あなたの暗記、間違っていませんか?その1

1、「暗記する」ってどういうこと?

「暗記する」とはどういうことでしょうか?

「英単語を見て、訳が言えるようにする。」
「数学の問題を見て、その解答をかけるようにする」
「社会の問題で語句が書けるようにする」

さまざまな「覚える」ことがあり、その形式は多種多様です。
しかし、単純化すれば

「1つの事柄から、もう1つのものを導ける状態にすること。」
「1つの事柄ともうひとつの事柄を結びつけること」

これが暗記だとおもいます。
簡単にいえば、

「問題」と「答え」が結び付けばいいんです。
具体的には以下のような例です。

問題 答え
英単語 日本語訳
日本語訳 英単語
英熟語 日本語訳
日本語訳 英熟語
数学の問題 数式の解答
日本史の一問一答 日本史の用語
日本史の用語 その語句の説明
論述の問題 論述解答

なにかしらの問題を見て、答えが出てくればいいんです。暗記っていうのはそういうことです。

暗記に

2.暗記の手段と目的を間違えるな!

よく、暗記について耳にするのは

  • 「覚えるまで書け!」
  • 「口に出して覚えるんだ!」
  • 「ゴロあわせにして覚えろ!」

などなど。いろんな方法がありますよね。
でも、これらの方法の意義を皆さん少し勘違いしているような印象を受けます。
暗記するためにノートにぎっしり単語を書いたり、必死でゴロを考えたのに
全然覚えることができない、思い出せないなんて経験はありませんか?

そういう人は、暗記の手段と目的を間違えているのです。

書く」「言う」「ゴロ」「例文で覚える」など、これらの方法は
「ふたつの結びつきを強めるためのテクニック」、そう、手段でしかないのです。
書けばいい、口に出せばいいというわけではなく、あくまで「ふたつの結びつきを強めている」だけです。

たとえば、英単語の日本語訳を覚える場合
dog 犬dog 犬 dog 犬 dog 犬・・・
と書いたり、口にすることによって「dog」ときたら「犬」ととりだせるように、
二つの結びつきを強めているのです。

ではここで、そういった「二つの結びつきを強めるテクニック」の一覧を書きます。

テクニックの一覧
ゴロあわせ 書く 口に出す 見る 聴く 連想(意味をつける) など。

目的はあくまでも「暗記する」ということ

これらのものがふたつのものを結びつけるのに重要な手段になってきます。
ポイントなのがあくまでも「手段」であり、「目的」ではありません。
目的はあくまでも「暗記する」ということです。

つまり

覚えるものが存在する

上記の「テクニック(書く、見るなど)を行う」

覚える

という位置づけです。
勉強の三段階「理解」「再構築」「記憶」で言うなら、私はこのテクニックは
「理解」の手段だと考えています。頭の中により深く、強力に「理解」させれば
後々に情報が取り出しやすくなります。

つまり、ふたつのものの結びつきを「理解」し、強くする方法がこの「テクニック」です。
あくまでも「手段」であり、「理解」するためのテクニックだということを忘れないでください。

書いただけ、見ただけ、ゴロを考えただけで終わりにしてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>