文系数学(一般・二次試験対策) 基本ルート 覇道

その壱 参考書一覧 その弐 勉強法概論 その参 基本ルート

■その壱 参考書一覧 数学のジャンル別の進め方 ①インプット問題集[input]→アウトプット問題集[output] ②計算問題集[計算] ①②は同時並行で進める。[input]が終わったら[output]へ入ってください。[計算]は1周したら終了となります。 段階によっては、そのジャンルの参考書がない場合もあります。 <日大>

第一段階
[INPUT]高校 これでわかる 数学I+A
[INPUT]高校 これでわかる 数学Ⅱ+B
[計算]合格る計算 数学I・A・II・B
      • 合格る計算 数学I・A・II・B|数学

      <MARCH>

      第二段階
      [INPUT]数学I・A 標準問題精講
      [INPUT]数学II・B[数列・ベクトル]標準問題精講
      [OUTPUT]文系数学 入試の核心
      [OUTPUT]入試頻出 これだけ70 数学ⅠⅡAB
      [計算]合格る計算 数学I・A・II・B1
      • 入試頻出これだけ70 I II A B|数学
      • 合格る計算 数学I・A・II・B|数学

      <早慶 東大>

      第三段階
      [OUTPUT]TOP GRADE 難関大突破 数学の底力 [IA IIB]
      • Top Grade 難関大突破 数学の底力 [IA IIB]|数学

      ↑TOPに戻る

       

      ■その弐 勉強法概論 →どうやって勉強していくのかの大まかな話と注意点です。 →どうやって勉強していくのかの大まかな話と注意点です。

      1.志望校のレベルまで武器を揃える→過去問演習が基本!
      入試問題の数学の難易度は様々です。センターレベルまでで解けるところもあれば、めちゃくちゃ難しいレベルの問題集まで仕上げないと戦えない大学もあります。そのため、自分の志望校の出題レベルを知り、そのレベルの問題集まで完璧にし、入試に戦えるだけの武器(解法)を揃え、過去問演習をしていきながら修正していくのが基本です。ただ数学の問題集をやっていればいいというわけではないので気をつけましょう。
      2.数学は時間がかかる!
      他教科と比べると、数学はゼロスタートなら2年やっても足りないほど時間がかかります。 そのため、かなりの時間をこの教科にとられることになるので、理系であれば早い段階から準備をしましょう。 文系ならできるだけ避けて通りましょう。 私大志望で社会を使えるなら、できるだけそちらを使いましょう。
      3.まずは計算力。次に記述力。
      どれだけ解き方がわかっていても、計算ミスで答えを間違えれば0点です。部分点をもらえる記述解答でも、書き方を間違えれば0点です。数学を解く上で解き方がわかることはもちろん重要ですが、点を取るためにはこの2つがなければ話になりません。しっかり手を使って計算し、文章を書きましょう。
      4.予備校に通っている人も、自力で問題を解こう!
      数学の解説には非常に時間がかかります。そのため、授業を受けているだけではとてもじゃありませんが演習量が足りません。ですから、1日10題以上は必ず解きましょう!

      ↑TOPに戻る

      ■その参 基本ルート 段階の説明→どんな段階を踏んでいくのかの説明です。 ルートと具体的な進み方→具体的参考書をどうやって、いつまでに進めるのかが書かれています。

      第一段階
      基礎からセンター・日大レベルの確認 目安 センター得点目安 0%~80% 偏差値 30~55
      教科書レベルの問題を全問正解にしていきます。 王道と比べると量が多く、説明も少なめなので、教科書が理解できる人向けです。 まずは解き方を一通り定着させるのが目的なので、初見で解くことに無理にこだわらず、最終的に正解できることを目標にしてください。

      詳細・参考書情報はこちら

      第二段階
      MARCHレベルの標準問題の定着と演習 目安 センター得点目安 80%~ 偏差値 55~65
      入試に頻出の問題を一通り網羅し、その上で初見で解く練習をします。 インプットで使用する参考書に関しては、かなり難しいレベルまで載っています。 解法を丁寧に理解し、その後のアウトプットの問題で実際に解ける力をつけていきましょう。 かなり時間がかかる段階なので、復習はこまめに行うようにしてください。

      詳細・参考書情報はこちら