習時間
※10~15時の間も自習室は利用可能です。
宿題確認テスト
6限 16:00-17:00
7限 17:00-18:00 英単語 英単語 英単語 英単語 英単語 英単語
1-100 101-200 201-300 301-400 1-400 1-400
18:00-18:30 休憩
8限 18:30-19:30 英文法 英文法 英文法 英文法 英文法 英文法 テスト復習・
修了認定テスト・
段階突破テスト
1章 3章 5章 7章 1-4章 1-4章
9限 19:30-20:30 世界史 世界史 世界史 世界史 世界史 世界史
1章 4章 7章 10章 1-4章 1-4章
10限 20:30-21:30 現代文 現代文 現代文 現代文 現代文 現代文 次週宿題決定
第1-2問 第3-4問 第5-6問 第7-8問 第9-10問 第11-12問
自習課題 英文法 英文法 英文法 英文法 英文法 英文法 ※終了確認は翌日の通塾時に行います。
2章 4章 6章 8章 5-8章 5-8章
世界史 世界史 世界史 世界史 世界史 世界史
2-3章 5-6章 8-9章 11-12章 5-12章 5-12章
英文音読 英文音読 英文音読 英文音読 英文音読 英文音読
第1問 第2問 第3問 第4問 第5問 第6問
古文 古文 古文 古文 古文 古文
第1問 第2問 第3問 第4問 第5問 第6問
漢文 漢文 漢文 漢文 漢文 漢文
第1問 第2問 第3問 第4問 第5問 第6問

 

詳しくはこちらをご覧ください。
今年も開催!冬だけタケダ2014
今年も奇跡を起こします!かけこみタケダ2014
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>